ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

奇跡!!コロンビアに勝った!(W杯 H組) 

 


 2018年6月19日 奇跡が起こりました。マイアミに続き ロシア・サランスクでも 西野監督は やってのけました。何かの本で 奇跡とは 準備している状態が 整わなければ 絶対に起きない。と書いてあったのを 思い出しました。まさに この日は 背水の陣で臨み 失うものが何もなかった西野ジャパンは 2か月という短い期間で 準備を 整えた成果だと思います。チームは団結し 慌てることなく 落ち着いてプレーできたのは 準備が 上手く整った自信からの結果だと思います。


 岡田武史 元代表監督の解説は いつも知りたいことを 思ったことを 率直に語ってくれるので とても好きなのですが この日の試合前の日本の選手の表情が 香川真司を筆頭に やれることは すべてやった という すっきり表情をしている ということを 言っていました。負けるかもしれないが 今日は 絶対いい試合をしてくれるだろうという 確信みたいなものを 私は TVを見ながら そんなことを 感じました。




スタメンは 絶対に入ってほしかった 乾、香川、柴崎が 連ねました。監督から見れば これでどや!これで負けたら しゃあないわ!という 布陣だったと思います。


コロンビアは 最も警戒しなければいけない ⑩ハメス・ロドリゲスが ふくらはぎ痛のため 先発からは 外れました。一週間前には 風邪をこじらせているという情報が 伝わっていましたが やはり 重圧でコンディションが 整っっていなかったのでしょう。




しかし いくらハメスがいないからといって ⑪クァドラード(ユヴェントス)、⑳キンテーロ、⑨ファルカオ(モナコ)と 世界クラスのすごい奴が 揃っているコロンビアです。2012年以来 ワールドカップ3度目の名称ぺケルマン監督が どう対処してくるか?そして ハメスを いつ出してくるのか?見ものです。


 実際は コロンビアは 日本を それほどまでは 調べていなかったのだと思います。そして コロンビアのメディアも強敵ではない日本に それほど関心は なかったのではないかと思います。⑥遠藤航を ガンバ大阪の遠藤保仁だと 直前まで 思い込んでいるようでしたし このメディアの作った広告を見れば そのいい加減さが 出ていたのではないかと思います。



清武と柏木は 選ばれていないのに。そして ユニフォームも だいぶ前のとちゃうの?と。いかにも 南米ぽいって言う感じで笑ってしまいます。


さてキックオフです。入りは すごく日本にとって良かったと思いました。これが日本のパスや!という感じでした。はじまって3分後 まさか!と思いました。大迫のシュートが 何と コロンビアMF⑥サンチェスの腕に 当たってしまい 一発レッドでPKが 与えられました。PKがもらえ 何と残り87分 相手が 10人!という幸運が 転がってきました。香川が 冷静に決め 1-0。




結果的には ここで勝負があったかもしれませんが ⑪クァドラード、⑳キンテロ、⑨ファルカオは 切れ切れで とても1人少ないとは とても思えません。


31分 その切れ切れの一人⑪クァドラードが 下がったのは ラッキーでした。一人かけたことによって 攻撃陣の数を 減らさなくなったコロンビアは 厳しかったと思います。


ここで 安心してしまい 点を 入れられて 負けるというパターンは 日本の得意芸です。でも 1人少ないコロンビアは ボールを 取り来なかったりして 日本が ボールを廻すような王者のお株を 奪っているのは 日本の調子の良さが 伝わってきます。


39分 長谷部が どう考えても ちがうでえ!という判定のファールになりました。これこそ ビデオアシスタントによる判定を してほしかったのですが そのまま FK。
切れ切れのキンテロが 意表を突いた グランダーのFKが 決まり 同点になりました。


前半は 1-1。相手の数が 1人減ってから どうするか 決めかねてる迷いがあった日本ベンチでした。もう一点というチャンスも多く 決定力がないのも 日本の特徴です。


後半 ハーフの間に 修正点を 話し合ったことが チームを より一丸にしました。攻撃陣の大迫、柴崎、原口、香川、乾は 献身的に よく走り 守備意識も しっかりとしていて 安定性も 出てきました。強豪コロンビア相手に ポゼッション 60%というのは 本当に 驚きでした。


14分 ついに 出てきました。ハメス・ロドリゲスの登場です。交代するのは 得点を入れた 切れ切れのキンテロ。これもラッキーでした。そのハメスは やはり完璧な状態ではないのは 身体が 重そうに映りました。動きも いまいちです。


25分 香川と本田のチェンジです。このすぐあと 酒井宏樹の惜しいシュートがあり CKの本田のクロスが 大迫のヘッドをとらえ ゴール!!




残り時間を しのぎ 2-1で 勝利しました。というか 勝利してしまいました。
前半3分での 相手のレッドの、ハメスの調子の悪さに加え ペケルマン監督の采配の悪さということも 日本の勝利に 繋がった要因の一つでしょう。エースのハメスを 出したかったのは よくわかりますが 切れ切れのキンテロを さげたり その前に ⑪クァドラードを 下げたので 勢いが なくなっていったのは 日本にとって助かりましたし ラッキーでした。


コロンビアという国は 少し偏見かもしれませんが マフィアとコカインという国というイメージがあります。1984年のアメリカ大会の時 ヴァルデラマというスタープレーヤーが 活躍していた時代に オウンゴールをしてしまったDFが 帰国後 射殺されたというニュースを知り 国民がサッカーに熱中するあまり 何をするかわからない怖さを持った国だなあ。と思っています。なので 次のポーランドとの一戦でも 勝てずに 予選敗退となれば 今回 調子が いまいちなハメスや ハンドで一発退場のサンチェス、采配ミスと言われているペケルマン監督は 戦犯扱いとなり 非常に危機にさらされる可能性があります。どうか 何事も 起こらないように 祈りたいです。




原口元気もよく走り 守備にも貢献しましたし 大迫も よく走りました。もちろんサイドバックの長友、酒井宏樹も がんばりました。柴崎も長谷部も さすがだなあという 危機察知で 相手のチャンスを つぶしていました。センターバックの吉田も 当たり負けしていなかったですし 槙野からポジションを奪った昌子も 安定していたと思います。途中で入った本田と山口蛍は 致命的なパスミスがあり ひやっとさせられましたが 途中から入るっていうことが いかに難しいかを考えると 仕方ないかもしれません。岡崎は もっと見たかったなあ!


この後 1時間後のポーランド対セネガルのゲームも 観ました。2-1で セネガルが 勝ちました。こちらも 日本同様 金星の勝利でした。これで H組は 全く分からなくなってきました。コロンビアとポーランドが 抜け出すといった予想が 早くも崩れ去ったしまったのです。


次戦 日本は セネガルとの一戦で 勝てば トーナメントに行ける可能性は ほぼ決定します。コロンビアとポーランドとの戦いは 負ければ 敗退が決まります。どちらのゲームも 死活が絡みますので 大変 楽しみな2番です。


もし トーナメントに 進めたとすれば G組のベルギー、イングランドとの対戦に なってきます。もうこうなったら 4年前のコロンビアとの一戦で 借りを返せたと同様 ベルギーとあたり 勝利して 半年前の12月の時の 借りを 返してほしいと思います。もう夢ではありません。本当に そう思っているのは 私だけでは ないはずです。みんながそう思えば 簡単なことです。(なんか ジョン・レノンのイマジンの歌詞のように なってしまいましたが。笑)


日本対セネガルは 今週 日曜日の夜 0時からです。楽しみです!!



 









 




ついに大阪にも地震 震度6弱

 


  今朝の午前8時前 大阪・北部を震源とする 震度6弱の地震が ありました。
その時は 職場にいて そろそろ作業にかかろうかとしている時に いきなり横揺れの地震が襲い 短い間でしたが 激しく揺れました。


瞬間的に 神戸震災の時を 思い出し 恐怖を感じたのは 私だけでは なかったと思います。すぐに 停電になりました。家族や親に連絡できたのは 少したってからです。


 私が 住んでいる大阪市の西の端にある 埋立てて 作った人工島では 揺れは 私の職場ほどでは なかったということでした。それでも 中学3年の次女は 学校に行く途中で エレベーターの中で一瞬 閉じ込められて 少し怖い目に合いました。 それ以外は 特に 被害もありませんでした。


 今回の地震は 大阪府の北部がかなりひどく 死者も 4人となってしまう 大惨事になってしまい とても心が痛むことです。そのうちの一人が 小学校4年の女の子が 学校のブロック塀に挟まってしまったということで ご冥福を お祈りをしたいです。
同じ職場の人からは 食器が たくさん割れてしまったとか TVが 倒れて つぶれてしまったとかの 大阪市内とは また違った 一段と強い振りでした。


そして そんな中 仕事で運転中 またもや 交通事故に 遭遇してしまいました。ちょうど 私の一台前の4輪車が 渋滞のため 停車していて この前に 左から来た別の4輪が 急に 曲がってきて 自転車に乗った高校生と接触してしまったのです。  


周りには 何人か 信号待ちの人がいたのですが 救急車を 呼ぼうとする人が見当たらず 私が 119番をかけました。地震の影響で 電話する人が多いのか 繋がりません。


暫く続けましたが 繋がりません。どうしていいか 途方に暮れていると 100m先に 何やら 白黒の車が いるではありませんか?!そうです パトカーだったのです。


そして 事情を 簡単に説明して バトンタッチすることができたのです。
いいことをしたのかどうかわかりませんが こんな状況で 偶然が 重なり合ってしまったことに対して 本当に神経を使ってしまい 疲れて果ててしまったのは 言うまでもありませんでした。



今 余震と思われる 震度3の余震がありました。ここ何日かは 警戒しなければいけないと思っています。


 

西野ジャパン 最後のテストマッチ(vsパラグアイ)


 ロシア・ワールドカップでの決戦が まじかに迫ってきています。6/9のスイス戦では 3バック・システムをあきらめ 4バックで チームA(仮想の)で臨み 後半の最後で2点を 入れられ敗戦で 2-0。スイスは FIFA6位で いくら仮想ポーランドと言っても レベルが 違う感があり 太刀打ちできなかったという感じの敗戦でした。何もできなかったということで どこか悲壮感が漂ってしまうゲームでした。




 そして 最期のテストマッチ、パラグアイとの一戦が 6/12 オーストリアでありました。西野監督は 思い切って スイス戦とは 酒井高徳以外全員を 代えてきました。(仮想チームB)には スペインで活躍している柴崎、乾 イングランドの岡崎、ドイツの武藤、酒井、香川、と Jリーグ 鹿島からCBの植田と昌子、そして セレッソ大阪の山口蛍が 初めて キャプテンを 任されました。


 このチームB(仮想)は 代表以外でのコンビネーションが 妙にマッチして パスがつながっていきます。鹿島でのCBのコンビは クラブ・ワールドカップのレアル・マドリッド戦でも見せた実力は 証明済みで 攻守のバランスは ボランチの柴崎とも よくわかっていると思います。
 そして このゲームのキーポイントとなったセレッソ大阪の卒業生コンビ、乾と香川だったと思います。セレッソ時代一緒にやっていたので 暗雲の呼吸があります。お互いのくさびのパスを 読んで 走りこむ。これが 今の代表に 足りなかったことかもしれません。   


 岡崎も レスターでやっている通りの 絶妙な裏をとる位置取りで 地味な活躍し DFを ひきつれて おとりになるような献身的なプレーも さすがでしたし 武藤の個人技も よかったと思いました。


 乾や柴崎は 世界一厳しいと言われているスペインのラ・リーガで 試合しているだけあって 正確なロングパスを どこで入れるか が分かっている感じで 見ていて なんかゴールの匂いが してきました。柴崎は 常に 冷静に判断して 蹴っているようで 一番 すごいなあと思ったのは ゴールできなかったのですが GKの位置をよく見て バウンドさせて シュートを 打つシーンがあり 非凡さを 感じました。


結果 前半は パラグアイ、オスカル・ロメスの とんでもない 前からボールがくれば どこでも打ちます といったとんでもないボールを シュートし それがまた 決まってしまい またもや 先制させてしまいましたが 後半 香川、乾が 連動し 乾が 2ゴール、そして オウンゴールで 3点、ミドルを 決められ 3-2になったのですが 最後 香川らしいゴールで 4-2で 西野ジャパンが 初めて 勝利しました。


パラグアイは 本戦は出ずに 勝ちにいこうとする意志が あまり見れずは シュートも少なく 迫力がなかった分 仕事を かろうじて させてもらえた という気がしてきます。仲間を信じて 走りこめば チャンスが 見えてきて ゴールの匂いが してきて ワクワクさせる そんなサッカーが できるメンバーを選んで ほしいですね!初戦はやっぱり 仮想Bチームが いいと思いますが どうでしょうか。


 明日から 始まるロシア・ワールドカップ。優勝候補 スペインは 試合前日に 代表監督を 解任という知らせが 流れてきて まだまだ上がいるという思いと 何が起こるか 分からないという ワクワク感もあります。4年前は ドイツvsネイマールの欠けたブラジルの決勝で なんと6-1でブラジルが 負けてしまうということもありました。そして この前の天皇杯では GK以外のベストメンバーだったガンバ大阪が 関西学院大学に 2-1で敗戦してしまったという 大どんでん返しもありました。(ちょっと たとえが悪いかもしれませんが 何とも 情けない話です) 


西野ジャパンも マイアミの軌跡を 再び 起してくれるかもしれません。期待したいですね!できるだけ多くのゲームを 観たいなあと思っています。
  



夕暮れの大阪南港


 休日の夕方 ウォーキング中 あまりに美しかったので スマホでですが 一枚とりました。うちのすぐ近所にある 大阪・南港 ACTからみた風景です。


夕暮れって なんか ほっとした気分になる 一日のうちで 一番好きな瞬間です。
なかなか 夕焼け空を ゆっくり見上げることは 少ないですが めぐり合った時は 出来るだけ その風景を 見上げながら 酔いたいと 思っています。


今度 こんな美しい夕暮れ時に めぐり合えるのは いつかなあ?と 楽しみに しています。



 実は この後 落ちがあり 家に帰り 扉の前で 家の鍵を 落としたことに 気が付きました。悪用されることは まずないと思うのですが 警察、駅、複合施設の案内所に 連絡しましたが 届いていません。自力で 歩いたところを 探しましたが 見つかりません。次の日 再度 連絡を取りました。届いていました!複合施設の案内所に。
どうやら この景色に あまりに 酔いしれていたので 画像を 撮っている時に 落としたようでした。


私は よく物を落とす方で 今まで スマホを2回、定期券も2回、5万円入りの財布と。しかし運が良いのか すべて戻ってきているのが 救いです。
本当に ボケてんのとちゃう?と 妻やふたりの娘に バッシングをあび 私の顔は 夕暮れのように 赤くなってしまったのは 言うまでもありません(笑)   

J3 大阪ダービー セレッソ大阪vsガンバ大阪


  6/2は 初めて J3リーグのゲームを ヤンマースタジアム長居に 観戦に行ってきました。天気は これ以上はないというくらい 快晴。
23歳以下のセレッソとガンバが戦う大阪ダービーです。両方のチームには 馴染みの選手もいて 未来のトップチームに入る可能性がある 若い選手たちのゲームもまた白熱した 熱い試合になりました。TVでも見ていましたが 実際こうして ライヴで見ると また違った迫力があり トップチームのように 応援にも 熱が入ります。


また 座席は オール自由席なので 普段 見られない値段の高そうな席にいきました。ちょうど選手が ピッチに出てくる 真上のあたりで ガンバ監督の宮本常さんの選手に 指示する声や 大熊監督の 鼓舞する大声も聞こえてきたりして 迫力がありました。




両者のスターティングメンバーです。


㊳西本雅嵩選手は トップチームでも 出場を果たしている 若い桜選手。キャプテンマークを付けています。㉕山内選手、㉝米澤令衣選手は 将来の 柿谷、杉本といったストライカーです。




リザーブにも ㉞山田選手、新加入の㊵安藤瑞希選手といった 若い楽しみな選手が 入っています。



 一方 ガンバ大阪は トップチームでも活躍している⑰市丸瑞希選手、⑱高木彰人選手、⑲一美和成選手、㊶谷晁生選手は ガンバTV(大阪で放映されているTV)でも 同じみな若手有能選手が 名を連ねています。ただ リザーブが3人だけというに 少し驚かされました。怪我したら どうするんやろうか?この試合の後 すぐに トップチームのルヴァン杯が 別の所であるので 同行しているかもしれません。 



 
ヤンマースタジアム長居には 4500人が入りました。ほとんどが ホームのセレッソサポですが 少数ですが ガンバの気合の入った応援も 負けていませんでした。J3世代も 大阪を意識する戦いであることには違いなく 緊迫したゲームを 期待しました。





前半は セレッソの多彩な攻撃で ガンバを圧倒しました。前半24分には セレッソ㉛山根選手が ためにためたシュートで ゴールを奪いました。その一本だけで 何本かのシュートを 決めきれず 折り返し。 後半 セレッソ㉕山内選手から山田選手にチェンジして すぐに 一瞬のバランスの崩れを突かれて ガンバ㊲白井選手に 決められて 同点に追いつかれました。その後 セレッソは 期待の㊵安藤選手が 入っていましたが ゴールできず 1-1のドローで終了しました。



 


期待の㊳西本雅嵩選手↑↑ 
1-1の痛み分け↓↓




この結果 勝ち点は 1点ずつ入り ガンバ U-23は 6位、セレッソ U-23は 何と 2位まで 上昇しました。3部リーグが これほどまで 走りまくって 選手が 勝利を目指して頑張っている姿には 本当に 心動かされました。セレッソに 限りますが また 行きたいなあ!と思います。



帰りに 8月1日の セレッソ大阪 vsヴィッセル神戸の チケットを ゲットしました。もちろん 世界のイニエスタと われらがセレッソが どう戦うのか!ユン監督は どういう手を使って 封じ込めるてくるのか?とても 楽しみな一戦になると思います。
乞うご期待!