ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

<色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の旅>を読んで!

 

 村上春樹さんが4年前の2013年に発表した ちょっと長いタイトルの小説が 古本屋で 安く売られているのを見つけ もう一度 読んでみたくなり 買って読みました。最近文庫化されたので 価値的には もうお役御免ということでしょうか?重くて かさばり 置く場所も とってしまいますが 私は やっぱり 文字が大きくて 落ち着いた気分にさせてくれる単行本が どちらかというと 好きです!

 この本を 読むのは 実は2回目で 自分なりに はっきりと 理解できそうで できなかった内容の本で 少し時間がたち もう一度 読んでみると 新たに分かったことや 感じたことが 出てきて より深く理解できたような気がしました!村上春樹さんの小説は 多分 何度読んでも 100%理解できないし グレーな部分が 必ずあり そこを 読み手が どいうふうに考えるのか が 私にとっては すごく刺激的なところで 魅力じゃないかと思っています。 

 高校時代に ボランティアを通じて 親しくなった二人の女の子 白根と黒埜、と二人の男 赤松と青海、そして 色がつかない 多崎つくるの5人組グループは それぞれの個性は違えど 心の底から なんでも話し合って お互い信頼できる人生にとって 素晴らしい仲間と言っていい 奇跡的な集まりでした。

 ところが つくるが大学2年の時 突然 他の4人から 干されてしまいます!理由は 不明!誰も教えてくれません。なぜ 自分だけ そんな目にあってしまうのだろうか?と 真剣に考えこみ 心に深い傷を 負ってしまいます。希望を失ったつくるに 灰田という ここでも 名前に色が付いている 鋭い価値観を持った年下の友達ができますが 突然 姿を くらましてしまいます!そして 多崎つくるは 念願で 自分の夢であった 駅を作る仕事に就くことができ 16年が 経過しているにもかかわらず 未だに 深い傷が 浅くなることはありません!

 つくるは 人づてで 知り合った二つ年上のガールフレンド 沙羅より これから 付き合いを 続けていくためには 長年のこの問題を ひとつずつ解決していくことを 提案されます。

 アオは 地元で 高級車レクサスの販売員で 好成績を 上げています。アカは 企業を 対象とした人材の 教育や育成するといった 少し変わった会社を 立ち上げ 業績を 延ばしています。そして 16年前のことは つくるが シロを 自宅に 引っ張り込んで レイプしたとのことで 干された理由を 知らされます。つくるにとっては 全く 覚えがないことでしたが シロが 言うから 信用するしかなかったということです。そして シロは 6年前に 自宅で 何者かによって殺され もうこの世にいないことを 知らされます。クロは フィンランドに住んでいるということで 休暇を取って 行く決心をします。そして 深い傷を負った過去のことが 徐々に わかり始めてきます。

というのが 大体の筋ですが 私が この小説が好きなのは つくると各人物との会話が  とても 現実っぽく 全く無理がなく 自然に流れているようで 憧れに 近いものが あります。伝えたいことの的を 外すことなく 相手を思いやり 常に正直になっているところは 特に 沙羅との電話での会話や フィンランドで再会するクロとのやりとりは 一番 好きなところです。 
    
 そして 村上春樹さん特有の音楽が この小説にも流れてます。今回の曲は フランツ・リストの巡礼の年より <ル・マル・デュ・ペイ>という 恐ろしく 静かな美しいピアノ曲。一回目読んだときに どうしても聴きたくなり CD屋に探しにいきました。今聴きながら 書いています。<巡礼の年>は CD3枚組で その一枚目<第一年 スイス>に 入っています。私が 手にしているのは ラザール・ベールマンが 弾いている物で 灰田が つくるの家に おいていったレコードと 同じ演奏者です。リストには <ラ・カンパネラ>という有名な曲がありますが あの激しさとは 裏腹で 落ち着いたい感じの雰囲気で 昼下がりに 紅茶を 飲みながら 聴きたくなるような素晴らしい曲だと思いました。



 村上春樹さんの長編や短編は 新刊の<騎士団長殺し>以外は 一通り読みましたが もちろん すべて理解できたとは 到底言えないので また 少しずつ読み返そうかなあと思っています。<ノルウェーの森>は 3回読みましたが やはり 多分 次は <海辺のカフカ>にしようかなあ! 
 
 

ブラジル音楽のメロディ・メイカー、イヴァン・リンス

  

 明日は海の日。まだ夏が始まったばかりというのに 連日 30度超えの猛暑で ほんまあついですなあ~!!ということで 倒れそうになっております。

そんな時は ほんのひと時の間 ブラジルの音楽に耳を傾けて 涼しい気分を 味わってみてはどないですか!(笑)
ということで 最近 ブラジルの音楽が聴きたくなり 色々と聴いております。有名どころでは ジョアン・ジルベルト、アスラット・ジルベルト、マルコス・ヴァリなどなど。その中でも 特に気に入っているのが 今回 ご紹介したい ブラジルのメロディ・メイカーと言われているイヴァン・リンスの1974年発表の名盤<モード・リーグリ>です!
 
イヴァン・リンスは 現在 72歳!まだまだ 現役で 活動していますが この盤は  29歳の時に作られた 4作目で 初期の名作と言われています。MPB(ブラジリアン・ポピュラー・ミュージック)いわゆるブラジルのポップスである この盤は ロックのように うるさくないし かといって 静か過ぎないし ちょうどいい感じの心地よさが最高で 最近の私のお気に入りとなっています。
 
 誰もが口ずさみたくなるような 美しく 甘く切ないメロディを 独特のスキャットを 交えて歌う楽曲は どれも名曲揃い!と書かれていますが まさにその通りで一曲ずつの クウォリティが高く 素晴らしいばかりでなく 自然に 耳に入ってくるような いい感触で 本当に 気持ちいい!そんな気がします!

Abre Alas - Ivan Lins (1974)

Ivan Lins - Chega (1974)

セレッソ大阪 ついに首位!! 

 

 セレッソ大阪ついに 首位になってしまいました!ちょっと興奮気味です!(笑)
7月2日に 大阪・長居にあるキンチョウ・スタジアムでの J1第17節 セレッソ大阪 VS FC東京とゲームで 3-1で逆転勝利し 勝ち点35で暫定ですが ついに!前半が 終わったばかりですが J1に 昇格して これだけ白星を 上げることができるなんて 誰も 想像できなかったのではないかと思います。

 
もちろん 行ってきました!キンチョウ・スタジアムに!ちょうどその日は 今日は 私の住んでいる 大阪市の住之江区の区民応援デーで 住之江区出身の⑭丸橋選手の招待席には 抽選で外れてしまいましたが チケットが なんと半額!狭いキンチョウ・スタジアムには セレッソ・サポーターが 埋め尽くされていました。

スタジアムの隣のマンションからは フラッグで応援!

 
 一時帰国しているセレッソ大阪OBの香川真司と乾貴士も 観戦の中 前半戦 最後のゲームの相手 FC東京は テクがある選手が 集まっているチームです。日本代表のCB森重、オランダ帰りの太田、ブラジル五輪の時の⑩中島などなど。(今回 FWの大久保嘉人は 怪我のため 入っていなかったのが 少しラッキーでした。)前線には 大久保の代わりに入った永井謙佑や ピーター・ウタカは スピードが脅威で 最も警戒しなけれがいけない選手です。
セレッソは 前節の鬼門と言われていたユアスタでの VSベガルタ仙台で 攻め込まれながら 4-2で 勝ったゲームでしたが 久々のスタメンの清武が ハムストを痛め 8週間かかるけがを負い 出れなくなったのが 気がかりでした。

 ↓↓セレッソが 強いのは この人のおかげです!凄腕監督のユン・ジョンファン監督!

 
 前半21分に その永井に 突破され 最後は ウタカに 決められてしまいました。1-0。CBの森重が 負傷退場。柿谷も 今日は 積極的に シュートを打ちますが ゴールできず 前半は 終了!後半に入り  清武の悔しさを晴らそうと 水沼のアシストで 杉本健勇が ファインゴールで 同点!そして またしても 水沼のパスを 角度のないところから 松田が合わせ 逆転に 成功!83分には 山口蛍のお株を奪うほどの強烈なミドルシュートが決まり 3-1!ここで 勝負が あり!

↑↑ ひとつひとつのプレーが 輝いています!技があります!かっこいいです!キャプテンであり チームのまとめ役!新婚ほやほやの柿谷曜一朗選手!
↓↓ソーザのコーナーキック!山口蛍とのボランチは とにかく最高です!


 お互い大きなチャンスが多くあり 幸運にも 決めきれて 守りきれた セレッソが 3点を入れて 勝利することができましたが 展開によっては 負けていたゲームじゃなかったかと思います。ゲームとしては ハラハラドキドキの末に セレッソが 勝つという展開で 素晴らしいゲームだったと思います。



 今節で 前半戦が終了し 柏レイソルが 鹿島に負けてしまったので 暫定ではありますが とうとう首位になりましたが 尹監督は 一週間だけ 喜ぶことにする!と いつものように 状態を冷静にとらえ インタビューに 答えていたところが 印象的でした。

次節は ホームで 柏レイソルと浦和レッズと続き 清武が昨年所属していた リーガ4位の スペインのセビージャとの対戦を挟み 大阪ダービーのガンバ大阪戦が 控えています。清武は せっかくの古巣セビージャとの対戦に 加われないのは 残念で仕方がないですが この4つの強豪チームに どれだけ勝つことができるのか?が タイトルを取るカギに なるような気がしてきます。セレッソ・ファンであり ガンバ・ファンである私は できるなら 大阪ダービーは やってほしくない心境ですが この一戦だけは どちらも応援することにして サッカーを 楽しみたいと思います。   
 

<本を読むひと>を 読んで!

 

 先日 いつもの 図書館で 返却コーナーにあった この子供の温かそうな表情の本の表紙に まず目が留まりました。少しページをめくってみると 著者のアリス・フィネルの他の作品<未亡人の優雅さ>は トラン・アン・ユン監督により 映画されていて <アメリ>の超個性派俳優オドレイ・トトウが 主演しているとのことが 書かれてありました。

トラン・アン・ユン監督と言えば 村上春樹さんの<ノルウェーの森>を 映画化したベトナム人の監督です!題材の素晴らしさとは また違った感性に 驚かされた作品を 作り上げるという印象がある監督です!

この3つのキーワード、トラン・アン・ユン監督、オドレイ・トトウ、子供の温かそうな表情の表紙で 良さそうな物語のにおいが 漂ってきて 借りて読んでみることにしました。

ストーリーは フランスで20年くらい読み継がれているというロングセラーのジプシーの大家族の元に 毎週 絵本の抱えてやってくる 図書館員との交流が 起こす 心温かい物語でした。

パリ郊外の空き地に 無断で住み着いたキャンピングカーで暮らすジプシーの大家族には 家長であるアンジェリーヌばあさんを元に 5人の息子、4人の嫁、8人の孫が 暮らしています。ジプシー一族には まともな仕事を持っていないし 孫たちは 学校に通っていないので 文字を読むこともできません! 一般社会からは のけ者扱いされて 身分保証書も社会保障もありません!

ある日 フランス人女性 図書館員のエステールが やってきます。エステールは 学校教育から疎外され 文字さえ知らない子供たちに 読書の喜びと魅力を伝えたい一心で 週に一度 やってきます。子供たちは やがて心待ちにするようになり やがては 母親たちも アンジェリヌも 心を開いていくように なっていきます。

その間に このジプシー一家に いろいろな出来事が起こります!子供が 生まれたり 事故で亡くなったり 夫の浮気や 夫婦喧嘩、暴力、強盗などで ジプシーの性格や 考え方が 描かれていました。

それらの交流を通して エステールも 彼らを 必要としていることが 分かってきます。この辺の 心の交流が この本で 一番素晴らしいなあと 思ったところでした。エステールが 子供たちを 学校に行かせようと 奔走したり 住んでいるところを 追い払われようとするのを 食い止めようと 市長と 駆け引きしたりしました。

泥まみれの人間も等しく人間であると考えているというスタンスに 何か 気持ち良さを感じて 立場は違えど 一人の人間としてのできそうで 実はできない みたいな 尊いものを 感じて 美しいなあと 思いました。急に ぱっと来る感動ではなく しみじみ じわじわ来る感動に近いものがあります。

 最後に エステールが 毎週持ってきて 読み聞かせた物語のリストが 載せられています。その中の<ピノキオ>は 私が 幼かったころ 親父が 紙芝居を買ってきてくれて 毎晩のように 読んでもらっていたことを 思い出しました。次に どういう言葉が 出てくるかは もうすでに分かっているのですが 何回でも 聞きたくなる あの感覚が 少し懐かしいです。

ジョン・メイヤーの新作!

  首を長くして待っていた ジョン・メイヤーの通算 7枚目のアルバム <The Seach For Everything>がついに発売になり  早速 聴いてみました。テイラー・スウィフトを ふり ケイティ・ペリーに ふられてしまった ギターの音以外でも 色気があり モテモテぶりを発揮し 大恋愛を 繰り返している メイヤー君には いつも うらやましい限りですが 詩的には このアルバムは なんと ケイティに対しての 大失恋アルバムとなっており 今の心情を 赤裸々に 語っているような曲が 並んでいます。普通だと 少し言いすぎちゃうの?とか 情けない奴やなあ!とか 思ってしまうのですが ジョン・メイヤーだったら 許せてしまう そんな感じがするアルバムです!
  
 3年半前に発売されたの前作 『Pradise Alley』は カントリー風の曲も多くて それはそれで いいアルバムで よく聴いてました。今回のアルバムの発端となったかどうか 分かりませんが その中でケイティ・ペリーと< Who You  Love>で 仲良く一緒に デュエットしている曲が 印象的でした。この時に 心を 持っていかれてしまったのでしょうね❤


John Mayer - Who You Love ft. Katy Perry

少し前に SSWのライアン・アダムスが 離婚した時 つらい心境を 浸しみじみと綴ったアルバム『プリズナー』を 発表しましたが 今回は 失恋版といったところでしょうか!渋谷陽一さんが言うには 失恋すると 女は すぐに立ち直って 忘れてしまう傾向があるが 男は 絶えず 引きずってしまう!と。なので この2枚は どこか共通項があるのかもしれません!

 
 
さてニューアルバム<The Seach For Everything>【尽きることのない探究】は 本人曰く 「いろいろなスタイルの音楽を集めたミックステープのようなもの」のように、
ロック、R&B、ソウル、ポップス、カントリー等 ジョンがこれまで出会ってきたすべての音楽のエッセンスが 入っている作品であり そのどれもの曲が ジョン・メイヤー節があり 派手ではないが ツボを得たギターが 入っているので 気持ちよく 聴けてしまう作品に 仕上がっています!

 今回の新作は メンバーが すごいのです!ジョン・メイヤー・トリオでも 一緒にやっていた プロデュースもやっている ドラムスのスティーブ・ジョーダン、ベースのピノ・バランティノの二人のリズム隊が 音を作っているので 悪かろうはずがありません!とにかく ノリがいいし リズムが しっかりしているにで ジョン・メイヤーのギターも のっている感じがしてきます!

第一弾シングル<Still Feel Like Your Man>を 聴いてみれば すぐにわかると思います!

John Mayer - Still Feel Like Your Man

ギターは どの曲にも リズムを 刻んでいて たまに ソロを 少しだけ 聴かせてくれるところは  ファンにとって うれしいです。このアルバムで 一番のお気に入りチューンの<In The Blood>では Blurの曲かと思てしまうほど はじけているような気がします。
<Changing><Rosie>などの 落ち着いたナンバーも さすがに 気持ち入ってるなあ!という気がします!
気になった方がいれば 是非聞いてみてください!全部 ユーチューブで 聴けてしまいます。ただで 新譜が これだ聴けてしまうのですから いい時代になりました!
(だから ミュージシャンの稼ぎが 減ってしまい JASRACが 音楽教室までも 著作権料を 請求するのでしょうか?私には わかりません!!)

1. Still Feel Like Your Man
2. Emoji of a Wave
3. Helpless
4. Love on the Weekend
5. In the Blood
6. Changing
7. Theme from "The Search for Everything"
8. Moving On and Getting Over
9. Never on the Day You Leave
10. Rosie
11. Roll it on Home
12. You're Gonna Live Forever in Me


John Mayer - The Search For Everything (Full Album)

 初期の頃やライブを知っていれば もうちょっとギターを 弾いてほしいなあ!というのが 正直な気持ちです!本当に この人は 現代の3大ギタリストのうちの一人と言われているくらい 才能があると思っています!(ちなみに あと二人は デレク・トラックスとレッチリのジョン・フルシアンテということです!)誰にでも 自分のアイドルが いると思いますが 私のとっては ジョン・メイヤーが アイドルと思っています!もう どんな曲を 作っても 歌っても 好きです!このアルバムも その辺が 大いにあると思います!また 来日してくれないかなあ!と思う 今日この頃です!