ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

㊗セレッソ大阪 初タイトル!


 ついに ついに やりました!セレッソ大阪が 悲願の初タイトルを とりました!
興奮せずに いられません!


JリーグYBCルヴァンカップ決勝戦が11月4日に行われ、セレッソ大阪が川崎フロンターレに2-0で勝利しました。


 こちらも 更新が 大幅に 遅れてしまいました。ちょうど一週間前のことですが 本当に 感動の出来事でした。


 11月4日は 仕事が休みで 午前中に ランニングを済ませ 家族は みんな外出中。 しかも ルヴァン杯の決勝戦、セレッソ大阪VS川崎フロンターレのゲームが TVで放映されると聞き 13時から TVの前にかじりついて 応援していました。


 去年まで ヤマザキ・ナビスコ・カップと 呼んでいましたが 今年から ルヴァン杯と 名称を変えた25年の歴史がある大会です。その記念すべき大会で セレッソ大阪が 創立以来 24年目で 初めて 優勝したということは これから ガンバ大阪のような強豪チームになる過程として 大きな意義があると思います! 


 セレッソ大阪の歴史については 3冊の本を読んでみて 自分なりの印象を 持ちました。選手、指導者、サポーターのチーム愛が 素晴らしく 地域一体型の育成チーム。そして 惜しいところまでいきながらきながら あと一歩で タイトルが取れない、何かが欠けているチーム。


 今年から 指揮を執っているユン・ジョン・ファン監督は 選手自体は 技術があるのに メンタル面が弱いことを 選手時代から 見抜いていて 勝利することができるチームを 目指してきました!その勝つことに対する 執念が やっと一つの花を 咲かせてくれました。



 ルヴァン・カップのセレッソ大阪の戦い方は 普段のチームのメンバーとは異なり ベンチにも 座ることのできないメンバーや 若手で 出場機会がないメンバーばかりを 集めてもう一つのセレッソを ユン監督は 作りました。


 対戦相手によっては トップ選手を 後半から出場させたりしていましたが あくまでも2戦級のメンバーが 主体です。トップ選手を 少しでも休ませたいというのもあるともいますが チーム一丸となって 戦いたいという志向が 強かったと思います!


 そのいわば 2軍のメンバーが 勝ち抜いて 決勝まで 駒を 進むことができたというのが 今回の優勝のキーだったかもしれません。


 決勝戦の相手 川崎フロンターレは 現在 鹿島アントラーズに続き J1で2位の破壊的な攻撃力が自慢の素晴らしいチームです。トップに 小林悠、トップ下に 中村憲剛 そして右サイドには 天才 家長がいます。1か月前のリーグ戦では アウェーで 川崎に 1-5と やられています。監督は その時の教訓を活かし 戦い方を 考えたといっていました。


 前線に FW柿谷を残して 引いて守り切るという作戦で カウンターを狙うという 作戦を 選びます。ボール・ポゼッションは 32:68と 約7割が 川崎にあるという展開で セレッソ特有の早い段階で ボールを奪っても すぐに取り返されます。
この日も 川崎は 超攻撃的なサッカーは 健在でした。





【公式】ゴール動画:杉本 健勇(C大阪)1分 セレッソ大阪vs川崎フロンターレ JリーグYBCルヴァンカップ 決勝 2017/11/4






 ゲームが始って わずか47秒。川崎にクリアミスが出て そこに 詰めていたセレッソFW杉本健勇が 確実に決め 思わぬところで 先制点を 奪いました。セレッソ・サポーターにとっては 涙が出るほど うれしいゴールでした。
 でもセレッソにとっては ハンデみたいなものやなあ!と思って みていましたが 超攻撃的な川崎が 幾度となく セレッソ陣内に入ってきます。しかし なかなかシュートに 結びつくことができず シュートを打っても 枠外や 威力を欠いたもので 入りそうにもありませんでした。


 コーナーキックも 川崎の方が多く 攻撃的なチャンスは 多かったです。しかし セレッソの堅い守りを なかなか崩すことができない 川崎ファンから見れば いらいらしの展開でした。


 強力な川崎の攻撃に もしやられるんだったら 右サイドからだと 思っていました。天才と言われたベテランの家長は 常に球際が 常に 強かったですし サイドバックのエウニーニョは 惜しい枠内シュートを 何度か打ってました。


 その反面 中村と小林は 当然ながら 攻撃に 絡んでいましたが 精度がいまいちで 脅威みたいなものは あまり感じらなかったように 思います。





 後半に入っても この流れは続き 主導権は 常に川崎でした。後半の20分を 過ぎて 最初の1点が 重くのしかかってきます。川崎の選手は 早く同点に 追いつきたくて 徐々に焦り出してきます。そして とうとう5分のアディショナル・タイムに入り 前がかりになって攻撃いている川崎に 清武から水沼に、そして最後は ソーザが ゴールネットを 揺らします。2-0。


このシーンは何回見ても 感動的です!泣いているサポーターもいますが TVの前で 私も そんな心境でした。



【公式】ゴール動画:ソウザ(C大阪)90+2分 セレッソ大阪vs川崎フロンターレ JリーグYBCルヴァンカップ 決勝 2017/11/4




 ここで 勝負があり。2-0で セレッソが 勝利し ついに タイトルを 手にました!川崎は またもや 準優勝になってしまい タイトル獲得の 夢は 絶たれました。決勝に 進むのは 3回目ということで 3回とも 無得点になってしまうという結果になってしまったのです。




 映像を 見ていると セレッソの柿谷主将は 楽しんで タイトルは 取りたいと言っていて リラックスした表情が 多かったと思いますが 川崎の選手は 勝たなければいけない というプレッシャーで 緊張しているような感じだったんではないかなあと 思います。そこが 分かれ目に なってしまったかもしれませんねえ。




「歴史に名を刻みたかった」。伝統の背番号8を受け継いだ柿谷曜一朗は クラブ初栄冠を掲げた主将として、確かにその名をセレッソ大阪の歴史に刻みこんだ。問題は この後のこと。俗に言う“これが始まりに なるのかどうかであり タイトルを 取ったことは 過去のこと。一つ優勝したからといって、何かが変わるわけではない。続けていくことに意味がある と 考えている所が 頼もしい。


 12月には 今度は 天皇杯の 準決勝が ヤンマースタジアム長居であり 対戦相手は、ヴュッセル神戸。順当に勝てば 横浜Fマリノスと柏レイソルの勝者との 2018年元旦の決勝戦に 決定します。現在リーグで 3位、4位争いをしているFマリノスは 11/18に アウェーで 対戦があり ここが ポイントになるような気がしています。
Fマリノスは エースの斎藤学が 怪我で欠いていますので 有利ですが セレッソも 代表で 山口蛍と杉本健勇が 出れませんので 五分五分のいいゲームになり 勝つためには ぎりぎりの厳しい戦いになると 予想します。 



 鹿島やガンバ、浦和のような 人が代わっても 監督が代わっても クラブの色というものがあり 常に勝利を意識しているチームの仲間入りをするためにも ここはいい戦いをして 勝利してほしいと思います。

走ってきました!淀川市民マラソン


  今週は 仕事が忙しくて 毎日 残業が続き なかなか パソコンに 向き合う時間が取れなかったので 更新が遅れてしまいました。11月5日の日曜には 久々に 大阪・淀川マラソンのハーフの部に 参加してきました。今回が 4回目の出場で そのうち1回は フルで 走りました。市民マラソンと名前がついているくらいなので 一般のレベルの人も 数多く参加する楽しい大会です。


 今回のハーフは 11月26日の 大阪マラソンの前哨戦として 臨みました。天候のよく 気温もいい感じで 体調も ほぼ万全で 痛いところは どこもありません。なので 快走に近い感じで 走ることができました。



 朝 9時からのスタートですが 2時間前に 現地に到着して 少し早めの まだあまり参加者が集まっていない会場で ゆっくりと 準備して ストレッチや軽くジョグするのが 大会直前に 心がけていることです。そんなひと時に写した一枚。淀川沿いの美しい朝焼けです。


 
 それから トイレを済ませ 体中の水分に 少しずつ塩分を 溶かしていきます!ちょうど 30分前になると スタートラインに 並びに向かいます!そこで 大会前には 欠かせないBCAAのたっぷり入ったドリンクを飲み スタートに 備えます!


 今回のスタートは Bブロックで 到着時間の自己申請によって どのブロックかが 決まります。スタート地点までは 14秒で ほぼストレスなしに スタートが切れました。


スタート地点で 見知らぬ人に頼んで 撮ってもらいました。スタート20分前のワンショット。20分前だというのに これだけしか 集まっていないという気楽さが 私は 大好きです!


 


 少し前に 久しぶりに 新しいシューズを 買いました!日々 走っていると 少しずつ足が 大きくなってくるのですね!走り出して 約6年たちますが 当時サイズが 25.5だったのが 今度 新しく買ったアシックス・ターサージールは 27.0。小さいサイズを 履いていると やはり つま先に 負担がかかり 血豆ができたり 爪が はがれてきたりと 問題が色々と 出てきます。
ランニングクラブの監督の指導で 選んだので 今回は 指の負担が 極端に減らせたような気がしました。


 カラーは なんて言っても 赤系!赤は 私が 一番好きな色で なんか熱く燃えたぎってくる感じが 好きです!


 一度 試し履きして 練習で 30km走をして 感覚は つかめました。やっぱり新しいシューズは 地面からの跳ね返りが すごくあって 脚が自然に 上がる感じがします。ランニングの本には 新しく卸して 2回目が そのシューズの 一番いい状態だと 書いてあったことを 思い出します。



さて スタートです!最初の2kmまでは 団子状態で ぶつかりそうになるのを 避けて走り 徐々に ばらけてくると 自分の目標としているスピードに 切り替えていきます!始めは 1kmあたり4:18でした。4:20が 目標でしたので いい感じです。そして 10kmまでは 平均して 4:10でいきました。少し上げすぎなので 落とそうと 思っていて 落としても 調子がいいのか ほとんどスピードが変わらなかったので そのまま行こうと 4:10から4:20の間で 結局15kmまで いきました。コースで 毛馬こうもんの橋の前後の坂と 少し水たまりの箇所では 4:30を 超えるペースになってしまいましたが ラストまで 4:20代を キープすることに 成功しました!


ゴール手前 100mでは 今年も 高橋尚子さんが 待っていてくれて 声をかけてくれ ハイタッチしてもらえました。この大会のほっとできるクライマックスです。そして 苦しみぬいたゴール!!


タイムは 1時間30分14秒!!


あと14秒で 30分を 切れたのに と思うと 悔しくて悔しくて!
ハイタッチしなかったら よかった とか いろいろ考えました(笑)が ハーフマラソンでは 自己ベストの次の記録に なりました!(自己ベストは 1:29;08)



 仕事が きつくて 時間的にも 体力的にも 厳しくて 練習の時間が なかなか取れなく 目標としていた 10月の月間走行距離300kmを 大きく下回って 220kmしかいかなかって 台風と雨のせいにして 言い訳をしていました(笑) 
 ふたを開けてみると なかなかの自分なりのいいタイムだったので 少しだけ 大阪マラソンの望みが 見え始めてきました。


 あと 2週間と少し 練習しすぎず 休みすぎず の状態を維持していき 自己ベスト更新を 目論見たいと 思います!




大阪・淀川市民マラソン


 今週末 ついに 淀川市民マラソンです!3年ぶりの参加です!この前は 42.195kmのフルでしたが 今回は ハーフの部に 出場です!河川敷のマラソンコースは 平地のコースよりも 分かりやすく 走りやすいですが 雨の後は 砂利道が ぬかるんでいたりして 滑りやすく おまけに 風が 絶えず 海側の方から 吹いているので 少しは 計算しておかないと えらい目に合うのが 目に見えています。その辺で フル本番前のガチ練習に もってこいです!


ここ2,3年は ハーフのタイムは 散々で レース後も 走れなくなる状態になってしまったりと いいところがないので 今回の出場は 大変楽しみにして 練習してきました!


 毎回のコースは 守口をスタートして 淀川沿いを 下っていきます。太子橋今市、城北を抜け マラソン大会の時だけ 走ることができる 毛馬閘門の上を通って 淀川を 渡ります!ここを走る時は いつもこの大会に出てよかったなあ!と思いながら 通り過ぎます!何しろ 景色が 美しく 迫力満点!そして 西中島、十三と御堂筋線、阪急のガードをくぐり JRの塚本まできて 折り返します!この辺りは 幼稚園児の鼓笛隊や 吹奏楽部の演奏などがあり 多くの応援で 盛り上がります!そして 来た道を 帰っていきます!


 そして ゴール手前で なんとQちゃん(シドニー金メダリスト 高橋尚子さん)が 出迎えて ハイタッチしてくれるのです!
過去 3度やってもらいました(そのうち一回は 神戸マラソンで)が 間近でみるQちゃんは 身長は あまり高くありませんが どれほどキュートで かわいいことか!
そして どれほど ランナーを元気ずけてくれるのか!
そんな楽しみも この大会の魅力のひとつです!




 大会の時に付けるゼッケンに 希望をすれば ニックネームを 入れてもらえるのも この大会ならではで まったく知らない人からも いまちゃ~ん!がんばって!!と 声を かけられることもあり うれしい時もあります!
おっさんから がんばれよ~!!と 低い声で 応援されるのも うれしいですが 見ず知らずの若い美しい女性から 応援されると 照れますが すごく元気が出てきて よっしゃ~!がんばるでえ~!!を 思ってしまいます!

こんな幸せなことも マラソン大会では 味わえるのですね!いやいや~!!



ともあれ 5日は 天気が良く 気温が 下がるという 絶好のマラソン日和が 予想されています!今までの自己ベストは マラソンを 初めた年に この大会で出した 1:29;08で それ以来 30分を 切っていませんので 今回は 目標を 1:30切りを目指して がんばりたいなあ!と 思っています!


沿道で いまちゃ~ん!を 呼んで 元気とパワーを いただけるなら  いぇ~!
と大きな声で お返したいと思います!(笑)










追悼!トム・ペティ


 心停止により病院へ急送されたトム・ペティが、現地時間 10月2日に亡くなったことが発表されました。まだ66歳でした。


そして 延命処置を 拒否していたことが伝えられました。非常に 残念で 悲しいことですが また 本物のミュージシャンの一人が 召されてしまいました!


 トム・ペティは お国柄の違いからか 日本では それほど知名度は 高くないのですが 音楽好きの人にとっては ポップ性を しっかり持った 本物のロックンローラーであることは 間違いのない事実として 認識されていると思います!


 私は 以前に書いたことがありますが 人生の中で 一番感化されやすい年ごろに FMラジオによって 本物の音楽を たくさん教えてもらい 今でも それは続いています。その中で 初めて トム・ペティというミュージシャンに出会ったのは 当時ヒットしていた スティヴィー・ニックスとデュエットしていた<Stop Draggin' My Heart Around>という曲でした。一発で 気に入ったということではなく 徐々に好きになってくるという感じの曲でした。たぶん その頃は すぐに 理解できなかったのしょう。


 それから しばらくして 夏の期間だけの泊まりこみで 一か月間 海の家に アルバイトに行った時 私と同じように 音楽が 大好きな先輩がいて ルーツ音楽の知識や 影響を受けた音楽について 色々と 話しあった楽しい思い出があります!
その当時 売れていたのが トム・ペティ&ハートブレーカーズの<サザン・アクセント>というアルバムで そのタイトル曲を カセットテープで 聴かせてもらいました。ギンギンのロックンロールではなく しみじみとしたバラードで 何とも言えない 切なさに えらく感動し 何度も聴かせてもらったのを 思い出します!




Southern Accents - Tom Petty & The Heartbreakers


それ以来 特に 借りたり 買ったりして 聴くことはありませんでしたが ボブ・ディランの30周年記念コンサートで 歌っていた<License To Kill><Rainyday Woman>は さすがに かっこよくて よく聴いていました。ボブ・ディランとともに 昔 来日公演を 行ったことがあるそうですが 曲によっては ディランが 歌っているにかの思うほど 似ている曲があったりして いいなあ!と 思うつぼが 同じところもあります。




 トム・ペティの活動の中で 一番インパクトがあって 有名なのは ボブ・ディランジェフ・リンジョージ・ハリソンロイ・オービソンとトム・ペティの5人で作った<トラベリング・ウィルベリーズ>だと思います!2枚のアルバムを作り <Handle With Care>という大ヒット曲が 生まれています!これだけのスター4人が ロイ・オービソンの復活を 祝って集まった覆面バンドには 貫禄と頼もしさがあり その中で ボブ・ディランの隣で歌っているトム・ペティも 輝いて 見えていました。



Traveling Wilburys - Handle With Care


 先日 私が 毎週聴いているピーター・バラカンさんのDJのNHK-FMの<ウイークエンド・サンシャイン>で トム・ペティ追悼特集があり 色々な熱心なメッセージとともに 聴いていると 改めて ちゃんとアルバム単位で 聴きたいなあ!と思い いつものレンタルCD屋さんに行って 数枚借りてきました。


 聴いていると トム・ペティの歌声は ボブ・ディランのように 少しずつ しゃがれてきていて それが とてもいい感じで どれもが とても気に入ったしまいました。恥ずかしながら この年になって 少しは トム・ペティの良さが 分かり始めたような気がして 少し 大人になったような気がしました!(大人を通り過ぎて 爺さんになる 一歩手前ですが <笑>)



安らかに!
ご冥福を お祈りいたします!






 




セレッソ 初タイトルまで あと1つと2つ!

 

 
 応援しているセレッソ大阪の初タイトルまで あと一つに迫りました!ルヴァン杯の準決勝で 大阪のチーム通しの対決、ガンバ大阪対セレッソ大阪のゲームが Home&Awayであり 1戦目が 2-2。2戦目の後半のロスタイム50分、このまま3-3だと Awayでのゴール数が 上回るガンバが 勝利の場面でしたが DF木本が CKのクロスを押し込み 奇跡的は ゴールをもたらしました。


 


大阪人の私は どちらのチームもファンですが 今年は ガンバの長谷川健太監督の退任が 今季限りということもあってか 選手自体は コンディションはいいのですが チームをしては いまいちの状態で 負けが 込んできてます。ノンタイトルで 終わりそうなので その分 セレッソ大阪に 期待してしまいます!


J1では その大阪ダービーの後は ガンバは 最下位の18位の新潟に 1-0で 負けてしまい 10位と 順位を 落としてしまいました。日本代表、韓国代表に 選ばれている選手が 5人(倉田、井手口、東口、ファン・ウィジョ、オ・ジェソク)もいて 惜しいところまで行くのですが 結果は 決定不足で ゴールが割れず 破れてしまうということが 最近の ガンバだと思います。


一方 セレッソは  広島に1-0、仙台に1-4、川崎に1-5と 大量失点が続き 3連敗してしまい 順位も 6位に落としてしまいました! 固い守備を 誇ってきたユン・セレッソの崩壊かと 一瞬 思われた9月でした。がしかし セレッソも日韓代表に3人(杉本、山口、キム・ジンヒョン)も います。代表では 杉本健勇選手は ハイチ戦で 代表初ゴール! 怪我から復帰した 清武弘嗣も 出場機会を 増やしてきています。なので 明るい兆しが 徐々に広がってきているといえます。


10月に入ってから リーグ戦では 鳥栖に2-1、甲府に2-0と 2連勝して 4位までに再浮上!



 そしてもう一つ 楽しみなのが 天皇杯!10/25 準々決勝があり 大宮に2-0で 勝利しました!次の準決勝は 鹿島を PKで破った神戸との対戦が決まりました!神戸に勝って 決勝に 是非進んでほしいのが ファンの切実な願いです!




 そしてそして 初タイトルの行方ですが ルヴァンカップ決勝戦の相手は 川崎フロンターレに 決まりました!過去何度も あと一歩というところで 痛い目に 遭わされている相手に 報復する時がやってきました。といっても 現在の川崎は 2位で 小林悠や中村憲剛、車屋など ノリに乗ってる選手が ごろごろしている 強豪ですので すんなりと勝たしてくれるわけでもなく お互い苦しい戦いになると 予想します!




運命の決戦は 11月4日 埼玉です!気持ちだけ 埼玉まで すっ飛んで応援したいと 思っています!そして 勝利を信じて 祈っていたいと思います!
絶対 初タイトル奪取!!