ちょこっと感動日記


毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

オランダの歌姫が歌うマイケル・ジャクソンの名曲集


 今日は 寒い一日でした。私が住んでいる大阪でも 最高気温が 3度で ほとんど一日中 雪がぱらつく一日でした。昼間でしたので 積もることはありませんでしたが 道がアイスバーン状態になって 滑って転んでいる人や 曲がりきれなくて 壁にぶつかっている車を 見かけました。暑いのも こりごりですが 寒過ぎるのも こりごりですね!


 そんな時は 熱いコーヒーを 飲みながら 温かい音楽を 聴くのが 一番です。
身も心も 温まれます!


 というわけで 少し前に 発売になっている このCDを ぜひ聴いていただきたいなあと思います。このマイケル・ジャクソンの素晴らしい楽曲は 本当に 心温まる効能がある感じがします!
 


 マイケル・ジャクソンが亡くなってから 8年近くになりますが 残された曲は 色あせるどころか ますます輝いて感じるのは 私だけじゃないと思います。8人兄弟の6男として生まれたマイケルの歌のうまさや表現力は 兄弟のバンドの中でも 際立ったものがありました。やがて モータウンレコードの先輩のダイアナ・ロスの助けを借りて スター街道に 上りつめていきました。そんな子ども時代のマイケルの曲も いい曲がいっぱいあり 絶頂期よりも この時代の方が しっくりくる名曲が多くて 私は 今でも 大好きです!


 1986年9月の西宮球場(今は無き)の マイケルのコンサートにも 行きました。超満員で 見えにくかったのですが 大がかりなショーという感じで 楽しませてくれたのを 思いだします。<スリラー>とか<ビート・イット>とかは もちろん 盛り上がりましたが 私がうれしかったのは <アイル・ビー・ゼア>とかの<アイ・ウォンユ・バック>などの 古い曲を やってくれた時でした。




 でも 当時から この曲は 大好きでした。
マイケルの曲って 哲学っぽくて かっこよかったことを 思いだします。↓↓ 



Michael Jackson - Human Nature (Live Bad Tour 1987)





                               
 それ以降も マイケルの新譜が出るたびに 聴いていましたが その時々で 素晴らしいマイケルらしい曲が 聴けてました。スリラー以降は もちろんビッグスターになったわけですが 常に ゴシップネタは絶えず 黒人への偏見もあり スターとしてのイメージが いがめられてしまった 気の毒さは ありました。音楽がわからない人でも マイケルのことを 語っていた時代にはうんざりしていました。






  今回 ぜひお勧めしたいCDは ギターとコーラスのみをバックに歌ったマイケルの曲のみの『Never Can Sey Goodbye』。歌っているのは オランダの歌姫と 呼ばれているトレインチャという人で 一応ブルーノート・レーベルから出している女性ジャズシンガーということになりますが 洗練されていない歌い方が 少し いなたくて 愛嬌があり そこが いい味を 出しているなあ!といった感じのシンガーです。
彼女は スティーヴィー・ワンダーの曲のみのライブアルバムやバート・バカラックの曲ばかりを歌ったアルバムを2枚も出していて とことんやりきる姿勢が 好感が持てます。





トレインチャ『ネヴァー・キャン・セイ・グッバイ』ダイジェスト


 
1. ネヴァー・キャン・セイ・グッバイ
2. ベイビー・ビー・マイン
3. ミュージック・アンド・ミー
4. レディー・イン・マイ・ライフ
5. アイ・ウォント・ユー・バック
6. 想い出の一日
7. キャント・ストップ・ラヴィング・ユー
8. 今夜はドント・ストップ~ワーキング・デイ・アンド・ナイト~スタート・サムシン
9. キャント・ヘルプ・イット
10. ロック・ウィズ・ユー
11. ヒューマン・ネイチャー
12. ゴーン・トゥー・スーン
13. アイル・ビー・ゼア feat.キース・ジョン
14. ユー・ワー・ゼア (トリビュート・トゥ・サミー・デイヴィスJr.)
15. ヒーズ・アウト・オブ・マイ・ライフ ~スマイル







 マイケルの優しい歌声で 新譜を聴けることは もうありません!悲しいですが!
だからこそ 今もなお マイケルの歌が こころの奥深くに 訴えてくるかもしれません。トレインチャのスタイルは マイケルの魂が のりうつっているようです。




ブライアン・ウィルソンが歌うガーシュウィンの名曲集

 



 先日 図書館で 何気なしに見ていて こんなCDを見つけて借り 早速聴いてみました。久々に ブライアンの声を聴いていると 目頭が熱くなってきて 涙があふれてきそうになりました。その声には 何か魔法でもかけられているんじゃないかと思うほど脳裏に焼き付いてきて 感動せずにはいられない感じにさせられました。ソロになってからの名曲<ラヴ・アンド・マーシー>を 初めて聴いた時の あの感動に近いものがあるかもしれません。


 ブライアン・ウィルソンは 言わずと知れた ザ・ビーチ・ボーイズのメンバーで 活躍した天才で 1960年代に<サーフィン USA>や<カリフォルニア・ガールズ>などの ヒットを出し サーフィン音楽ブームの立役者となった人です。ビートルズの金字塔<サージェントペパーズ・ロンリークラブハートバンド>と並ぶ<ペット・サウンズ>で 度肝と抜かせました。


 そんなブライアンは スタジオで 一人でこもって 音楽を作る オタクみたいな人でそれがために 神経質で 精神病を患い 引退も囁かれたですが 1998年に 見事に復活しました。が 当時TVで ピアノに向かって 弾き語る姿を見たんですが ほとんど入院中の病人のような冴えも気力もなく がっかりしたのを 思いだします。


 私のとって ブライアン・ウィルソンは 私が 学生時代に 夏の一カ月半 泊まり込みで 海の家で バイトした時の ビーチボーイズばかり聴いている奴に 影響を受け 聴きまくったことを 思いだします。なので 夏と言えば Beach Boysと 山下達郎 という勝手なイメージで やっぱり白い海岸や砂浜に よく似会う音楽なのですね! 


 何年か経って 村上春樹さんの訳された『ペット・サウンズ』や 『意味がなけりゃスウィングはない』を 読んで さらに ブライアンの音楽や内面のことが色々と わかってきました。サーフィン音楽を 作っていたブライアンは ほとんどサーフィンを したことがなかったし 研究熱心な一人の傷つきやすい人間だったのですね。




 ジョージ・ガーシュインは 20世紀を代表する偉大な作曲家の一人で 亡くなってから80年がたちますが スタンダード曲として 有名なものが多く <Summertime><Rhapsody In Blue>,<S'Wonderful>などが特に有名です。
残された未発表曲が 100曲以上もあり その中の2曲が 今回 ガーシュインを管理している団体より依頼され ブライアンが 完成させた曲なのです。


これが その一曲 ↓↓いや~ いい曲ですな~!!



The Like In I Love You - Brian Wilson



『Reimagines Gershuin』 / Brian Wilson


1. Rhapsody in Blue (Intro)
2. Like in I Love You, The
3. Summertime
4. I Loves You Porgy
5. I Got Plenty O' Nuttin'
6. It Ain't Necessarily So
7. 'S Wonderful
8. They Can't Take That Away from Me
9. Love Is Here to Stay
10. I've Got a Crush on You
11. I Got Rhythm
12. Someone to Watch Over Me
13. Nothing But Love
14. Rhapsody in Blue (Reprise)




Brian Wilson - I've Got A Crush On You





『Reimagines Gershuin』には 14曲収録されていて スタンダード曲として 有名なものが多く 全てが素晴らしいし 独特のハーモニーも健在ですが 何より ブライアンの元気そうな声が 聴けるのが 嬉しい限りです。















恐るべし!鹿島アントラーズの強さ!

 あけまして おめでとうございます。本年も 自分なりに感動したことを 細々と 書いていこうと思いますので どうかよろしくお願いします!


 今年最初のアップは サッカーから。年末から年始にかけて サッカーファンにとっては たまらない試合が たくさんありました。その中でも 鹿島アントラーズの強さにはびっくりさせられ 日本のサッカーが ここまで 強くなったことに 感動した瞬間だったと思います。


 11月からは Jリーグ・チャンピオンシップでの 鹿島vs浦和、鹿島vs川崎で J1チャンピオンを 鹿島がとり 12月に入ってからは クラブ世界一決定戦で 鹿島は 開催国代表として出場し オセアニア代表のオークランド・シティーFCと闘い 2-1、 アフリカ代表のマメロディ・サンダウンズとは 2-0で勝利し 3戦目は 南米のチャンピオンである アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)に 3-0で 勝利し アジアのクラブとしては 初めて決勝に 進出するといった大躍進を 見せました!






 そして 世界のスター集団 レアル・マドリッドとの決勝戦では 一時は 柴崎が 2得点で勝ち越し 相手を 本気にさせるガチの試合になり 結果的には 延長戦で クリスティアーノ・ロナウドに ハットトリックを決められ 4-2では 負けてしまい 準優勝で終わりました。世界からの評価も高いものがあった柴崎は 「勝ちに行くつもりだった。2位以下は 最下位と同じ!悔しい!」と コメントし 自分たちの30倍以上も 給料を 払っているチームに 本気で 勝つつもりであったことに 私は 凄く感動していて 見ていました。 


 ☜(金崎、永木、柴崎)



 センターバックの 植田、昌子、キーパーの曽端の ほぼ完ぺきな守備、ボランチの永木と ベテラン小笠原の粘り強く戦う姿勢、遠藤、西の堅実さ 柴崎、赤崎、土居、ファブリシオ、鈴木、そして 金崎の攻撃陣。解説者が 口をそろえて 言っていました。 鹿島の選手は 全ての時間で 全て意思が統一されていて 自分が今何をすべきかを 常日頃の練習より 厳しく行っていることが 試合にも表れている。と。


 例えば 相手のシュートを 枠内に打たせない精度が高いディフェンス、中盤での早いインターセプト、守備から攻撃に変わる時の速さ、シュートは 絶対 枠内に打つ!そして 絶対 自分たちが 勝つんだという強い信念!そして 口でそれらのことを 言うだけでなく 実行すること!




 以前にも ブログで取り上げた 元鹿島 現シャルケの内田篤人の本に 鹿島の練習場には 現在でも ジーコの言葉が壁に書かれていたように プロ意識こそが このチームが血となり肉となっていて 国内でのタイトルが19冠という常勝集団に つながっていることをわからせてくれます。


 準優勝で終わったクラブ・ワールドカップの後 鹿島は 過密日程の中 天皇杯の準決勝で 横浜Fマリノスと闘い 2-0で 決勝では Jリーグ・チャンピオンシップと同じ組み合わせの 川崎フロンターレと闘い 2-1で勝って 優勝しました。キャプテン 小笠原をはじめ インタビューを聞いていたら 世界と互角に戦りあえた自信が 各選手にあり 責められても あせらず対応できたし 全ての時間で 落ち着いて試合が 運べたと 言っていました。日本にも こんな事がいえるチームがあるというのは これから先こんなに頼もしいことはないのではないかと思いました。












来シーズンは 鹿島は ファブリシオの代わりに 新潟より守りのかなめレオシルバが 入団することが決定し より固い守備が 期待されます。ここ一カ月 鹿島の勝ち方を 見ていると ワールドカップで 固い守備で守り切り 数少ないチャンスで しとめて勝ち上がる伝統的なスタイルのイタリア代表のようなチームみたいやなあ!と 勝手に思ったりしています。


そんな鹿島アントラーズ 今年は ガンバ大阪、セレッソ大阪とともに 面白い試合をして 勝ってほしいなあと思います。(かくれ 鹿島ファンだったことが ばれてしまいました!笑)




PS:吹田市立スタジアムの鹿島vsマメロディ・サンダウンズの試合を見に行った職場の友達に お土産として いただいたものです!感謝!
鹿島が 優勝を決めて 出場が決定した4日後の試合で このような商品が売られていたのは その早さに驚きです!





本年も どうか ごひいきに お願いします!






   


<夢をかなえるゾウ>を読んで!

 
 娘からのおすすめで この本の表紙を見ると なんだか 読んでみたくなるような ユーモアがあるような気がしてきて 何の知識もなく 読み始めました。このゾウのような不思議な生き物は なんと神様だったのです。それも 突然 部屋の中に現れた 関西弁を しゃべくる!!名前を ガネーシャといいます。

 主人公は どこにでもいる様な いまいち自分のことが分かっていなくて ぱっとしない独身会社員の僕。自分を変えいって いつか 成功者になりたいと思っています。


 神様のガネーシャは パチンコとたばこ あんみつが 大好きで  なんか胡散臭くて ほんまに神さんかいな?!と 疑ってしまうのですが その僕に対して 成功者になるための課題を 一日一つずつ与えていきます。

 その課題というものが 実に地味なもので 例えば 靴を磨く。トイレ掃除をする。コンビニで お釣りを募金する。まっすぐ帰宅する。会った人を笑わせる!などなど。
 そんなことで 成功者に ほんまに なれるのかいな?と 思うのですが 歴史上のキーマン、例えば 孔子、釈迦、ロック・フェラー、エジソン、ライト兄弟、松下幸之助、本田総一郎、現存している人では ビル・ゲイル、イチローたちを 指導したという神様のガネーシャのいうことは 妙な説得力があり その課題を こなしていき 少しずつ変わっていく 自分に 少しずつではありますが 自信をつけていきます。



 人生の成功者になるために 自己啓発本みたいな本を読み どうやって自分を変えられ 欲しいものを 手に入れる事ができるのか?は 若い時は 一度は 必ず考えることだと思います。私も 色々な本を手に取り 思い悩んだ経験はあります。コヴィーの<7つの習慣>、松下幸之助の<道を開く>、本田健<ユダヤ人大富豪の教え>などの有名所から 瀬戸内寂聴の仏教からみた心の奥深い世界の本や 江原啓之のスピリチュアルの世界の本、小林静観の<ありがとう>の本まで。


 それぞれが 立派で素晴らしいことが 書かれてあり そう考えたり 努力したりして 実践し続けることができれば 成功者へ近ずくかもしれません。しかし 実際に その通り 実践したところで どれくらいの人が 成功するのか?疑問です。それで 成功できれば 誰だって 成功者になっていますよね!
そう!完全な成功のマニュアルなど 存在しないのです!


 その物語は 単なる自己啓発のストーリーだったなら 途中で 読むのをやめましたが ガネーシャとの別れが 近づくにつれ 課題を こなしていっても 実際変わらない!ということを 語りだします。自分が変わるには 不幸が必要だ!そして 最後の課題は 毎日感謝する いうこと!


 お金や地位を得るだけが 成功者ではないということを 語っているところは 涙が あふれてきそうでした。


 ねたばれで 書いておりますが この本は ストーリーというより 自分は どうなの?を 考えることが 面白い小説だなあと思いました。ちょっと哲学的なところは 川村元気の<世界中から猫が消えたなら>を思い出しました。もし 好きなら 気にいると思います。



夢をかなえるゾウ文庫版
夢をかなえるゾウ文庫版
飛鳥新社


 

2016 年間洋楽マイベストソング10



 今年も 2016年の年間ベスト10曲 選びました。51歳のおっさんが 選ぶので オーソドックスなものが 多いと思います。その辺は お許しくださいね!


 ちょこちょこアップしているので ネタはばれていますが 今年も たくさんのいい曲と 巡り合えたのは 至福の喜びでした。

 何回も 繰り返して聴いた曲ばかりで もちろん 独断と偏見で 選んでいますが 傾向としては ピアノメインで 歌がしっかりとしている曲、ギターメインで シンプルな曲やギターが 気に入った曲、大それたファンキーさで 踊れる感じがする曲に 分かれると思います。もし よく似た好みの方なら きっと 気に入った曲が 多く見つかると思います。共感できる曲が 見つかるといいですね!順不同です!


①Ruth B / Losy boy



Ruth B - Lost Boy (Official Video)


ピアノ弾き語りのスタイルで 切実と歌われます。
はじめて このPVを見た時は 矢野顕子を 思い浮かべました。



            ★


②Bruno Mars /  24K Magic

Bruno Mars - 24K Magic [Official Video]



現在 ヒットチャートを 駆け上っている ど派手な一曲。グラミーをとった去年の<Uptown Funk>路線。ピコ太郎なんて 問題にもなりません!(笑)


            ★


③LukasGraham  /7Years olds

Lukas Graham - 7 Years [OFFICIAL MUSIC VIDEO]


デンマークコペンハーゲン出身の4人組ソウル・ポップバンドの初ヒット曲。メロディが いつまでも 頭から 離れません。なんて素晴らしい曲なのだろう!


             ★


④The Chainsmokers ft. Halsey   / Closer

The Chainsmokers - Closer (Lyric) ft. Halsey


 現在 ヒットチャート1位を 独走中の曲。ラヴラヴで 歌詞が 出てくるPVのパターンは よくありますが この曲のPVは 特に よくできていて カッコいいと思います。
ニューヨーク出身のDJデュオは 今年の入ってシングル「Roses」(最高6位)、「Don’t Let Me Down」(最高3位)、そして「Closer」(最高1位)の3曲全てが全米でトップ10入りを果たしている 人気者です!
他のPV視聴しましたが どれも 独特なものがあり かっこよかったです。これぞ<今 流行りの音>かな!?


            ★


⑤Justin Bevier   /Sorry

Justin Bieber - Sorry (PURPOSE : The Movement)


ジャスティンは 何をやっても 話題になる 人気者で 楽しませてくれます。ポケモンGoに夢中で ポケモンを捕まえるため ボディガードを連れて セントラルパークを うろうろしたり、サッカーの名門バルセロナの練習に参加したとか!ジャスティンは アイドルかどうかは 知りませんが 音楽的には 大好きです。
 
             ★


⑥Justin Bevier  /Love Youself

Justin Bieber - Love Yourself (PURPOSE : The Movement)


ジャスティンだけの2曲目です。この曲は 多分年間ベストでは 一番多く聴いたと思います。こんなタイプの曲も大好きです。


            ★


⑦Fifth Harmony - Work from Home ft. Ty Dolla $ign

Fifth Harmony - Work from Home ft. Ty Dolla $ign


徐々に 人気者になりつつある 5人組のハーモニーグループ、Fifth Harmony は とにかく はもり が 素晴らしいグループです。オーディションで 落選した個々の5人が グループ
として デビューしたのは 2013年。春には 日本公演もあるとか。グループとしてのスタイルが 好きです。


            ★



⑧James Bay /Let It Go

James Bay - Let It Go


25歳、イギリス出身のシンガーソングライターであるジェームス・ベイ。この曲のギターの不思議な響きが 好きになった理由。もっと知りたくなったミュージシャンです。


             ★



⑨James Arthur/Say You Won't Let Go

James Arthur - Say You Won't Let Go



同じJames君ですが こちらは どこにでもある ギターメインのラヴソング。ですが 歌詞が とても好きになりました。僕が 年をとっても 愛してくれるかい?という内容です。ポール・マッカートニーが歌う<When I'mSixty-Four>を 思い出しました。
顔もどことなく ポールに似ていませんか?(笑)



             ★



⑩gnash - i hate u, i love u (ft. olivia o'brien)

gnash - i hate u, i love u (ft. olivia o'brien) [music video]


詳細は 不明ですが 長い時間をかけて 徐々に ヒットチャートに入ってきた しみじみする曲。こんな曲は 一度聴いたら 耳に残り 忘れられない感じがします。
                 
              ★


最後に 番外編として 故ジョージ・ハリソンのシタールの師匠、ラヴィ・シャンカールを父に持つ ノラ・ジョーンズが ジャズへの回帰を図った新作より。なんでも歌いこなす器用な人ですが 常に カントリーの血が 入っていているのが 魅力です。グラミーを取ったデビューアルバムのように 彼女独特の気持ちいいピアノが 久々に聴けるだけでも 幸せです。この曲のように!


Norah jones / Carry On

Norah Jones - Carry On



いかがでしたか?一曲でも 聴いてみたいなあと 思っていただければ 無茶苦茶嬉しく思います。来年も いい曲に 巡り会えたらいいなあ!そんな思いです。お付き合いありがとうございます!
それでは!