ちょこっと感動日記


毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

Dear KAZU!(僕を育てた55通の手紙)を読んで!






 

 サッカー・ヒーロー列伝の4人目は 私が サッカーを観るのが 好きになったきっかけを 作ってくれた人である カズ(三浦知良)の登場です!この人を やはり外せません。


 私は 小学校の頃から 阪神タイガース・ファンで プロ野球を観るのが 大好きでしたが 1993年に プロサッカー、Jリーグが 開幕してからは 野球より サッカーを よく観るようになりました。チームとしては 地元のガンバ大阪と ジーコ、アルシンドなどのスター選手がいた 鹿島アントラーズが 特に好きでした。


  最初の頃は アンチ巨人でしたので サッカー界での ジャイアンツであった 読売系の ヴェルディは 大嫌いでした。(というより ナベツネと 絶対的に 強いものが 大嫌いでした!大阪人に ありがちな 長いものには 反発したくなる精神みたいなものです!)が 当時ヴェルディ所属のカズだけは 敵も味方も 関係なしで サッカーを 楽しませてくれる 何かやってくれる期待感を 常に持っていてくれる大きな存在でした!代表での活躍が大きかったかもしれません。


 


 この本は、そのカズがこれまでのサッカー人生の中で出会ってきた人のなかでも、とりわけその出会いに感謝している55人が、カズに対して手紙を書き、その手紙にまたカズが返信するという形の往復書簡的インタビュー集です。

 手紙を送った55人の人たちには 監督、恩師、チームメイト、対戦相手、仲間、友達、先輩、後輩、バーの店主、カラオケ友達、用具係、ドクターから家族まで ぞくぞく登場します。


ペレ、オフト、トルシエ、ジーコ、ドゥンガ、バッジオ、バレージ、ピクシー、ホン・ミョンボ、パク・チソン、香川真司、中村俊輔・・・と こんな人たちが リスペクトしているとは 驚きでした。


そのすべてが 口をそろえて言うことは 人より早く来て 最後に帰り 練習でも 手を抜かず 常に真剣。そして 現在でも 現役でプレーしているのが サッカー選手の常識を 覆すことで 信じられない(サッカー選手の寿命は短いのにもかかわらず 40歳を 越えても いまだに現役であるという事実)ことを言っています。

 

そして 浮き沈みの激しいサッカー人生の中で カズがいたから カズの姿を観ていて 救われた 気持が楽になったという人が どれだけ多いか わかります。





ちょっと いい感じです! ↓↓ ↓↓



キングカズ 「ぶれない心を持つ男 三浦知良」





 カズは 16歳の時に 単身で ブラジルに渡り プロとして デェビューして 強豪たちばかりの ブラジル人の中でも 尊敬される存在となります。神様ペレ、ネイマールを輩出した名門サントスFC、Jリーグ開幕時には ヴェルディ、イタリアのジェノア、クロアチアのザグレブ、オーストラリアのシドニーFC 日本では 京都サンガ、ヴィッセル神戸に移籍し 現在は J2の横浜FCに在籍しています。

 

その中で 縁があって出会った人たちは カズに対して すごく温かく見守ってくれているんだなあ ということが 手紙から ストレートに 伝わってきます。カズも それぞれに よく気遣っているなあと感心し お互い 何のわだかまりもなく 信頼しきっているように 感じました。決して 演出ではないと 明らかに 感じ取れました。

 

55通を読んでいて 涙が出てくるほどのものも 沢山ありました。その中で ジーコは 日本代表の監督の時 カズを 呼ぼうとしていたことや カズが PKで 蹴ろうとしていた ボールに 唾を吐きかけ 一発退場になった時のことなど 熱い思いを 語っています。そしてイタリアのジェノバでは チームメイトのニコラ・カリコラが 監督が アジア人だという偏見を 持っていたので 出場できる機会が 少なかったとも。でもイタリアに 日本のサッカーが ここまでできると 知らしめた!と語った。その後 日本に遊びに来た時は 神戸の震災の時で いっしょに 神戸の小学校に 行った思い出が 書かれてありました。(涙”)


今 キング・カズは48歳!現役です!横浜FCが セレッソ大阪と対戦する時は ぜひとも 長居競技場に 行きたいと思っています。その時は しっかり出てきてくださいね!


 最後まで 決してあきらめることなく 夢を 追い続ける姿勢は  年齢が 2歳だけ上の私にとって 憧れで カッコいいヒーローです!




 






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。