ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

ジャズのスタンダード<枯葉>聴き比べ!



 昼間は まだまだですが 朝晩は だいぶ過ごしやすくなってきました。少し 季節的には 早いかもしれませんが ジャズのスタンダードである<枯葉>を 短い秋といっしょに 味わいたいと思います。<マイ・ファニー・バレンタイン>に続く 聴き比べ第2弾。直球勝負で いきたいと思います。


<枯葉(Autumn Leaves)>は もともとフランスのシャンソンの曲で イグ・モンタンが 歌いましたが ジョニー・マーサーが 英語の歌詞をつけて アメリカで 色々な人に歌われるようになったということです。


”窓辺に漂う落ち葉、目に浮かぶ君の唇、
握りしめた君の手、夏の口づけ、日焼けした手、
枯葉枚落ちる季節になると、
君のことが 偲ばれる。”


という歌詞で バラードが 良く似合う曲です。






①Something Eles / Cannonball Adderley より


Cannonball Adderley - Autumn Leaves

残念ながら 歌詞は ありませんが <枯葉>の中で 多分一番有名なバージョンだと思います。
ブルーノート・レーベルから レコードを出せなかったジャズの帝王マイルス・デイビスが いきなり 自分のリーダーアルバムのように 土足で入ってきます。なので マイルスしか目立ちません!何百回 聴いても 飽きない これぞ名曲!みたいな一曲です。





②Bill Evans / Portrait In Jazz   より
Bill Evans Trio - Autumn Leaves


 私の知っている範囲では ピアノでは この曲を 超えるものはないと思っています。いきなり 豪快なピアノで入るビル・エヴァンスのバージョンでは ピアノ・トリオの演奏としても 最高に カッコいい演奏を聴かせてくれます。うれしいことに 私の娘も このバージョンが気に入り ピアノの発表会で 演奏してくれたことを 思い出させてくれるバージョンです。



③Eric Clapton  Clapton     より
Eric Clapton -Autumn Leaves


 ギターの神様と今でも思っている エリック・クラプトンが 古~い曲ばかりを集めて録音した 2010年の<Clapton>より。ちょっといっぱい引っかけて ほろ酔い気分で 歌っているような雰囲気で ちょろちょろっと ギターが入って いい感じです。ところが 最後のところで クラプトンらしいギターが キュイ~ンと 入ってきて 驚かされた一曲。いや~ 最高の瞬間ですな~!




というわけで 3曲 ど真ん中の直球勝負でしたが 他には サラ・ヴォーンの 思いっきり早くて スキャットしているものや カントリーの大御所 ウィリー・ネルソンの味わい深い しみじみとしたものなど あります。ジャズのセッションでも アドリブが とりやすいということで よく演奏されるので まだまだいっぱいあると思います。これ いいよ~!とかいうのが あれば ぜひ教えていただけると うれしいです!よろしくです~!!
楽しい時間を!
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。