ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

がんばれ!ハリルジャパン

 

 
 サッカーの話題が続きます。6月のワールドカップ前のヨーロッパ遠征で 一次リーグでの対戦相手を想定した、マリ戦、ウクライナ戦の 日本代表メンバーが 15日 発表されました。サッカーを愛する1人にとって 思うところは 色々ありますので 今回は 素人目線で 好き勝手 言わせてもらおうかなあと思います。


 マリは 仮想セネガル、ウクライナは 仮想ポーランドというふうに決定されたということですが マリもウクライナも ロシア・ワールドカップに 出ないのに なぜ?そして なぜ この時期?と まず思います。出る出ないとでは テンションは 全く違うし そんな相手に もし負けたり ドローしか結果が出せなかったら まず 1勝もできないと覚悟しなければいけません。


 本番では いくら何が起こってもおかしくないといえども 日本は FIFAランキング55位の国、ポーランドは6位、コロンビアは14位 セネガルは32位。所詮レベルが 違うのです。まずは 委員会のミスマッチだと考えます。前回の12月のブラジル戦、ベルギー戦の時期的に 逆だったら 申し分なかったと思いますが。ワールドカップに 出ない相手に 勝利して 調子に乗らせようと 考えた結果かどうか わかりませんが ワールドカップは そんなに甘くはないということが 過去の対戦を見ても 分かると思います。
 でも ブラジルやベルギーが 本気で真剣に 戦ってくれなかったとしても 強国とできたのは 伝わってくる範囲で言えば セレッソの杉本健勇や柏の伊東純也は いい影響を受けて 意識的にも プレーに自信が 出てきたと 評価されています。その点は 良かったと思います。 


 今の時点では 世界で通用している選手、吉田真也香川真司清武弘嗣は 怪我で 出れないので またしても ベストなメンバーを 組めないつらさはあります。そして ハリルが 実際に テストしてみたいと 思っている選手が まだいるというのも 考えものです。それだけ 良いコンディションが キープできる選手が 少ないということかもしれません。本来なら メンバーはすでに固まっていて 戦術的にも 意識的にも 詰めの段階に 入っている時期と思うのです。こんなにも ころころメンバーを変えて 大丈夫なのかなあ?と  最近 点を入れてるというだけで判断すれば 組織力に不安が残ることになります。


 

 


 目玉といえば メキシコ・パチューカで調子がいい本田圭祐が 久々の復帰、ポルトガル・ポルティモネンセで 活躍の中島翔哉が 初選出されました。そして めでたくも 宇佐美貴史が 選ばれました。その反面 乾貴士、浅野琢磨、井手口陽介が 選外になりました。



 GKから 川島永嗣東口順昭も すごくいいキーパーがと思いますが 中村航輔のプレーを もっと見てみたいがします。先日のセレッソ戦でも ファインセーブで 苦しめられましたし。セットプレーで 絶対守って 入れさせないと思い 味方の選手に 渇を入れる時 気合いが入るキーパーなんではないかと思います。 


 センターバックは 吉田麻也の怪我で 頼りにできるのは 槙野智章昌子源のみ。植田直通もいいと思います。世界で 戦うときは 選手の高さが 重要なので やはり身長の高い選手を 選ぶべきだと思います。セレッソ大阪のマテイ・ヨニッチみたいな高さで 相手を 吹き飛ばすようなセンターバックなら 最高です。


 サイドバックは 右は 酒井宏樹、左は 長友佑都しかいないでしょう。負傷した時用に 両サイドいける酒井高徳は メンバーに入るべきでしたが 今回は入っていません。


 中盤は ボランチは 危機対応や予知能力が 優れている長谷部誠山口蛍しかいません。日本代表の心臓だと思います。トップ下のシャドウでは ベルギーのアンデルレヒトに移籍しても 活躍を続ける森岡亮太も 機能すれば 楽しみだし いいと思います。柴崎岳は スペインで 怪我をした後 いまいちですが 意外性に 期待したい好きな選手です。


 そして 一番楽しみは 攻撃陣です。4-2-3-1だと センターフォワードは 大迫勇也杉本健勇。どちらも 長身で前を向いてプレーができる選手で ゲームによって 使い分けるといいと思います。今の時点では 杉本健勇の方が 点をよく取っていますので 重きを 置いた方がいいと思います。ゲームによって 4-4-2に変え 杉本、大迫のツートップを 観たい気はします。



 
 ハリルの言っていることは よくわからないときがありますが 点を取っていないという理由で 選外になった点 取っている乾貴士と チーム状況も悪く 得点も少ない大迫と どこが違うねん?といいたいです。乾は スペイン・エイバルで レギュラーで スタメンを 続けていて 当然合格だし 本番では 呼ぶが 今回は 選外?と 私は 勝手に思っています。世界で 通用している選手は 数少ないのですから。


 トップ下は 本来なら 香川真司ですが 中島翔哉に 今回は やってほしいです。五輪代表の時から くさびになる最後のパスをだす技術は 最高のものがありました。ただ守備が少し 後手に回る点 身長が低いので 高さで勝負できない点があると思います。本番の選考では この二人に 4月に 復帰予定の清武弘嗣が 選出されれば 間違いないと思います。


 最後は 両ウイング。待望の宇佐美貴史、(いくら調子がいいといっても こんなに早く 帰ってきてくれるなんて ちょっとビックリでしたが ハリルの好きな選手なので 期待も 人一倍です。ファンとして 一番うれしいことです。)と原口元気は 主に左、本田圭佑久保裕也は 主に右、その時 調子のいい方を 選べばいいと思います。


ワントップでは 相手のマークが きついと予想されるので なかなかフリーに ボールを持たせては くれませんので 2列目の選手が DFの裏を取って ゴールするという一番の理想だと思います。



これ以外に 名前が出てこなかった選手も いい選手ばかりですが あくまでも 私の好きな選手ということで。



 レヴァンドフスキやハメス・ロドリゲスを 研究しまくって 失点を防いでほしいし 攻撃が 機能して 点を取ってほしいです。やはり 観ていて ワクワクするような試合に なって 最後には 日本に 奇跡が起こって 勝利するということを 夢みたいと思います。



 




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。