ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

イーグルスのグレン・フライ逝く!





 2016年1月18日、イーグルスの色男、グレン・フライが 亡くなったと バンドの公式ホームページ(HP)で発表されました。67歳。またひとり好きなミュージシャンが 亡くなってしまい 大変残念でなりません。



 1970年代の初め ガールフレンドを追って LAにやってきたグレン・フライは ドン・ヘンリーと リンダ・ロンシュタットのバックバンドとして 集まったイーグルスを 結成します。1972年に ジャクソン・ブラウンが書いた<Take It Easy>でデビュー。79年までに 6枚のオリジナルアルバムを 発表しました。中心メンバーのグレン・フライとドン・ヘンリーは メンバー・チェンジを繰り返しながら 完成度が 高い作品を 作り続けて 70年代を 駆け抜けて行きました。この二人で作った曲は 今でも カバーされるくらいの名曲が多く 世界中の多くの人に 愛されています。





 その中でも 一番有名な曲は 1976年の<Hotel California>だと思います。この頃は ロック色の濃い頃で ロックで初めての快挙と言われている グラミー賞の最優秀レコード賞を受彰しています。その頃も 音が しっかりして なんか聴いていて 説得力が あり いいと思いますが デビューの初期の どことなく いなたくて カントリー・ロックと 言われたいた頃の方が 私は よく聴いた記憶があり 今でも 好きです。なんといっても イーグルスは コーラスが 他のバンドとは違い とことんかっこいいのです。例えば<Lyin'Eyes>,<Tequila Sunrise>、<Peaceful Feelinng>。コーラス・ワークは グレン・フライが 力を 入れていた所というのを聞き うなずけられます。



EAGLES ~ \"LYIN' EYES\" 1977(もちろん グレンが ヴォーカル!)


80年に イーグルスが解散した後の ソロになってからの グレン・フライも 甘い歌声で イーグルスでは あり得ないようなポップな素晴らしい曲を いっぱい発表しています。どれも グレンらしくて よく聴いていました。<Sexy Girl>,<You Blong To The City>など ヒットを連発していました。でも グレンには やはりバラードが よく合うと思います。極めつけが <The One You Love>。邦題は<恋人>。涙が出るのを こらえようと 必死に なってしまいます!



Glenn Frey - The One You Love


 解散後は もうイーグルスの復活は 不可能だといわれていましたが 無時 再結成し ニューアルバムまで作って 来日も 何度か してくれました。私は 行きませんでしたが メディアからは 伝わってくる 円熟みが増して 歌って演奏している元気な姿を見て うれしく思ったのを 思い出します。


色々を楽しませてくれ ありがとう!


御冥福をお祈りいたします。

















 












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。