ちょこっと感動日記


毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

奇跡!サッカーU23日韓戦 制して アジアの頂点へ!



 2016年1月30日 カタールのドーハ、アブドゥラー・ビン・ハリファ・スタジアムにて リオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねた大会の決勝で、6大会連続の本大会出場を決めた日本が 韓国を3-2で下し、優勝し アジア王者になることができました!お互い意地と意地のぶつかり合いで 久々の日韓戦は 本当に 感動的なゲームになりました。これほど劇的で 奇跡的な試合は そうあり得るものではありません! 


 前半の韓国は 少しのパスのミスから プレスをかけ ゴール前に迫り、日本にとって 危ない場面が 幾度とありました。クリアしたボールを奪い 、ルーズボールも たいがい韓国選手にわたり 好きなように やられているように見えました。注目選手で 一番危ないといわれていたドイツのレバークーゼンでプレーしているMF⑩ユ・ソンウが 右サイドから、そして左から 22番クォン・チャンフンに 20分 ついに決められます。日本はというと ⑪久保、⑩中島、⑫室谷が カウンター攻撃しますが シュートまで なかなかたどりつけず イライラ状態が続き 前半は 終了!


 先行逃げ切り型の日本が この大会で戦ってきた相手とは 大きく違い 明らかに 劣勢に立たされているようでした。試合前の選手、サポーターの言っていることは 韓国は 「日本戦には 韓国の実力を120%出す。」とか「日本には 絶対負けはしない!」とか まるで ボクシングの試合をするよう 敵意むき出し という感じでした。慰安婦問題のことを 持ち出してきているのを見て 違和感を感じたのは 私だけではないと思います。一方 日本側は 韓国の強さを 褒めたたえた上での アジア強者に立ち向かっていく という風に 感じました。日本の方が 冷静だった と言えるでしょう!


さて 後半は いい動きを見せていたFW⑳オナイウを代えて イラク戦勝利の立役者のMF⑦原川を投入します。中盤が うまく機能していなかったため FWを一枚減らし MFを入れるという作戦を 手倉森監督がたてます。その2分後 システムの隙をついて 韓国は FW⑱チン・ソンウクに 2点目を 決められます。作戦変更も 成果が現れず 強すぎる韓国の前に 2点の壁は 相当高かったように思います。後半 15分までは!



【サッカーU23】日本vs韓国 3-2 全ゴールハイライト リオ五輪最終予選・決勝 日韓戦 2016.01.30【サッカー日本代表】Japan×Korea AFC2016




残り時間は30分!徐々に 展開は 変わり始めます!ついに 待ってました!切り札⑯浅野拓磨が ⑧大島と交代します。それでも ピンチは ありましたが GK①櫛引のファインセーブもあり 何とか3点目は 防ぎます。そして 22分 MF21番矢島からスルーパスを受けた⑯浅野が ゴール!その一分後 その矢島が ヘディングで ゴール!!ここで ゲームは 振り出しに戻りました。韓国は スタミナ面で カタール戦でも 足が吊って 動けなくなった選手が 何人かいて 弱点だと 指摘されていた通り 35分には ⑧イ・チャンミンが 脚が吊り タンカーで 運ばれた後 交代。そして 奇跡の瞬間 36分、最終ラインの裏へフリーで抜け出した浅野がGKとの1対1のシーンで冷静なシュートをゴール右隅へ流し込み逆転!!


決勝点を決め ジャガーポーズのシーン!たまりません!
(今回も サッカーキングさんから お借りしました!申し訳ありません)


その後 冷静に対応して 危機を逃れ ついに勝利!!



 2点を入れたところで 韓国は 多分勝てると思ってしまい 気持ちとスペースの隙を作ってしまい 日本は それを見逃さず 最後まで あきらめなかったことが 今回の勝利につながったのでは ないかと 思います。日本にも 前途多難な時代があり 失敗してきたことが 活かされて 成長してきているようで 非常にうれしい勝利になったと思います。


監督いわく「こういう勝ち方ができるようになった。これからもっと鍛え上げて、安心して試合を見ていられるようなチームにしていきたいと思います」満足したら それまでなので より上をめざしていって欲しいと思います。


これからも 熱~いゲーム待ってまっせ~!!そして ジャガーポーズ、また見せてやあ!











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。