ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

大阪・淀川市民マラソン


 今週末 ついに 淀川市民マラソンです!3年ぶりの参加です!この前は 42.195kmのフルでしたが 今回は ハーフの部に 出場です!河川敷のマラソンコースは 平地のコースよりも 分かりやすく 走りやすいですが 雨の後は 砂利道が ぬかるんでいたりして 滑りやすく おまけに 風が 絶えず 海側の方から 吹いているので 少しは 計算しておかないと えらい目に合うのが 目に見えています。その辺で フル本番前のガチ練習に もってこいです!


ここ2,3年は ハーフのタイムは 散々で レース後も 走れなくなる状態になってしまったりと いいところがないので 今回の出場は 大変楽しみにして 練習してきました!


 毎回のコースは 守口をスタートして 淀川沿いを 下っていきます。太子橋今市、城北を抜け マラソン大会の時だけ 走ることができる 毛馬閘門の上を通って 淀川を 渡ります!ここを走る時は いつもこの大会に出てよかったなあ!と思いながら 通り過ぎます!何しろ 景色が 美しく 迫力満点!そして 西中島、十三と御堂筋線、阪急のガードをくぐり JRの塚本まできて 折り返します!この辺りは 幼稚園児の鼓笛隊や 吹奏楽部の演奏などがあり 多くの応援で 盛り上がります!そして 来た道を 帰っていきます!


 そして ゴール手前で なんとQちゃん(シドニー金メダリスト 高橋尚子さん)が 出迎えて ハイタッチしてくれるのです!
過去 3度やってもらいました(そのうち一回は 神戸マラソンで)が 間近でみるQちゃんは 身長は あまり高くありませんが どれほどキュートで かわいいことか!
そして どれほど ランナーを元気ずけてくれるのか!
そんな楽しみも この大会の魅力のひとつです!




 大会の時に付けるゼッケンに 希望をすれば ニックネームを 入れてもらえるのも この大会ならではで まったく知らない人からも いまちゃ~ん!がんばって!!と 声を かけられることもあり うれしい時もあります!
おっさんから がんばれよ~!!と 低い声で 応援されるのも うれしいですが 見ず知らずの若い美しい女性から 応援されると 照れますが すごく元気が出てきて よっしゃ~!がんばるでえ~!!を 思ってしまいます!

こんな幸せなことも マラソン大会では 味わえるのですね!いやいや~!!



ともあれ 5日は 天気が良く 気温が 下がるという 絶好のマラソン日和が 予想されています!今までの自己ベストは マラソンを 初めた年に この大会で出した 1:29;08で それ以来 30分を 切っていませんので 今回は 目標を 1:30切りを目指して がんばりたいなあ!と 思っています!


沿道で いまちゃ~ん!を 呼んで 元気とパワーを いただけるなら  いぇ~!
と大きな声で お返したいと思います!(笑)










追悼!トム・ペティ


 心停止により病院へ急送されたトム・ペティが、現地時間 10月2日に亡くなったことが発表されました。まだ66歳でした。


そして 延命処置を 拒否していたことが伝えられました。非常に 残念で 悲しいことですが また 本物のミュージシャンの一人が 召されてしまいました!


 トム・ペティは お国柄の違いからか 日本では それほど知名度は 高くないのですが 音楽好きの人にとっては ポップ性を しっかり持った 本物のロックンローラーであることは 間違いのない事実として 認識されていると思います!


 私は 以前に書いたことがありますが 人生の中で 一番感化されやすい年ごろに FMラジオによって 本物の音楽を たくさん教えてもらい 今でも それは続いています。その中で 初めて トム・ペティというミュージシャンに出会ったのは 当時ヒットしていた スティヴィー・ニックスとデュエットしていた<Stop Draggin' My Heart Around>という曲でした。一発で 気に入ったということではなく 徐々に好きになってくるという感じの曲でした。たぶん その頃は すぐに 理解できなかったのしょう。


 それから しばらくして 夏の期間だけの泊まりこみで 一か月間 海の家に アルバイトに行った時 私と同じように 音楽が 大好きな先輩がいて ルーツ音楽の知識や 影響を受けた音楽について 色々と 話しあった楽しい思い出があります!
その当時 売れていたのが トム・ペティ&ハートブレーカーズの<サザン・アクセント>というアルバムで そのタイトル曲を カセットテープで 聴かせてもらいました。ギンギンのロックンロールではなく しみじみとしたバラードで 何とも言えない 切なさに えらく感動し 何度も聴かせてもらったのを 思い出します!




Southern Accents - Tom Petty & The Heartbreakers


それ以来 特に 借りたり 買ったりして 聴くことはありませんでしたが ボブ・ディランの30周年記念コンサートで 歌っていた<License To Kill><Rainyday Woman>は さすがに かっこよくて よく聴いていました。ボブ・ディランとともに 昔 来日公演を 行ったことがあるそうですが 曲によっては ディランが 歌っているにかの思うほど 似ている曲があったりして いいなあ!と 思うつぼが 同じところもあります。




 トム・ペティの活動の中で 一番インパクトがあって 有名なのは ボブ・ディランジェフ・リンジョージ・ハリソンロイ・オービソンとトム・ペティの5人で作った<トラベリング・ウィルベリーズ>だと思います!2枚のアルバムを作り <Handle With Care>という大ヒット曲が 生まれています!これだけのスター4人が ロイ・オービソンの復活を 祝って集まった覆面バンドには 貫禄と頼もしさがあり その中で ボブ・ディランの隣で歌っているトム・ペティも 輝いて 見えていました。



Traveling Wilburys - Handle With Care


 先日 私が 毎週聴いているピーター・バラカンさんのDJのNHK-FMの<ウイークエンド・サンシャイン>で トム・ペティ追悼特集があり 色々な熱心なメッセージとともに 聴いていると 改めて ちゃんとアルバム単位で 聴きたいなあ!と思い いつものレンタルCD屋さんに行って 数枚借りてきました。


 聴いていると トム・ペティの歌声は ボブ・ディランのように 少しずつ しゃがれてきていて それが とてもいい感じで どれもが とても気に入ったしまいました。恥ずかしながら この年になって 少しは トム・ペティの良さが 分かり始めたような気がして 少し 大人になったような気がしました!(大人を通り過ぎて 爺さんになる 一歩手前ですが <笑>)



安らかに!
ご冥福を お祈りいたします!






 




セレッソ 初タイトルまで あと1つと2つ!

 

 
 応援しているセレッソ大阪の初タイトルまで あと一つに迫りました!ルヴァン杯の準決勝で 大阪のチーム通しの対決、ガンバ大阪対セレッソ大阪のゲームが Home&Awayであり 1戦目が 2-2。2戦目の後半のロスタイム50分、このまま3-3だと Awayでのゴール数が 上回るガンバが 勝利の場面でしたが DF木本が CKのクロスを押し込み 奇跡的は ゴールをもたらしました。


 


大阪人の私は どちらのチームもファンですが 今年は ガンバの長谷川健太監督の退任が 今季限りということもあってか 選手自体は コンディションはいいのですが チームをしては いまいちの状態で 負けが 込んできてます。ノンタイトルで 終わりそうなので その分 セレッソ大阪に 期待してしまいます!


J1では その大阪ダービーの後は ガンバは 最下位の18位の新潟に 1-0で 負けてしまい 10位と 順位を 落としてしまいました。日本代表、韓国代表に 選ばれている選手が 5人(倉田、井手口、東口、ファン・ウィジョ、オ・ジェソク)もいて 惜しいところまで行くのですが 結果は 決定不足で ゴールが割れず 破れてしまうということが 最近の ガンバだと思います。


一方 セレッソは  広島に1-0、仙台に1-4、川崎に1-5と 大量失点が続き 3連敗してしまい 順位も 6位に落としてしまいました! 固い守備を 誇ってきたユン・セレッソの崩壊かと 一瞬 思われた9月でした。がしかし セレッソも日韓代表に3人(杉本、山口、キム・ジンヒョン)も います。代表では 杉本健勇選手は ハイチ戦で 代表初ゴール! 怪我から復帰した 清武弘嗣も 出場機会を 増やしてきています。なので 明るい兆しが 徐々に広がってきているといえます。


10月に入ってから リーグ戦では 鳥栖に2-1、甲府に2-0と 2連勝して 4位までに再浮上!



 そしてもう一つ 楽しみなのが 天皇杯!10/25 準々決勝があり 大宮に2-0で 勝利しました!次の準決勝は 鹿島を PKで破った神戸との対戦が決まりました!神戸に勝って 決勝に 是非進んでほしいのが ファンの切実な願いです!




 そしてそして 初タイトルの行方ですが ルヴァンカップ決勝戦の相手は 川崎フロンターレに 決まりました!過去何度も あと一歩というところで 痛い目に 遭わされている相手に 報復する時がやってきました。といっても 現在の川崎は 2位で 小林悠や中村憲剛、車屋など ノリに乗ってる選手が ごろごろしている 強豪ですので すんなりと勝たしてくれるわけでもなく お互い苦しい戦いになると 予想します!




運命の決戦は 11月4日 埼玉です!気持ちだけ 埼玉まで すっ飛んで応援したいと 思っています!そして 勝利を信じて 祈っていたいと思います!
絶対 初タイトル奪取!!




  

ビル・エヴァンス・トリオ<Moon Beams>を聴く!


 出場するマラソン大会が 近づいているので 休日は ともかく 少しでも 走ろうと 仕事から 帰ってきてすぐに 出ていくことが多いですが 台風や雨で なかなか思うようには 時間が取れません!少しの時間でもと 夜勤明けなどは 夜11時ごろから 走る時もあります。


 この前 ふと空を見上げて 走っていると すごくきれいなお月さまが 出ていました!少しの間 眺め あまりの美しさに 少し得をした気分になります。


<月のひかり>と題された ジャズピアノの巨匠 ビル・エヴァンスが 1962年に トリオで録音した 私が好きなこの名盤のことを 走りながら思い出すことがあります。


 ビル・エヴァンスは 以前 <アット・モントルー・ジャズフェス>の時にも 書かしてもらったとおり リリカルなタッチや繊細な表現以上に そのかっこいいフレーズが
決まりまくるところに 魅力があるのが 人気の所以だと 思っています。


  そのエヴァンスが 1962年に発表したアルバムで ベースが スコット・ラファロではなく チャック・イスラエル、ドラムスは ポール・モチアンのトリオで3日間で 2枚分録音したうちの 一枚です。もう一枚の<How My Heart Sings>は ミディアム・テンポの曲ばかり 集められたのに対して こちらの<Moon Beams>はバラードやスローな曲ばかりが 集められました。なので これも以前 紹介されてもらいましたジョン・コルトレーンの<Ballad>と 肩を並べる 好アルバムとなっていて 私が 気に入っている所であります。


そして このジャケットの超美人は なんとヴェルヴェット・アンダーグランドの 妖精と言われているニコなのであります!この上向きに 写っているポーズも 計算されているようで 完成度が 高いと思います。




その中で 特に お気に入りが この曲↓↓




Polka Dots And Moonbeams - The Bill Evans Trio



<水玉と月の光>って なんて おしゃれなタイトルでしょうか!この一曲を 聴いただけで このアルバムが どんな感じのピアノトリオのアルバムなのかが 分かりそうな一曲だと思います。この曲を 聴きながら 秋のヒンヤリした空気の中 お月さんを 見ながら 団子を 食べたくなってきました(笑) 
 

<長距離記録会>に参加!

 


 雨が降りしきる10月15日 ヤンマースタジアム長居で行われた 大阪陸協長距離第一回記録会5000m走に 出場してきました。11月末のフルマラソンに向けての 前々哨戦のつもりでの参加です。今回はいつものヤンマーフィールド長居ではなく 大阪国際女子マラソンや セレッソ大阪のメインスタジアムである ヤンマースタジアム長居です。



 前回の金岡ディムライトとは 趣が違い なんと今回は 高校生が 80%を占めていました(驚)陸上競技の聖地での競技は いくら自分で 前々哨戦と 思っていても 高校生の気合の入った雰囲気の中で ええ年した おっさんが 走れることのありがたさを 感謝しつつ 気持ちが だんだんと盛り上がってきます。 



 
 男子の5000mの5組あり その5組目で 20分が 制限時間で 最終周で 20分を切っていないと 失格になります!なので 1kmを 3分台で 走らないとあきません。ここ何か月 特別に故障していることもないのですが なかなか本番に向かってのペースを つかみきれず 調子が上がってこない状態で 練習でも 3分台で走るのが厳しく 18分台のタイムを持っていますが 今回は 19分30秒と 決めました。なので 初めは いつものように 突っ込まず 3:50ぐらいでいいという作戦を たてました。



 さてスタートです。ちょうどひとつ前のレースくらいから 雨が 激しくなってきました。気温は ほんの少し寒いくらいのいい感じです!出だしは ゆっくりとスタートしました。同じクラブから 社会人が 5人が 出場していて そのうちの一人に 付いていきます!2km付近で だんだんと離されていきましたが 落ちてきたランナーを 5,6人 拾えたので まだまだ 自分では 行けると 確信しました。
 
 今回は 突っ込んでいかなかった分 余力が 残っていました。3km過ぎたころから 徐々に ペースを 上げようとしました。そして 残り1km 持っている力を ふり絞り ゴール!!


記録は 19;28 !最後に 1人だけ 抜かれてしまいましたが 雨の中 前々哨としては すごくいい感じで 走ることができて よかったと思います。いつもの大会なら 予行練習として 5000mのタイムトライアルを 2、3本していくのですが 今回は あえてせずに ここまで これたことは 少しうれしかったです!



 
 2週間後の 前哨戦は 大阪よどがわ市民マラソンのハーフ・マラソンの部に 組んでいます。思い出深い大会である よどがわハーフで 弾みを つけたいと思っています。ハーフは 過去 1度だけ 90分を 切ったことがありますが もう何年も 出していません。なので がんばりたいなあという欲も出できました。



競技場内は 大雨!



 めでたいことは 何もなかったけれど 大雨が 降っている中 健康で 元気で こうして走ることができて 競技に出ることができるありがたさを 胸に抱き これからも がんばりたいなあ!と思った一日でした!