ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

大阪が誇るギタリスト、石田長生を 偲んで ~好きなギタリスト③ 




またしても 好きなギタリストの一人が 天に召されてしまいました。


【訃報】石田長生さん名ギタリストが食道がんで闘病の末死去…享年62歳


2015年7月8日に 伝えられました。大阪が 世界に 誇る名ギタリストの石田長生(いしやん)の 早過ぎる死は 本当に残念でなりません。


 いしやんの場合は 録音されたレコードを 聴くより ライブで 観た印象が 強く残っていて CDの何倍もかっこいいです。一曲の中で ギターのフレットの高いとことから 低いところまで すべて弾きたおすというのは いしやんぐらいでしょう!(笑)いろいろなスタイルを 持った器用な人でしたが メンフィスに武者修行に 行っただけのことがあり ソウルっぽい 色気のある音が やっぱり 好きでした。


いしやんのライブを観て 思い出は いろいろと ありますが その中でも 今でも 深く印象に残っているものを 書いてみたいと思います。


 チャーといしやんとのデュオ<BA-HO> (東京のバカと大阪のアホの意)での 東京と大阪のギター名人対決では やっぱり 私は大阪の血が流れているので ブルースっぽくソウルっぽい そして 熱い いしやんの弾くギターのほうが 断ぜん好きでした。(チャーは やっぱりロックっぽくて 全国的に有名で 人気がありましたが。)ライブも 突っ込みと突っ込みの漫才のようなトークバトルも 楽しませてくれました。



 話は 古くなりますが 大阪に 花の万博 というのが ありまして その花博のテーマというのを 当時人気があった画家 黒田清太郎氏が 作詞をし いしやんが 曲にして 大阪にゆかりのあるミュージシャンが演奏し いしやんが まとめたSaka-O-Band<ほんまやね!>がありました。これは すごかったです!なんせWe Are The World の大阪版で 大阪には こんなに 素晴らしいミュージシャンが いてることを アピールした 素晴らしい曲でした。本人は 猛獣使いになった気分 と言ってましたが。(笑)これを見て 何人わかりますか?5人以上わかったら りっぱな大阪人!?


桑名正博 ほんまやね

今は 亡き 桑名正博や 中島らもの姿も 見えます。
いしやんも 楽しそうなギターが 炸裂してます。なんか懐かしいです!


この人は 人のまとめ役に よくなりますが そのおかげで できたような印象深いギタートリオが ありました。<勉強トリオ>では Withジャズギターの名人 渡辺香津美、ブルースギターの名人 山岸潤士。チック・コリアの<Spain>なんか やってました。<平成トリオ>では With有山じゅんじ木村充輝。音もトークもぼけ、ぼけ、突っ込みで 面白かったです。


平成トリオ (木村充揮 石田長生 有山じゅんじ) 放送禁止06LIVE


 次は 神戸のLIVEハウス チキンジョージで 毎年 <新春歌絵巻>という上田正樹が ホスト役になり 日替わりで ゲストを呼んで 一週間ほど行うイベントで よく観に行きました。いしやんは 上田正樹となじみ深いので(売れる前には 一緒によくキャバレーとかで 演奏し 腕を磨いたそうです) よく出演して 古いR&Bの名曲を 演奏してくれ 喜ばせてくれました。そこでも 味わい深いギターを 弾いてくれました。上田正樹が歌い いしやんが ギターを 弾いたレイ・チャールズの名曲<ハレルヤ・アイ・ラブ・ハー・ソー>は 鼻血が でるほど かっこよかったです。



 そして 一番 近いところでは 毎年5月の連休にする <春一番>という コンサートで 元気のいい 歌声を 聴かせてくれていました。大阪のミュージシャン中心に 5日間のコンサートで 数知れない名場面が 思い出されます。そのうちの一つ日本語でカバーした いしやんらしい曲が PVにありましたUPしときます。


石田長生オールスターズ??@祝春一番2008

 


忌野清志郎トリビュートも 季節がら 今でも 誰かがやりますが 清志郎の子分 三宅伸治(しんちゃん)と やったのも 心に残っています。ロッケンロールのいしやんもまた かっこよかったです。


三宅伸治BAND+石田長生「雨上がりの夜空に」@春一番2009



音楽の素晴らしさを 教えてくれて ありがとう!ご冥福を お祈りします。
 

にほんブログ村 CDレビュー


 にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

映画<グローリー/ 明日への行進>を観て! ~映画のこと①



 



 久しぶりに 映画館に足を運び キング牧師の不変の人間愛を描く映画<グローリー/ 明日への行進>を 観てきました。


 人種差別を描くことは 長い間タブー視されていて その中でもキング牧師を 描くことは きわめて難しかった(遺族の許可がでなかった)そうですが 黒人女性監督のエバ・デュバーネイは さまざまな困難な課題を乗り越え 7年の歳月をかけ 完成させました。同じように黒人差別や黒人の世界を描く<マルコムX>などを作ったスパイク・リー監督の映画のような派手さはありませんでしたが ストーリーもキャストも 映像も 音楽も 期待していた通りの 人間としてのキング牧師の偉大さと人間臭さが 伝わってくる素晴らしい映画でした。




 


  物語は 1963年にバーミングハムで起きた悲劇的な教会爆破事件から 1964年ノーベル平和賞を受賞を経て 血の日曜日事件から 1965年8月の投票権法成立までを追います。そこには どんな最悪な状態でも 常に 前に向かって 少しずつ進もうとするキング牧師の姿勢が 大変な勇気と思い 涙しました。もし 半ばで 命を落とすことになっても それが 前進につながるなら それでも構わない。私は行く。と言って 演説に向かうところは 鳥肌物でした。


 また キング牧師が ゴスペル歌手のマハリア・ジャクソンに 電話をかけて ゴスペルの唄を 歌ってもらうシーンなんかもあり なんか人間臭くて 一人の人間が 癒されているようで とても印象深くに残ってます。



映画『グローリー/明日(あす)への行進』予告編




 もし 自分が 自分の家族が 自分の人種が わけもなく差別され 選挙権も奪われ 一方的に 攻撃されたら 一体どうすればいいのか?どうすれば 良くなるのか?また それらから 守ることができるのか?また そんな事実を知らされた時 身体を張って NO!と 言えるだろうか?そんなことを 考えました。  


 
 人種差別や公民権運動に 焦点をあてた映画 <マルコムX><遠い夜明け><インビクタス>は 何か生きていくうえで いちばん大切なものを 私に 教えてくれた素晴らしい映画だと思っています。平和のために戦うというのも 一つの手ではありますが 報復が 報復を生みだせば 何の解決にもなりません。それらを 断ち切るのは 非暴力非抵抗しかないこと。それらを 実践したのが ガンジーでありキング牧師だったのです。


 色々なことを 学ばせてもらったこの映画の終わりには ジョン・レジェンド&コモンの<グローリー>で 閉められます。何を感じるかは 人それぞれ違うと思いますが 実際に 観られて 何かを感じる心を持つことが 大切じゃないかと思います。



Common, John Legend - Glory





 

大阪実業団対抗競技会 5000m走に参加して ~マラソンのこと⑦

 


 6月21日 第45回大阪実業団競技大会 男子1部壮年5000M に 参加してきました。場所は この前のヤンマースタジアムの隣にあるヤンマー・フィールド長居です。この日は 30度を 超えようかという暑い日で 走り終わった後は 全身よりの汗が しばらく止まらなかった程でした。



 先月の5000Mの記録<19:28;44>を 何とか縮ようと 短い時間内で トレーニングを この一カ月間 続けてきました。インターバル・トレーニングという練習では 3分45秒で1000m走り 400mジョグして また走り出すパターンを 5回繰り返すというものです。3本目 4本目になると 息がはあはあと荒くなり かなりしんどいです。


 それと よくやるのが 時計のストップウォッチを 60秒にセットして とにかく全力で走り 次の60秒では 軽く流して また走り出すということを 10本続けるというものです。これも とにかく しんどい練習です。高橋尚子選手を 育てた小出監督の言葉「自分を 自分で 追い詰めないと 本当の練習にはならないし 早くはならない」を いつも 頭に浮かべながら 今の自分より 早くなれるよう 思い描きながらのトレーニングします。



  そして 今回のタイムは <19:19;66>!前回の比べ 9秒弱の更新となり 公式戦での 自己ベスト記録を 更新することができました。


終わってから いつも指導を うけているコーチと監督からは 5000mなので 初めから 飛ばしまくったほうが いい。早いスピードを 出せるときに 頑張っておけ!腕のふりが いい加減!しっかりと振るように!とアドバイスを 受けました。




  次の5000mは 秋にありますが それまで 何とか 修正していき 19分10秒切を 目指したいと思います。そして 5年目にして 初めて 出場できることになった 大阪マラソンに 向かって 頑張りたいと思います。


 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


にほんブログ村

ロシアW杯アジア2次予選の初戦シンガポール戦を観て! ~サッカー②

 2018年のロシア大会に向けた第一歩となる日本の予選初戦は、6月16日のホームでのシンガポール戦の試合を 夜勤が終わってから 録画していた映像を 結果は知らずで 観ました。まさか こんな結果になるなんて!


 ハリルホジッチ監督になり 3連勝で ワンタッチで 速いパス回しができる 強力で有望な選手たちが入り シンガポールは FIFAランク 154位だし なんか行け行けムード満開だったし  今日は 8点ぐらい 得点し そのうち 宇佐美と岡崎のダブル・ハットトリックかなあ!という甘い考えでいましたが ところが どっこい ふたを開けてみれば 0-0のなんとスコアレス・ドロー。


 攻撃することが ほとんどなく 全員で守るシンガポールは ゴール前のスペースを 作らせてくれず それでも 無理やり こじ開けようと 23本のシュートうちましたが 今いち精度に欠け GKイズワン・マフブドの好セーブや シュートが ポストやバーに当たって 入らなかったりした 運のなさが ひたすら続き ずるずると 最後まで ゴールを 割ることは できませんでした。観ていて こんなにいらいらした試合も なかなかないんじゃないかと思いました。


  色々な評価を Webで拾い読みしましたが 一体原因は なんやということでは 日本は ザック時代から <真中フェチ>だというのです。こういう守りを 固めてくる相手には 縦パスを 速く回すだけでなく サイドから徐々に 守りを崩していき スペースを 作っていき 柴崎あたりが そこにくさびを 打てば ゴールできるはずというのです。この日は 2列目の本田と宇佐美が 常に真中で サイドからの パスを待っていて それでは 難しいというのであります。(素人の私からは 両サイドバックの 酒井と大田も 上がった回数は多く 機能していた様に 見えましたが)この日本の病と言われている<真中フェチ>が ハリルが 落ちいった穴だったというのです。


  そして シンガポール代表のベルント・シュタンゲ監督が 常に謙虚だったこと。前の試合のカンボジア戦で 大勝して 自信を持って 臨んできて 日本のように ヨーロッパの強豪チームに所属する選手はいなく 勝てるとは 思っていない。けれど 守りきることはできると 明言していて 初めから 引き分けで 勝ち点1 狙いだったこと。元東ドイツ、オマーン、イラク、ベラルーシと代表監督を歴任してきて 修羅場を 泥臭くくぐりぬけてきたという感じがして 監督としては 最高だったと思いました。


 これからアジアの強国と 予選を勝ち抜き 本戦に行けても もっと強い相手と 戦っていく過程で 相手の問題ではなく 初戦の引き分けは ないやろ!といったのが 正直な気持ちでした。相手国によって 戦い方を変えていったり 人間を変えていったり しなければいけない難しさは 生活や仕事の中でも よくにているんじゃないかと思います。でも あえて裏をかく方法や 弱点を 強さに変えていく何か を出さなければ これから先は ないと考えます。

 実際 弱点の一つがわかったわけだし これを フォローしていき 強みに 変えていってほしいです。これからも より日本らしさを アピールしていってほしいです。


 私の贔屓な選手、宇佐美が⑪を つけて スタメンで 本田とともに 2列目に はいってプレーくれたのは 本当にうれしかったですが これからも もっともっと進化して 本当の日本の⑪に なってくれることを 夢見ています。   




現代版Doo-Wopを歌うぽちゃカワ!メーガン・トレイナー ~音楽のこと⑫


タイトル
タイトル
アーティスト:メーガン・トレイナー
レーベル:SMJ
発売日:2015-03-04
カテゴリー:ミュージック


’わたしのぽちゃカワ宣言’ なんて なんとも バカげたタイトルを 付けられた メーガン・トレナー。どうせ その手の売り方しかできないような 新人のシンガーなのだろうと スルーしていたところ <All that base>ヒットチャートで全米1位を8週間や 他の国でも バカ売れしているというので 少し聴いてみると これが意外と 22歳というわりには はっきりした声で 味があり おまけに1950年代のヒット曲のような はもりが付いていて 新しいのに 微妙に古さを 感じさせてくれるところが なかなかよく いい感じです!Doo-Wopの影響を もろに受けていて バックの音も カッコよく決まっています。


 世界58カ国のiTunesシングル・チャートでも1位を獲得するなど世界的大ヒットとなっているデビュー曲<All that base>は 一度聴いたら頭から離れないポップでキャッチーな曲で “私は低音(=ベース)みたいにズッシリ重いの、でもそれが私の魅力よ♪”と自らのポッチャリ体型について 軽やかに歌いながらも、“みんな今のままでカンペキ!だからカラダのサイズなんて気にしなくて大丈夫!”と 歌っているようです。開き直っている(笑)態度は なかなか 潔くて 気持ちいいものです。


 体重も80キロ近くあるそうなのですが YouTubeの映像を見ていると そんなにある感じはありませんが どうでしょうか? そして いかにも 1950年代という原色の映像も 凝っていて まるで 映画<Back To The Future>を見ているような感じです!


 

 女子高生時代からプロのソングライターとして いろいろなアーティスに楽曲を提供している 作ることでも実力派で このデビュー・アルバム『タイトル』でも 全曲手がけている 実力派でもあります。聴いていて どの曲でも シングルにしてもいいなあ という つかみどころがある 曲ばかりで 聴きやすくて 素晴らしい内容だと思います。



Meghan Trainor - All About That Bass


 にほんブログ村 音楽ブログへ