ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

W杯アジア2次予選の第3戦アフガニスタン戦を観て!

 2015年9月8日 ワールドカップ アジア2次予選が行われ、日本代表は アウェーで 政情不安を理由に 隣国イランの首都テヘランでアフガニスタン代表と対戦しました。結果 ⑩香川×2、⑨岡崎×2、⑥森重、④本田が 得点し 6-0で 勝利し 待ってましたと言わんとばかりに ようやく日本らしい攻撃が出来た試合となりました。


 前回のカンボジア戦で3-0の勝利を収めたのは よかったのですが 格下相手に 34本も 放ちながら 3点のみという 不本意な結果になり 本当に 大丈夫か?と 思いましたが アフガニスタン戦では 相手のディフェンスも甘く ルーズボールも よく拾ったし ほとんど 危なげなく 0点に 抑えることができ ミドルシュート セットプレー サイドからの波状攻撃と バラエティー豊かに 6点も取ることができ 少しは ハリル監督の緊張も 緩んだんじゃないかと思いました。 


 この日 特に素晴らしかったのは ⑩香川真司で 1点目の豪快なミドルシュートでの得点は インパクトありました。ここ最近のドムトムントでも 得点したり アシストしたりと 活躍し 復調が 伝えられていたので 代表でも と 期待していたので 今日の活躍は とても 明るい方向に 向かっていく予感を感じさせてくれました。そして 目立ったのは ボランチで 運動量が豊富で 危ない所を 察知して 攻撃の芽を 即座に摘んでいた われらが大阪代表 セレッソ大阪の⑯山口蛍が すごくいい守備を 見せていたと思います。


 そして 後半24分 やっとお待ちかねの⑪宇佐美が ⑲酒井宏と チェンジで 登場します!ちょっと奇策でしたが 酒井の位置に 前線でいい活躍をしていた⑧原口を下げ 原口の位置に 宇佐美が 入りました。ゴールは なりませんでしたが 29分 右から ドリブルで 崩していった宇佐美が アシストし 本田が決め 6点目を 取ることに成功しました。試合後 自ら ゴールを ねらうことも考えたが 確実なアシストの方を選んだ とコメントして 冷静に 判断していた余裕が うかがえました。


 でも この試合でも 今のは決めてほしかった キメなあかんやろう と思うところもあり はやり多少厳しい見方をすれば これからアジアの強豪や世界の強豪と 戦っていって 勝つためには そういうところが 勝負の分かれ目になっていくのだから 確実な判断や コントロールが 重要になってくると思います。言うのは簡単で プレーしている者にとって簡単なことじゃないんですが ぜひ頑張ってほしいと思います。


 本田は なんとかノルマは達成です!と コメントしてしたようですが グランドに 人が入ってきたり 物が投げ込まれたり(今回はなかったようです!) 芝が長すぎて ボールが 流れなかったり 審判の3人が カタール人だったり(普通は 第3国を入れるのに 中東やん!)と 中東の悪コンディションの中で 何が起こるが わからないという危険な中での試合の中で 勝利をあげるのは 簡単なことじゃないと思います。


 
 その中東でのアウェー戦が 4試合も続く 異例の日程での次の試合は 10月8日に 日本58位に対して 121位の格下のシリア戦ですが E組で 今のところ1位で 破壊力もあり 苦戦が予想されるのは 間違いありません。今日のような戦い方が 通用するとは かぎりません。まずは 2次予選突破目指して 頑張れ!ハリル・ジャパン!!    



 


村上春樹「走ることについて語る時 僕の語ること」について 僕の語ること

 





「走ることについて語る時 僕の語ること」という村上春樹さんが 自身と  走ることについて 書かれた本を これからのマラソン・シーズンを 迎えるうえで 自分にとって 支柱に なれればいいなあと思い 再度 読み返しています。
 村上春樹さんは 小説家であるとともに マラソンランナーとしても 知られております。村上さんは 小説を 書くことについての多くを 走ることから学んだといいます。どれほど 自分を厳しく追い込んでいければいいのか?どれくらいが 正当な休養なのか?どれくらい 集中すればいいのか?どれくらい 自分を信用し どれくらい疑えばいいのか?などなど


 私が 今まで 漠然と思っていたことが この本には 書かれていて 全くその通りだ。と 納得してしまうことが 多く書かれています。
 走ることは 特に 仲間や相手を 必要としないし 特別な場所に行かなくていい。自分に合ったシューズと まずまずの道があれば 気が向いたときに 好きなだけ 走れる!(当たり前のことですが 一人で 自分と向き合えるのは いい時間です)
 日常において 他人と優劣を争い 勝敗を競いあうことは 求める生き方ではない。他人には他人の価値観があり それに添った生き方がある。その違いの中の 小さなすれ違いが 大きな誤解へと発展し そのせいで 心が傷つくこともある。走るという行為は ある程度 競い合うものであるが 天性的なものと努力によって いいわけがつく。(今の世の中は 全くの逆方向ですね。苦笑)
 若い時を別にして 人生には どうしても優先順位というものが 必要になってくる。時間とエネルギー、私には+お金を どのように振り分けていかなければならない。これをしっかりしておかないと 人生は焦点を欠いた メリハリのないものになってしまう。(断捨離は 必要。その分を 価値ある部分で 消化したい!)
                           などなど!




 一市民ランナーとして ここまで 克明に 赤裸々に 自分と走ることに ついて 書かれた本というのは 未だに 巡り合っていません。選手だった人や それに近い存在の人が 書かれた本 というのは いっぱいありましたが 一市民ランナーとしては 僕らと同じで ほとんど同じ扱いだということで あくまでも 考え方や思いや見方が いい表現ではないかもしれませんが 上から目線ではない のがこの本のいいところではないかと思います。



 


 ちょうど 私が 走り始めた5.6年前 Number Do というスポーツ雑誌の増刊号で 村上春樹さんのインタビューと特集が 組まれていて この本のことを知りました。使っているシューズやサプリのことや 親しみやすい質問コーナーまであり なんとなく 未知なるランニングに 楽しんで 入っていけたのではないかと思います。


 大げさですが 走るという単純な行為が 生きている上で 生活している上で どんな意味があるのか?なぜ 走らなければならないのか?学校でも 仕事場でも 友達も 誰も教えてくれないことが 自分にとって 明確になった様な気がしました。それまでの45年間で 思いもしなかったことで 運動も全く何もしていなく あらゆることに 嫌気をさしていて 生きることに おっくうになっていた自分に わずかな光があたった そんな気がしました。ちょっとした転機だったのかもしれません。


 もうこうなったら 死ぬまで 足が 立てなくなるまで 走ろうと思います。どうなるかわかりませんが。70歳代の部門で 3位で 賞をもらうのを 目標にして!村上さんは 1年に1回のフルマラソンと決められているみたいですが 私は 一年に フルは 4大会目標です。できるだけ色々なところがいいですね。笑!



にほんブログ村 本ブログへ


 


K2レコードでCDレンタルする!


 私が たまに行く CDレンタル店<K2レコード>には 在庫のCDが なんと10万枚もあるそうで 音楽のジャンルは すべて網羅していて それも なんでこんなのあるの!とか 廃番で ネットを探しても売っていない音源や 運が良ければ ねらっている最新のCDが 安価で レンタルできます。私にとっては 今では 貴重な情報源の一つになっています。


 昔は レンタル・レコード店が 大阪には 色々とありましたが 今は 大手の<TUTAYA>くらいしか 思いつかなくなってしまいました。しかし 大阪・日本橋にある でんでんタウン(東京でいうなら秋葉原?)のど真ん中に K2レコードが 数年前に 移ってきたのです。


 システムも大変 良心的で 借りれば 借りるほど 安くなるというもので 私が 借りるときは 15枚で 3600円で1週間OKというコースを 選びます。そして 5,10日に 行くと 払ったお金の 半分の額の 金券がもらえ 次回は この半額で 借りれるというわけです。そして 私が 一番好きなところは 再び お店に 返しに行かなくていいということです。無料で専用の料金後納の封筒がもらえ それに入れて ポストに 放り込むだけで OKというわけです。なので 大阪以外の人でも ちょっと遊びに来たついでに 借りて帰って PCにおとしたり CD-Rに焼いたり IPODに 入れてから すぐに ポスト投かんというのも あり というわけです。



  


 なんせ10万枚です。有名どころは もちろん すべて揃っていますし ボーナス・トラックが 入っている日本盤、日本未発表の輸入盤、ボックス物まであります。音楽の好きな人にとっては たまらない空間と思います。


 私には(ヒップホップと演歌は どうしても合いませんが!)ほとんどノンジャンルで 好きなものがあります(節操がないと よく言われます!笑)ので 気に入りそうなものを バランスよく選びます。ロック、R&B、ジャズ、日本のポップスが だいたい中心ですが ヘビメタ、クラシック、ワールドミュージック、オペラ、サントラなども たまには 借りたいのがあったりします。今回 借りた物を 少し紹介してみようと思います。。


①Bitter Sweet Soul / 有山岸 +上田正樹  
有山じゅんじと山岸潤士のアコギ・デュオの第2弾。
今回は 上田正樹が ヴォーカルで参加!いぶし銀でした!


②Push&Pull / 上田正樹
キーボーの売れる前の 初期のアルバムの初CD化。レコードは持っていましたが 久しぶりに聴こうと 借りました。


③D.N.A/ 石田長生
ブログでも 取り上げましたが いしやんの ギターとヴォーカルが聴きたくなりました。<最後の天才!>と CDがピックアップされていました!合掌!!


④Looking For The Good Life/Audy Kimura
ハワイ在中の日系3世の1983年発売のAORの名盤。
海岸で聴くと気持ち良さそうな感じのゆったりしている音楽。癖になりそうです。


⑤さとがえるコンサート/矢野顕子+Tin Pan
新作の限定のライブ盤。その昔のユーミンが まだ荒井由美だったころの凄腕の3人のバックメンバー、林立夫、細野晴臣、鈴木茂のベテランが バックを固め 安心できる納得のいく音を演奏。特に 鈴木茂のギターは いい味が にじみでてて 最高でした。もちろん あっこちゃんの声とピアノは いうことなし。国宝級の素晴らしさ!


⑥Axis;Bold As Love/The Jimi Hendrix Experience
ブログで 書かせてもらいました。やっぱり ジミヘンは このアルバムでしょうか!久しぶりに この盤を 聴きました。やっぱり最高です!


⑦Stone Free ~ Tribute to Jimi Hendrix
ジミヘンの曲を 色々な人がやっているオムニバス。その中でエリック・クラプトンが やっている <Stone Free >が とにかく最高!
他も小粒が揃っているが 原曲を超えるものはなし!


⑧State Of Mind /Raul Midon
2006年発表の 盲目のシンガーソングライター、ラウル・ミドンのデビュー作。スティーヴィー・ワンダーの生き写しとまで 書かれていたので 借りてみました。それなりに良かったが たった一枚でいろんなことを やりすぎじゃないか?と思いましたが。ダニー・ハザウェーとスティーヴィーそっくりの声が 気持ちよく、何回も聴き直してしまいました。


⑨My True Story /Aaron Neville
天性的なシルキーボイス、アーロンが幼い頃から歌ってきたドゥワップの名曲ばかりを集めたアルバム。プロデューサーは、私が好きな一人、ドン・ワズ。そしてキース・リチャーズがギターを弾いてます。  
ずっとアーロンは 追っていますが 今作のできは 特に気に入りました。やっぱり この人の唄声は ’神の声’です!


⑩⑪Love songs,The Greate American Songbook/Aretha Franklin
元祖R&B女王アレサのラヴソング集とスタンダード集。いい曲もあるんですが やっぱりシャウトするアレサが 大好きです。パンチ不足の2枚でした。


⑫⑬⑭⑮Fatback! 他3枚 /Barnard Purdie
ソウルバンドに いなくてはならない絶対的存在のドラマーの参加したアルバム4枚を 一挙に借りました。この人のドラムを聴くと 何が本物のソウルか? グルーブとは一体何か?が わかる気がします。特にアレサのライヴ盤が 有名かな?とにかく最高で気持ちよすぎ! 


とまあ 15枚分なので 毎日少しずつ 聴いております。
昔 天才ギタリスト、ライ・クーダーが 言ってました。
音楽は 宝探しに 似ている!深く掘れば 掘り起こすだけ 見つかる確率は 高くなる と。


もっともっと 掘り起こして 宝物を いっぱい見つける旅は まだまだ 続きます!


画像は k2レコードのHPから お借りしました。


興味が あれば ↓↓ を ぜひ覗いてみてください!
    http://k2records.jp/


   
 

にほんブログ村 CDレビュー


 にほんブログ村 音楽ブログへ


ディズニー映画「インサイド・ヘッド」を観て



 今回は ちょっと可愛くディズニー映画について 書かしてもらいたいと思います。私は 子どもと一緒に観る映画の中では ディズニー映画は いつも特別なものだと思っています。内容も素晴らしいし キャラクターも個性的で 完成されたものが多く 色彩的にも計算されて作られているものが多いと思います。音楽も スタンダードになるようなものが たくさんあります。それにもまして素晴らしいと思うところは 感情を表現することが絶妙で しかも わかりやすく表現しているところが 何年たってもずっと頭に残るほど しみ込んできて 子どもにも 大人にも 感動を与えてくれるんじゃないかと思っています。


 その中でも 大変人気があり コンピュータ・グラフィックスを用いたアニメーションを 得意とする<Pixar>の作ってきた<トイ・ストーリー<ファインディング・ニモ><モンスターズ・インク>は 子どもと一緒に 何回も観て 物を大切にすることや 家族を思う気持ち 仕事の厳しさなんかを 少しは わかってくれたんじゃないかと 思っています。



 そんな中 11歳になる私の次女と ディズニー(ピクサー)の新作映画「インサイド・ヘッド」に観にでかけました。主人公のライリーは 同じ11歳の女の子なので 親近感があり 思考も似たものがあると 期待しました。 


 今回の話は 人間の心の中の話。ここには ↑の画像で 左から順番に イカリ、ムカムカ、ヨロコビ、ビビリ、カナシミという感情のキャラが 登場します。


 ライリーは ミネソタの田舎町で両親の愛を一身に受けてすこやかに育ってきたが、家族で引っ越したサンフランシスコでの暮らしに馴染めず、気持ちが不安定になる。一生懸命にやってきた ホッケーの新チームにも なじめなく 何もかも 嫌になり 家出して 元のミネソタに帰ろうとする。この中での 感情の動きが ヨロコビとカナシミの冒険になって 物語が進行していきます。


 

この右側の粒々が 玉になっていて ↑ ひとつひとつが なんと記憶に なっているのです。 その人にとって どうでもいいものを 捨てたり(谷に落とす)、大切な記憶を すぐに取り出せるところに 移動したり。
そんな動きを 再現している映像は お見事としか 言いようがありませんでした。そして まったくどうでもいいような チューイングガムのCMソングも たまには 頭の中に 浮かんできたりと 頭の構造を 描いています。


 次女も 内容をよく理解してくれたし 喜んでばかりではなく 悲しんでばかりではない 時には怒り ビビったりするのが バランスのとれた感情というものだと わかってくれたと思っています。夏休みの思い出の 一つになってくれると うれしいのですが。



 


 



夏合宿!生駒ボルダーコースにて

 ここ何回かは 音楽ネタが 続きましたが 秋のマラソン大会に 向かって トレーニングは 定期的に やっています。暑いからと言って 走らなかったら いいタイムは 期待できないのです。なので 追いこまれていく感じです。でも 朝も夜も 暑いので なるべく涼しい時間を 選んではいますが それでも 汗は大量にかきます。


 この前 休日の朝 7時ころから走っていると 頭がくらくらしてきて 途中で帰ってきました。何をしてんのやろか?と 自分で思う時もありますが(笑)!


 そんな中 少しでも涼しい場所で ハードな練習を!ということで 先日 私の所属するランニングクラブで 夏合宿があり 奈良の生駒山にある 練習コース 誰が名ずけたか<生駒ボルダーコース>にて 練習会に 参加してきました。


 このボルダーコース 片道14.5キロあるそうで(10キロ地点までしか 行ったことがありませんが)結構 起伏が激しく 舗装されてはいるものの ひたすら続くで山道で かなり慣れていないと ハードに感じます。下界より 3~4度 気温が低く 湿度も まだ 耐えれることができるくらいなので この暑い夏中は 貴重な練習コースとなって 人気もあるようで 途中 かなり多くのランナーや トレイルランをしている人に すれ違いました。 



  練習の内容は 1日目が 2キロの往復×3本の12キロが メニュー。2キロ登って 2キロ下るもので 登りは我慢のしどころです。速さは 1キロ5分から6分ペース。 汗が バケツで 水をかぶったように出てくるのを 感じて 下りは とにかく 勝手にスピードが 出るので 腰を傷めないよう 気にしながら 走りました。なんとか 無事 監督とコーチに 付いていくことができました。最後は ダッシュで100×5。これをするかしないかで ここぞという時の 踏ん張ばれる力が 違うそうです。それにしても このしんどさは 一人で練習してる時では 味わえないもので やっぱり 仲間がいるので しっかりとがんばろうという気持ちが出て そこが 練習会のいいところです。


 大酒飲みが 集まっているこのクラブは 夜は 定例の飲み会があり 今年 走る予定の大会のことや 日頃 自分がやっている練習の秘策 監督 コーチの現役時代の武勇伝など 話題は豊富で 走ることで集まっているので みんなの共通の話題が多く 楽しくないわけはありません。


 席上で オーナーより このクラブのテーマ曲を 作って 忘年会で 発表するということを 宣言されました。オーナーが 作詞し それに なんと私が曲をつけて 曲を 完成させ 発表の時は オーナーが ギターを持って歌い 私が ギターで ソロを弾くことに なってしまいました。
秋は 大阪と神戸のフルマラソンが 控えているというのに。という気持ちはありますが 決まったことに対しては 頑張ろうと思いました。このことは また おいおいお伝えさせていただきます。(苦笑!)


 その日は そんなこともあり 案の定 飲み過ぎで あまり眠れず 朝を迎えてしまいました。疲れが とれない!どうしよう!


 合宿2日目は 前日より きついメニューで 4キロの往復と2キロの往復×2の16キロを 休みなしで 走るという練習です。速さは 5分半から5分ペース。初めから 調子は まずまずで 余力を 残して 走っていましたが 12キロ地点の給水の時に あまりにも のどが渇いていたので 多くの水分を 含んでいるときに ラストの登りのダッシュに 付いていけずに とうとう 離脱してしまいました。それでも 最後まで 走り切りゴール。温泉につかり 筋肉を癒し 帰ってきました。


 今年で 参加するのは 3回目ですが 少しでも このしんどい思いが 身についていて欲しいし 無意味にはしたくないと思いました。
さあ この連日38度の中 熱中症に ならないように 頑張ろうか!
やっぱり 今日は 走るの やめとこかなあ!(笑)


 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村