ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

ジョン・レノン55回忌に 思うこと!

 



 もうすぐ2015年12月8日です。1940年生まれのジョン・レノンが もし生きていたら 今年で75歳。あの いたたましい事件により この世を去って 35年が 過ぎようとしています。今回は 私の拙い文章で申し訳ないですが ジョンのことを 書こうと思います。


 もちろん ジョンとは 一度も会ったことは ありませんし 見たこともありません。こちらが 音楽を通して 勝手に 好きになっただけです。でも 私にとっては 学校の親友より 親友だと思っておりましたし 人生の師と 考えておりました。人間の弱い部分、ちょっと恥ずかしい部分、愛に対する考え方や理想など 思春期の悩みに ジョンの言っていた言葉に 少なからず 影響を 受け続けてきました。


 前々回のビートルズでも 書きましたが 中学2年の時からビートルズを 聴き始めて その年の12月に亡くなってしまいました。亡くなる少し前に 発売された<ダブル・ファンタジー>というアルバムが 生前の最後のアルバムになりましたが 私にとっては 初めて買ったジョンのレコードになりました。FMからは その中からシングルカットされた<スターティング・オーヴァー> 仏壇に置いてあるリン(チンと鳴らす鐘)で 始まるのは 何か お経のような気がしました。(平和の鐘というらしいのですが)新作なのに 古い曲みたいやなあ!でも なんて温かい声なんだろう!かっこいいなあ!と思ったのが 第一印象です。



John Lennon - Starting Over




 
 その<ダブル・ファンタジー>は 約5年ぶりのアルバムで ジョンが 主夫として オノ・ヨーコとの子どもショーンを 育てている時 ショーンが 近所でアニメ映画<イエローサブマリン>を見て ’パパって ビートルズだったの?’と 聞かれたのが 作ろうと思ったきっかけだといわれております。


 そのアルバムには ちょうどジョンとヨーコが歌う曲が 交互に入っていて どうもヨーコの曲には ついていけず ジョンの曲ばかりを テープに録音し 聴いてました。今では 通して聴きますが 当時は ヨーコの あなた~ 抱いて~ ううむ~ が 嫌でたまりませんでした(笑! NHK-FMでは この曲だけ カットして 流していましたっけ!)。が ジョンの歌う<Woman>< Beautiful Boy>< Whathing The Wheels><Dear Yoko>という 素晴らしい曲に 巡り合えました。


(私の家には この写真のポスターが 今でも 貼ってあります)


 当時は 正直言って 自分の息子に対してならともかく 奥さんに対して 歌うラブソングは 恥ずかしくて 信じられない気持ちがしましたし 女性に対するメッセージも まだ よくわからなかったと 思います。


 それ以後 色々なジョンの曲に 接していくと 神とは概念でしかない!(God)とか 世界を変えたいさ でも破壊はごめんだぜ!(レボリュション)、愛は 愛されたいと欲すること(Love),女は世界の奴隷か!なんとかしろ!(同タイトル)、君が考えていることを みんなも 考えていれば 一つになれる(イマジン)などと 強烈なインパクトがある曲は  年をおうごとに だんだんと 理解できるようになり 年月がたっても 失われることがなく ますます冴えてくるような感じがしています。



 ジョンが 何を言っても 世界中の話題になる事を 反対に利用して ヨーコとベット・インと呼ばれた 反戦平和運動をし アメリカからは 危険分子ということで 睨まれます。たった二人で アメリカという国と 戦った姿は 映画にもなっています。私にとってのジョンは 曲だけではなく 一人の 人間としてのヒーローであり 憧れでも あります。


 ビートルズに関するもの 残された音源 物や絵などジョンに関するものは 数多く世に出され 内面的なものも 色々と知ることができるようになりました。オークションでも ギターなどが 出品され 高価で 取引されているようです。ビートルズで 育ってきた世代の人たちが ジョン・レノンというイギリスの片田舎で生まれた一人の生意気な人間を 今でも 愛し続けられている証といえましょうか! ジョンの言うことが 群衆に 多大な影響を 与えましたが ジョンの死は これからのことは 自分たちで 考えろ!との メッセージなんだという人もいます。


 ♪12月になると 思い出したかのように 町中に ジョンの声♪という曲が 昔ありましたが <Happy X'mas>を 聴いて 少しでも ジョン・レノンのことを 思いだし 平和のありがたさを 胸に思い浮かべたいと思います。




(ジョンの曲を 一曲 絞られなかったので ジョン・レノンに捧げた エルトン・ジョンの曲を 紹介いたします。今 ちょうど 日本公演で来日中だと思います。何度聴いても 涙を 誘います。)




Elton John - Empty Garden official(Song for John Lennon)




 


 


 



   







 

CDレビュー


にほんブログ村 音楽ブログへ


神戸マラソン。50歳の挑戦とありがとう!


2015年11月15日 第五回 神戸マラソンがあり 参加してきました。前々日より ずっと雨が降っていましたが スタートの2時間前になると 奇跡のように 雨が止み 青空が広がってきました。


大きな大会は だいたい半年前より 抽選があり エントリー出来るのですが 今回で 3回目の出場することができて うれしさで いっぱいです。なんせ あの阪神淡路大震災から 丸20年 壊滅的な被害を受けた街を 走ることができるのですから。被災で苦労された方からの応援は 本当に 響いてきます。自分も 頑張らなくっちゃ!と。



ランナーに あらかじめ配られた 黄色いてぶくろを 復興の象徴 ひまわり をイメージして 空に掲げるセレモニーが スタート前に 行われた。写真は 神戸新聞の号外から お借りしましたが 参加していて 壮大なものがあり まずは ここで感動しました。そして 犠牲者の方々に 黙とうを捧げました。






神戸出身の藤原紀香さんと 有森裕子さんも 応援に駆けつけてくれました。有森さんの元気すぎる声援には いつも励まされます。


スタート1時間前では 整列の前に アップして 身体を 温めます。神戸市役所前のフラワーロードにて。





スタート前の風景。ビニールをかぶって 雨や寒さをしのいでいます。






さて スタートです。3週間前の大阪マラソンで走った身体の状態が 回復していないまま 一体どこまで 走ることができるのか?大阪の時みたいに 足全体が 吊ってしまわないように どうしたら走れるのか?そして 今回の目標としている 3時間20分は 切れるのだろうか?と 色々な思惑がありますが とりあえずスタートしました。



 前回の大阪マラソンでは スタートから 飛ばして 失速してしまいましたが 今回は 落ち着いて ゆっくりのペースで 始めました。神戸で一番の繁華街 元町を通り 鉄人28号のモニュメントがある震災の象徴の町 長田を抜けて 須磨に入り 美しい海沿いを通り 塩屋 垂水(この辺は 応援が すごかった!)を 通り 明石海峡大橋のたもとで 折り返し(18キロ)、再び海岸沿いを通り 須磨水族園(27キロ)を 通ります。この少し前まで 少し前に 風船を2つつけている3時間15分のペースメーカーが 走っていて 出来るだけ付いていこうと 考えていましたが 脆くもくずれてしまい まかれてしまいました。


 過去2回 このコースを 走りましたが ここまでは 調子は いいのです。今回もそうでした。ここから 徐々にペースは乱れ始め 足が 重くなってきます。そして 魔の30キロ台。ノエビア球場和田岬駅を通り 足も上がらなくなり ふくらはぎも ぴくぴくしてきます。34キロに 神戸市役所で働いている親戚の子が待っていてくれると聞いていて 無事に会え 応援をもらい 少し元気を 取り戻します。


 そして モザイクでの イベント応援を過ぎて すぐに 最大の難所 神戸大橋のバイパスが待っています。急な登り坂では 歩いているランナーや 立ち止まってストレッチしているランナーを 横目で見ながら ポートアイランドに渡る素晴らしい景色を 眺めながら 無心で走りました。ここを 越えると 気分は楽になりましたが 足が 思うように 動きません。後もう少しです。38キロ地点になり あと4キロ弱。自分だけでなく 同様に 走っているランナーも すごく苦しそうです。


 もうすでに 持っているサプリは すべて使い果たし 後は 気合いのみの勝負となりました。もう脚の感覚は ほとんどない状態です。それでもその時に残っている力を すべて使いきり 最後の直線でダッシュ!そして ついに ゴール!!感動して 涙を流す力さえ 残ってていませんでした(笑)タオルを 背中に かけてもらい 完走メダルを 首にかけてもらいました。


 結果は 自己新記録の更新の 3時間19分47秒!ギリギリの目標達成できました!!


 大阪マラソンの時に痛めた腰が 治りきっていないままで ほとんど練習もできないままでの出場となり 不安だらけでした。足吊り対策 気温は 思ったより高かったので 給水は 常に 2カップ取る様にして しのぎました。なので 今回は 最後まで 足が吊って 動けなくなってしまったということはありませんでした。ホッと一安心です。終わってから思えば 少し自信につながったんではないかと思います。関係者 ボランティアの方々 応援してくださった方に そして 一緒に 神戸の道を 走ったランナーの方々、本当に感謝します!ありがとう!そして お疲れ様でした! 


 50歳の挑戦の一つ目は 無時 20分切を達成することに成功しました。ここで 喜んでばかりではいられません。次の目標に 向かって また 走りだします。がんばれ みんな!がんばれ 自分!








音楽の教科書 ビートルズ!

 


 自分とビートルズが 最初に結びついたのは 中学2年の時。勉強を教えてもらっていた 大学生の兄さんが 休憩時間に 歌詞を 見せながら 聴かせてもらった<Yesterday>でした。歌詞もさることながら 切なくて寂しい、でもかっこいいなあ!を 思ったのを 思い出します。


 それまで 歌謡曲が好きで お気に入りの ドーナッツ盤を 買ったりして 聴いていましたが その頃から 日本語よりも英語の曲に 憧れるようになり FMラジオから エアチェック(曲をカセットテープに録音)して 聴いたりしていました。当時流行っていた ロッド・スチュワート、ビリー・ジョエルなどが お気に入りでした。そんな中で 初めて ビートルズの曲を聴き ヒット曲同様に 聴き始めました。



 当時 近所に 脱サラしたおっちゃんが 夫婦で やっている小さなレコード店があり そこで 推薦され 初めて<ビートルズ・バラッド> という編集物のLPを 買いました。<Yesterday>から始まって <Let It Be>で終わる20曲です。もちろん<Hey Jude>や<The Long And Winding Road>などが入っていました。ほぼ毎日 聴いて レコード盤が つるつるするほど すり減りました。



 それから20年たち 時代は変わり CDになり 2000年には ヒットチャートで1位になった曲ばかり27曲を 集めた<The Beatles 1>というCDは 発売されました。


 さらに 今月 このCDが SHM-CDになり リミックスが施され 映像付きで 発売されました。星の数ほど 世界中にいる もしくは いた バンドの中で 解散して45年も たつバンドが このような形で 後世に 伝えられていくというのは 音楽ファンのとっても とてもうれしく思いますが。反面 それ以上が 出てこないのは 悲しい限りです。 


 数年前に 全オルジナル・アルバムが 紙ジャケット化され ステレオとモノラルのセットが 発売された時は さすがに買ってしまいました。レコードを聴いていた時よりも 一つ一つの音が クリアになり 迫力が あるものでした。プロデューサーのジョージ・マーティンが言うには 「スタジオで演奏していた時の 生の音に近い音」。ポールのベース、リンゴのドラムのシンプルな演奏 ジョンのリズム、ジョージのリフと そして ヴォーカルと はもり。どれをとっても クリアで 迫力もあるものでした。


  これで 充分満足なので 今回の<The Beatles 1>は 買いませんが もし 買って聴かれた方がいれば 感想を 聴かせてもらえたら うれしいです!(笑)



 今 聴きながら この文章を 書いているのは Bookoffで 500円で買った 旧バージョンの<The Beatles 1>ですが ポップな曲を多く作ってきた ポールの曲ばっかりやなあと思いつつ ジョン派の私にとって これだけやないんやでえ と 独り言を言いながら 万人に受けるのは やっぱりポールやなあと 納得しています。


 世界最高のロックバンド、ビートルズの曲には もっともっといっぱい いい曲があり カバーされているものにも 腐るほど いいものがあります。やっぱり ビートルズは ロックの教科書、いや 音楽の教科書 であることは 多分 変らないでしょうね!








にほんブログ村 音楽ブログへ


カズオ・イシグロ『夜想曲集』を 読んで!

 
 


 以前 カズオ・イシグロさんと村上春樹さんとの対談を 何かで読んで どこか村上さんと 似た雰囲気がありそうに思てきて 興味を持ち 初めて読んだのが 長編小説『わたしを離さないで』(2005)でした。全く 何の予備知識もないまま ページを開いて 初めのうちは 何のことについて 話が進んでいっているのか よくわからなかったのですが 段々と 進むにつれ わかりかけてきて 現実という限られた枠の中でしか 生きていけないことが 悲しくも わかったような気分にさせてくれたものでした。 そして 人間描写が素晴らしい作家やなあと思いました。


 そのカズオ・イシグロさんの初めての短編集『夜想曲集』が 音楽をテーマに5編収録されているものがあると知り 早速 読んでみました。副題が <音楽と夕暮れをめぐる五つの物語>。 原題は<Nocturnes>なので クラシックにまつわる物語と思いきや 音楽がらみのユーモアがあって 時には 笑わせてくれる男女の物語で 5編とも 印象深い面白い物語でありました。


<老歌手>では、ベネチアのゴンゴラの上から ビッグネームの歌手トニー・ガードナー(トニー・ベネットを 思い浮かべましたが。)が 不仲の妻(美人)に 歌を捧げる話で 伴奏のため 一晩雇われたギター弾きが 語る物語。トニーの人間臭さが とてもよかったです。


<降っても晴れても> 断ることができない ダメ男が 介入する 不仲な友人夫婦の修復に 一役買う話で 馬鹿さ加減が 何とも面白いです。


<モーパンヒルズ>片田舎にやってきた ギター弾きの青年が 巡業で 旅をしている奇妙な夫婦と出会い 励まされる話。ちぐはぐさが 実際によくありそうなので 笑ってしまいました。


<夜想曲>才能あるサックス・プレーヤーが 売れないのは 顔のためだと マネージャーに言われ 整形する。その入院さきの病院で 同様に入院しているセレブより 招待を受け 夜の散歩に出かけるという話。くだらないと思いつつ 親しくなっておけば 恩恵があるかも と期待する せこい思いと交錯する。駆け引きが 面白かったです。このセレブが 初めの<老歌手>の妻で 価値観のずれが おかしいです!


<チェロリスト>若くて有能なチェロリストが 演奏しない女性チェロリストと出会い 奇妙なレッスンを 受けることになる。そして 衝撃の告白をされる物語。


と まあこんな風ですが フランス映画を 観ているような感覚で 生活のごく一部を 切り取ったものが 意味することとか 何かの教訓が隠されているのとかは 全く感じられず 短編小説のいいところが ちりばめられている一冊ではなかったかと思いました。


 カズオ・イシグロさんの 1989年発表の『日の名残り』は イギリス文学の最高峰ブッカー賞に 輝いている作品で 次に 読んでみたいリストに 入れときました。


私が 最近 気にいった本の一冊でした。  


 


 

名盤<お城のビル・エヴァンス>を聴いて!


  今回は ジャズの話で ジャズピアノの最高峰 ビル・エヴァンスを 取り上げたいと思います。
 1980年に 亡くなるまでの51年間に 数多くの作品を残してきました。その中でも 私が 特に好きなのが この<Bill Evans At The Montreux Jazz Festival>という名盤中の名盤と言われている1968年録音のライブ盤で 俗に <お城のエヴァンス>として親しまれております。


 このジャケットは スイスのモントルーにある 古いお城ということで 一瞬 薄気味悪い建物やなあ!と 思いますが 気にしない!気にしない!ひとやすみ!ひとやすみ!(笑)ジャケ買いは まずないしょうが?!


 スイスで今でも 毎年行われている 世界有数のジャズ・フェスティヴァルの中で 会場となったナイト・クラブのカジノ・ドュ・モントゥルーでの録音で 音響効果の素晴らしい会場だったのも幸いし 最高にかっこいいパフォーマンスを 収録された録音として ビル・エヴァンスの代表作の一枚となっております。


 メンバーは、ビル・エヴァンス (p)、 エディ・ゴメス (b) 、ジャック・ディジョネット (ds)のトリオ。冒頭 アナウンスで フランス語で メンバーが 紹介されたあと <One for Helen>が 始まります。このMCが ないと 聴いた気がしないと 言われるほど インパクトがあり いい感じです。<A Sleepin' Bee>、マイルスの<Nardis>と続き 私が 一番気に入っている ソロによる<I loves you Porgy>、これもマイルスで有名で 激しい<Someday My Prince Will Come>、ラストは、<Quiet Now>で 幕が 閉じられます。


 私が持っている 中山康樹さんの「ジャズの名盤入門」という本の中で エヴァンスの魅力は リリカルなタッチや繊細な表現以上に そのかっこいいフレーズにある!しかも 独特のタイム感がある。と言っています。黒人のノリとは 少し違い 白人特有のタイム感みたいなもんが 私にとっても かっこいいと思います。リリカルな感じの中 常に 説得力があり フレーズが 決まりまくる そんなかっこよさも 私は 大好きです。


 もちろん この番と並んで名盤と言われている<ワルツ・フォー・デビー>や <Moonbeam>も同じことが 言えると思います。ギターリスト、ジム・ホールとのデュオ作品<Undercurrent>は 何度聴いても ぞくぞくさせてくれます。


Bill Evans Trio - Porgy (I Loves You, Porgy)






にほんブログ村 へ