ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

ブコウスキーの<詩人と女たち>を読んで  ~本のこと⑥


詩人と女たち (河出文庫)
詩人と女たち (河出文庫)
著者:チャールズ ブコウスキー
出版社:河出書房新社
カテゴリー:本

 
 


 チャールズ・ブコウスキーは この小説<詩人と女たち>の主人公 チナスキーを 自らの分身としてとしていて 女たちと過ごした 7,8年の歴史を ほぼ自伝的に 描いた作品だといわれています。50歳 体重120キロ 臭い息を吐き ビールばかり飲み 競馬が好きで 女が好き セックスが好き 自堕落で 情けなく だらしなく 本当に どうしようにもない人間として登場させ、そこへ これでもか というくらい女が 集まってきます。


 なんたる 御馳走!!それも みんな彼の筆が描き出す チナスキー像に 魅せられてやってきます。アメリカ中から カナダから ドイツから。みんな若く 美しく 魅力的で セクシーな女性が 次々と現れ ファックされていく ということが ごくごく自然な 成り行きのごとく 物語が進んでいきます。というか そればっかりで めちゃ知的なエロ小説 という気がしてきます(笑)


 その性的な描写は 読んでいて 本当に生々しいのですが いやらしくはあまり感じません。笑ってしまう時もありましたが 読んだ後味は良く すっきりしていて 開放感 爽快感すら ありました。訳者のフォークシンガーでもある中川五郎さんが言うには ここまで 素直に「女たち」に対する「男心」が 書き記された物語は まずないのではないか と言っています。


 
 チナスキーのこと うらやましいなあ とは思いますが 体力的に 絶対無理やなあ と 真っ先に思い浮かべますが...(笑) 何か 生活している中で うまくいかない状況に 陥ってしまったり いろいろと考えてしまう自分が 嫌になった時 読んでみると 悩んでいることが 小さく感じ より感動できる小説かもしれませんね!そんな気がします(笑)
 


 老舗ロックバンド、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが 若かった頃 歌手や女優を いろいろと 噂があったことがありますが チナスキーをミックに 置き換えて 想像すれば 面白いかもしれませんね(笑)ぜひ 死ぬまでに 自叙伝を 書いてほしいものです。


 これも 私が 勝手に思っているのですが ジャック・ケルアックの小説<オン・ザ・ロード>の世界と 酔いどれピアノ詩人 トム・ウエイツが 描く唄の世界の 3点セットで 別の次元に 連れて行ってくれるものと思っています。酒、ピアノ、酔っ払い、あばずれ女、のくでなし、ブルース、叶わぬ夢、つかぬ間の幸せ(ボキャの貧しさが わかってしまいますが...)そんなものが 頭に浮かんできます。


こんなことを 考えていたら酔いどれトムの唄が 聴きたくなってきました!!というわけで<ピアノが酔っちまった!俺じゃないよ!>という曲を どうぞ!


Tom Waits - The Piano Has Been Drinking



 

にほんブログ村 本ブログへ


にほんブログ村

マラソンのこと⑥ ~関西実業団競技会


 2015年5月23日 有給休暇を取って 第59回関西実業団陸上競技選手権大会 マスターの部 男子35歳以上 5000M(オープン)に 参加してきました。フルマラソンやハーフマラソンがない この時期に 陸上連盟が主催するトラック・レースに 可能な限り参加して 秋のフルマラソンの土台作りとして 中距離で どこまで タイムがあげられるかが 大きく関係してくるので 手抜きができないガチ勝負です。



 この日は 男女同時スタートで 男子28名、女子6名の34名。私が所属するランニングチーム<ランスポットRC>では 5人で出場しました。5000Mは 400メートルのトラックを 12周半 周るもので なかなか 思ったようにはなりません。私は だいたい 先行飛び出しで 2000mまでは 調子がいいのですが そこから 4000mまでは 地獄の苦しみが 襲ってきて なんで こんなしんどい目して 走ってるんやろう!と いつも 悪魔が 囁きかけられます。そこを なんとか踏ん張れば もう少しで ゴール!おいしいビールが 飲めるぞ!と 天使が 話しかけてきて 元気が出てきます。 



 自己新だった 3月の猪名川マラソンの記録に 9秒 及ばず 19分28秒44で 15位という結果に終わりました。18分台を 狙っている私にとって まだまだ 壁は 高いようです。来月も 5000mに エントリーしているので 練習をつめて 壁をこえるぞお!!~っと!


この大きな長居スタジアムで 出させてもらうのは 走るのが 好きな人にとっては 聖地なので 気持ちよく感動的です。大会のプログラムには 大会&日本記録保持者 福士加代子の名があったり 野口みずきもありました。福士の記録は 14分52秒!さすがに トラックの女王と呼ばれただけあります。





 また 長居スタジアムは サッカーJ2のセレッソ大阪の本拠地で 2002年には ワールドカップ日韓開催で イングランドVSナイジェリアが 戦った場所でもあり その時の ユニホームが 飾られています。ベッカムオーウェンの中に 日本vsチュニジア戦で ゴールを決めた われらのモリシ(セレッソ大阪のスター 森島寛晃)も しっかりと あるところが うれしい限りです。




 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


にほんブログ村

音楽のこと⑨  ~Amy Winehouse


Back to Black
Back to Black
アーティスト:Amy Winehouse
レーベル:Republic
発売日:2007-03-13
カテゴリー:ミュージック


 彼女の歌声を 初めて聴いたとき 一目惚れならぬ 一聴き惚れしてしまいました。ビリー・ホリディアレサ・フランクリンサラ・ヴォーンが 頭に浮かんできました。誰や これ歌ってんのん?渋すぎるやん!!と。 調べた結果 エイミー・ワインハウスという英国出身のシンガーで あることが判明し 自分の中で 度肝を抜かされたのを 思い出します。まだ20歳代というのに とことん泥臭い声で こんな歌い方する人が いたなんて 本当に驚きでした。


今作である 私が大好きな06年発表の2ndアルバム<バック・トゥ・ブラック>では、人気者DJかつプロデューサー、マーク・ロンソンが参加してます。<Rehab>とか<You Know I'm No Good>を 聴いていると 古いのか新しいのか そんなことは どうでもよくなり とことん素晴らしさが 身にしみてきます。もう一人のプロデューサー、サラーム・レミも レトロっぽくて いい感じです。マーク・ロンソンの音には 明らかに Motownの名曲から ぱくってますという曲が いくつかあり ギターのリフと、ベースライン、ドラムのタイミング、ホーンセクションの のりの良さ、かっこよさ そして エイミーの歌声と どれをとっても、60年代のソウル・ミュージックの全盛期の最高にかっこいい音づくりの再現で とてもじゃないけど 2000年代の音じゃないという 凄みがあります。


  これも 少し前に 読んだ<エイミー・ワインハウス、ディーヴァの憂鬱>というエイミーの伝記本には 10代の頃から 歌手に憧れて努力してきて 英国でブレイクし 2008年には このアルバムで 米国でも グラミー賞5部門受賞の快挙を達成するまでのストーリーが 綴られています。いつも アルコール依存やドラックのおかげで 浮き沈みの 激しい生き方で 発言も ストレートすぎてバッシングに合うことも 多くありました。政治的な発言をしていたU2のボノに対して「黙れ!知ったことか!」と 新人の音楽家が 発言したりしました。旦那のフランクとの関係などでも 決して 順風満帆には いかなかったようです。
 


 そんな彼女も 2011年に 27歳という若さで まだまだこれからという時に 亡くなってしまいます。死因は やはり薬物中毒やアルコール依存症と言われています。1970年に 亡くなった早熟のブルース・シンガー、ジャニス・ジョプリンも27歳だったというのは 悲しすぎる偶然かもしれません。もうエイミーの新作を 聴くことは できませんが 残された音源を これからも 胸に刻み込んで 聴いていきたいと思いました。合掌!!


Amy Winehouse - Valerie - Live HD


この曲も マーク・ロンソンとの作品ですが 邦楽洋楽 問わず ヒット曲のパターンの一つになっている ベース&リズム・パターンのひとつ(アメリカ・デトロイトで 1960年台から ブレイクし始めた モータウン・ミュージックを 作っていたスタジオ・ミュージシャン、ジェイムス・ジェイマーソンの ブンブンベースと言われています。)を 使っていて 見事としか言いようがないくらい はまっています。


CDレヴュー; にほんブログ村 CDレビュー

音楽; にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

本のこと⑤  ~ 森絵都

ラン
ラン
著者:森 絵都
出版社:理論社
発売日:2012-02-25
カテゴリー:本

 森絵都さんの本を 今回初めて読みました。ランニングの雑誌とかで 走るための本 として取り上げてられていたのと 角田光代さんの 本の紹介する本<私たちには物語がある>で 取り上げられていた<ラン>という小説です。400ページ弱。タイトルどおり きっと 自分と共通する部分が あるのではないかな! とか なんか 自分にも あてはまるような いいアイデアは ないものかと 期待しました。


 主人公の 環は 13歳の時に 両親、弟を 交通事故で 亡くしてしまい そのあと 引き取ってもらったおばさんまで亡くしてしまう。天涯孤独。ある日 死んだ人の世界に通じる道を発見し そこで暮らしている家族に会う。そこには 生きて暮らしていた時より 温かい雰囲気の家族があったのです。


 その世界へは ロードバイクで行っていたが 使えなくなるというので 考えたのが 走って行くということ。しかも40キロ。それがもとで ジョギングを はじめるようになる。初めは 5分間走るだけで ダウンしていたところ 続けていくうちに だんだんと 走れるようになってきたある日 ランニングクラブに スカウトされ 40キロを 走り切る近道だと考え 入部する。そのクラブは リーダーのドコロさんを除いて 全員 個性の強いずぶの素人軍団であったが フルマラソン完走を 目指して 猛練習を 開始する。10月の久米島マラソンまで 後6カ月。果たして 環は 完走できるのか!家族は どうなるのか?といったあらすじです。


 現実の生活も どこか投げやりで 未来展望も持たないままの環は 走ることによって 徐々に 前向きになっていくのが この物語の面白いところの一つです。そして マラソンという競技は 結局 自分との戦いで 孤独なスポーツであるということを再認識させられます。「仲間と一緒にいると 一瞬 自分が孤独ではないという錯覚を 起こすが 別れた後 また 孤独が 襲ってきて より一層 落ち込んでしまう。なので 仲間は 好きでない」というくだりが すごく森絵都さんは すごいことを書くなあと 感動しました。


 私もランニングクラブに 入れさせてもらって3年になります。全員で 30人弱のチームで メンバーは よく入れ替わり 中途半端では なかなか続きません。タイムが 近い者同士は 経験、性別に関係なく 常にライバルなんですね! そのライバルがいるからこそ 自分を 奮い立たせ より頑張れる。そして 最後には 励ましあう。そういう実体験が元で 読んでいても ドコロさん率いるこのチームも とても おもしろかっったです。


  森絵都さんの直木賞受賞作<風に舞い上がるビニールシート>を 借りてきて 次の次ぐらいに 読もうと思っています。しばらくは 森絵都ワールドに 浸ってみようと思います。


にほんブログ村 本ブログへ


にほんブログ村

好きなギタリスト② ~ B.B.King




 またしても ブルース界の大物が 天に召されました。それも ブルースの王様, B,B,キングです。2015年5月15日に発表されました。89歳。20年以上患っていた糖尿病による脱水症のため4月上旬に緊急入院した後 自宅で療養していたということです。


 King Of Blues と呼ばれて70余年。アメリカ・ミシシッピで生まれ 他の多くの貧しい黒人同様 綿花畑で働き メンフィスに 移ってからは ギターを習い 地元局のDJになります。それから ギタリストとして シンガーとして 頭角を現してきます。その後の活躍は 白人、黒人問わず 多くのミュージシャンに影響を与え ロックの殿堂 ブルースの殿堂も果たし 好きな歴代ギタリスト3位にも 選ばれています。  


 ブルース・ギタリストは 少し聴くと すぐにわかってしまう個性的な人が多い中 BBキングも 例外でなく 一音聴いただけで すぐに わかる超個性的な音です。これは トレードマークである ギブソンES335というギター(ギターにも ニックネームが 付けられていて ’ルシール’といいます)に エフェクター類は 一切使わず アンプの高音も低音も 全て 最高にする設定で 独特のヴィブラートやチョーキングを多用し コード弾きやスライドは 一切やらないというスタイルであります。まるで 歌っているように弾くのが 多分 一番のBBキングの持ち味じゃないかと思います。


B. B. King - The Thrill Is Gone (Live at Montreux 1993)



 ブルースの魅力に取りつかれて以来 BBキングのライブに 3回 足を 運んだことがあります。今はなき 大阪ブルーノートでは 何と最前列のど真ん中で見ました。入ってくる時には 握手をしてもらいました。小学校の時 使っていたグローブを 思い出しました。ごつごつした温かい手でした。その時 黒人特有の体臭を ブルースの匂いだと 思ったのは 忘れられない思い出です。バンドは ツインドラムで ホーンも3本入っていて 分厚いバンドで 歌うBBキング、本物のブルースを見た感じがして 超カッコよかったです。<Thrill Is Gone>は もちろんのこと,<Please Love Me><Sweet Little Angel>、BBからすれば 子供のようなエリック・クラプトンともやっていた<Rock Me Baby>などのオンパレードで 楽しませてくれた夜でした。


 CDは ギタリストなら 誰もが影響を受けている60年代の名盤<Live At Leagal>。シカゴにあるリーガル・シアターでの ライヴ・アルバムですが ギターと歌、バンド、会場の雰囲気や声援、全てが いってます!!


ライヴ・アット・ザ・リーガル
ライヴ・アット・ザ・リーガル
アーティスト:B.B.キング
レーベル:MCAビクター
発売日:1992-11-21
カテゴリー:ミュージック



 
これからは 天国で フレディ・キングアルバート・キングとの ブルースの3大キングで 怒号のセッションすることでしょう!ご冥福をお祈りいたします。そして ありがとう!


 



音楽; 

にほんブログ村 音楽ブログへ


にほんブログ村