ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

宮本輝『にぎやかな天地』を読んで!


 大好きな作家のひとりである宮本輝さんの作品『にぎやかな天地』を 図書館で 借りてきて 久しぶりに 読んでみました。輝さんとは 私が 23歳の時 私の親父から 薦められた短編集『幻の光』から 始まって 約30年の付き合いです。私にとって 宮本さんの作品は 常に 生きることへの勇気を 与えてくれ、人として こうあるべきだ ということが 楽しく教えてくれ 人間勉強の小説と言ってもいいくらいで いきいきと 人間が描かれているのも魅力です。


 20歳代の頃に 輝さんの作品ばかり 読んでいた時期があり 講演会にも 2回 足を運んだほどの はまりようでした。その頃 読んだ一冊に 輝さんが 影響を受けた32作品の名作小説を 紹介するエッセー『本をつんだ小舟』があり より感化され そのうちの半分くらいの小説も 読破したりしました。サマセット・モーム『雨』、大岡昇平『野火』、ツルゲーネフ『初恋』、水上勉『飢餓海峡』、カミュ『異邦人』、チューコフ『恋について』、ドストエフスキー『貧しき人々』、宇野千代『おはん』、そして 井上靖『あすなろ物語』、、、、今でも 印象に残っている 私にとっても 大好きな小説群です。


 私の 面白いか 面白くないか の判断基準は たぶん 輝さんの判断基準から 少なからず影響を受けていると思っております。名作が持つ力強さに 憧れてしまうのも 小説とは こんなにも 生きる勇気を 与えてくれる素晴らしいものなのか と もし輝さんに めぐり合えていなかったら 分からなかったような気がします。


 なので たまに 原点に返って 輝さんを 読んでみると 新たに 発見があったり 年齢とともに 変わってくる自分の価値観に気付いたり と さらに 深いところまで 感じることができたりします。








 この『にぎやかな天地』の主人公は 船木聖司という32歳の豪華限定本の製作を手掛けるフリーの編集者で クライアントから 日本の伝統的な発酵食品である 糠漬け、納豆、味噌、醤油、鰹節、酢を後世に伝えるための限定五百部の豪華本の製作を依頼されるところから 始まります。


 親友でカメランの桐原耕太、料理研究家として活躍している愛嬌があってユニークな丸山澄男と 仕事をしているうちに この仕事を職業にすべきかという 迷いが無くなり 自信に変わっていきました。


 7年前に亡くなった 最愛の祖母の隠された秘密、聖司が生まれる前に 不慮の事故で亡くなった父のこと、それらのことが 今生きている中に どういう風に かかわってくるのか 物語の面白さのキーになっています。


 登場人物は それぞれ 何かしら 悲しい経験をしていているにもかかわらず 淡々と前を向いて生きているのが 力強く 勇気を 与えてくれる 物語だと思います。


 そして 災厄による大きな悲しみが、年月を経て思いもよらない幸福や人と人との絆を 生み出します という宮本さんの言葉は すごく説得力があります。



 この物語も 輝さんの他の作品と同様に 難しくて 考えこまなければ いけないところはなく 早くページが 進みました。夢中になりすぎたおかげで 通勤途中 一駅乗り過ごして しまいました(笑)そして 読んでよかった!という満足感を 感じた 素晴らしい小説でした。


 最後に 講演会に 行った時の エピソードを 一つ。輝さんの小説には 登場人物が 数多くいますが その名前は どういう風にして 決めているのか?という質問に 輝さんは 色々な墓地に行き 墓石に 刻まれた 氏名を見て バランスが とれているなあ!とか 読み方の響きがいいなあ!とか あれこれと 模索した後 決定するそうです。なるほどなあ~











 


 


  



私の愛用本<無理・無駄なく走れる マラソン・トレーニング>

 

 
 走ることに関して 書かれた本や雑誌は 本当にたくさんあり 色々な練習法や考え方が 紹介されています。月刊誌『ランナーズ』なんかを見ていると 本当にすごい練習を やっている人や 身体に対する知識 けが防止 ちょっと変わったトレーニング方法が たくさん紹介されていて ランナーにとっては ツボを得た楽しい読み物で 興味深いです。


 でも実際 自分がそれらを読んで どうするのか 役に立つのか を 考えた時 すごく曖昧で 結局 役に立たなかった方が多いような気がするのは 私の思ったことです。もちろん しっかりと 取り入れて 役立てるランナーも おられると思うのですが。


 高橋尚子を育てた小出義男監督や NHKのTV番組『ランスマ』に出演されている金哲彦さんの書かれたメソット本も よくお世話になりました。でも 仕事に 家庭に 趣味にと 忙しくて 走る時間が 限られてくる 私のような市民ランナーにも 基本から 丁寧に 優しく書かれている『ムリなく ムダなく より早く完走できる マラソン トレーニング』という本の方が 私には 一番合っていると思い 今では 何回も 繰り返し読む マラソンの聖書になっています。 


 この本には 驚くようなトレーニング方法も 書かれていないし これをやったら速くなれる ということも 教えてくれていません。昔から あるような 基本的なことを どれだけ 毎日こなしていって 怪我をせず マラソン大会に ベストなコンディションで のぞめるか ということを シンプルに 書かれた 本です。


 そもそも フルマラソンは 走る前から 大体の結果は 決まっていて ベストが 4時間でゴールできるランナーが 調子が良かったからといって 3時間半で 走れるわけではないのです。大会前に どれだけ効果的な練習をして その蓄えた力を 発揮できるか だけなのです。なので 練習を どうするか のヒントを この本から 学ぶことができます。


 この本を書かれたのは 本来のランニング・コーチではない アシックス・ランニングクラブ・コーチの島田佳久さんです。このコーチは サブ3ランナーですが もともと野球部出身で その時の練習が元になって トライアスロンなどで 活躍されたという 少し今まで読んできた人たちとは 変わっていて 全くのガチではないところが 逆に 分かりやすく 楽しくなってきてしまうような一冊なのです。 


 内容はというと 走力の自己分析から始まり トレーニング・メニュー編、レース・テクニック実践編、ランニング・ベーシック・メソット、痛みと疲れのケアに 分かれていて 大変丁寧に 解説されています。


 
 私自身 3月のマラソンの時 一番心がけたのは この本に 書かれてあった スタミナ配分のこと。30Kmで 40%の消耗で 抑えるという考え方で 6割の力を 残しておくように 走れということでした。35kmでは 残り30%の力を残し 40kmでは 残り5%を 使い切って ゴール後は 0%という 力の出し方 を 頭に 叩き込んで 走りました。30kmから35kmの間で 30%も体力が 消耗してしまうというところは 一番しんどいところなので 余裕をもっていかないと 苦しい展開に なるということです。



 この本を買ったのは 半年ほど前ですが それまでは 初心者向けの こちらの姉妹品のこの本 ↓↓ ばかり 見ていました。より基礎編といった感じですが 最初から丁寧に 書かれているところは 新しいことに チャレンジしようとしたときには 本当に 役に立ちました。





 先日 毎年の恒例になった 所属するランニングクラブの一年を 締めくくる総会が 今年も この時期にありあり メンバーの成績や これからの課題を 話し合いました。


今年の自分の成績は 怪我の影響もあり いまいちな結果に 終わってしまいましたが メンバーの多くは つらい練習に 打ち勝って 自己新記録を 更新する人が 多くいて 驚くばかりでした。


そして 今回は 監督のコメントが メンバーに 渡されて 具体的な改善点を 指摘してくれました。大変 ありがたいなあ!と みんなが 感じて 真摯に とらえていたようです。その中での 私に対するコメントは スタミナ不足!ハーフマラソンを 1時間30分で完走できるのに この成績は あまりにもひどすぎる!もっと 後半に 耐えれるよう LSDを 2時間 休日にすれば 解消できるのでは?と アドバイスもらいました。


そして 恒例の 今年の目標タイムは 3時間18分に 決定しました。自己新記録が 3時間19分なので 今年こそは 自己べ更新しようと 目論見ました。




 有言即実行!早速 休みの日が 2日続いたので 2時間のLSDを 朝早く起きて 実行しました。監督のアドバイスで 足腰を安定さすために 山道などのでこぼこになっている不整地を 自分のコースに 取り入れると 強化されると というので いつものコースの近くにある 南港野鳥園の中の遊歩道を 入れてみました。



 このコースには 急な階段を 一気に駆け上がる小山が なんと2か所もあり そこを 3周走ります。いくら ゆっくり走るとはいえ 2時間は すごく練習になりますが すごく疲れました。これを 継続して フルマラソンの撃沈病を 治さなければ 自己べは 見えてこないと 思い込み がんばろうと思います。 





春バテ?!

 いつも 更新するときは 興味があって 楽しいことしか 書かないようにしていますが 日々生活していると そうそう楽しいことばかりではありません。辛くて、しんどくて、辞めたくなるようなことが 多くあり 思い通りに いつも行くとは 限らないのが 人の世です。人生 そんなに甘いものではありませんよね。
今回は 少し ブルーです。


 もうかなり前から 一年周期で 大体一度 ちょうど この時期に多いのですが 謎の咳が 突然 出だすのが 私の癖の一つになっています。それが 続くと 呼吸をするのが 苦しくて 咳止めの薬が かかせません。一度 咳込んでしまったら とことん出だし のどは ガラガラになり 声は つぶれてしまいます。咳をすることで お腹の筋肉も 痛みだし 体力も 奪われてしまい 気分的にも ダウンしてしまいます。この世の地獄状態です。大阪の言葉で言うなら どないも こないも なりゃしまへん!おうじょう しまっせ!と言ったところです。



 何故 謎なのか というと 喘息の検査としても 気管支が 弱い方だが 喘息とは 言い切れないと言われました。走っている時には 一度も 出たことはないので 不思議なことです。アレルギー検査をしても 特に これといったものに 反応していないと 医者に言われたことがあります。風邪なら 食欲もなくなるし もっとだるくなるだろうし 微熱も出てくるし。  


 それと 今年は 寒すぎた冬から いきなり温かくなり 身体が 対応できないのか それとも 一日の間の気温の差に 付いていけないのか  身体全体が だるくて 何もやろうという気が 起きません。睡眠も 6時間は とるようにはしていますが その間に 3回くらいは 目が覚めて トイレに 行ってしまいます。困った52歳です。


 TVを見ていると それに 当てはまる症状のことを やっていました。なんと 春バテ と呼ばれるようで ほおっておいたら 五月病に 繋がっていくというものだそうです。それに 咳が加わって 自分流の 春バテに なってしまっているのですね!多分。


 最近 サッカーを 観ていても あまりにも 面白くない状態が続いています。日本代表は ベルギー遠征で いいところなしの 1敗1分けで 期待していた 宇佐美貴史や杉本健勇は 活躍しなかったし Jリーグでは ガンバ大阪が 5戦で 未勝利で 最下位18位に 沈んでいるし セレッソ大阪も 4戦未勝利(その後 湘南戦で やっと1勝しました!)で 観ていて 身体に 悪い気がします。(笑)


 さらに 仕事中に 人のミスをかぶってしまい 自分のせいに させられてしまったり、 ちょっとしたアクシデントがあり 帰るころには 終電が 途中で無くなり 25分 真夜中のジョギングで 家に帰ったりと ついていないことが 多かったここ1週間でした。


 そら 春バテにも なるなあ!と自分で分析し 嫌だったことは すべて水に流し 4月という新しい季節を 迎えようと 思いました。 




そんな時は 冷えていてビールを ひとりで 乾杯!(少し 寂しいですが)笑!
きっと 明日は いい日に なると 信じつつ。


 


私の名盤 マリーザ・モンチ『アモール、アイ・ラヴ・ユー』



 少し前のこと ひょんなことから ブラジルのポピュラー・ミュージックの女性シンガー、マリーザ・モンチの大ヒット作で 2000年に発表された<アモール、アイ・ラヴ・ユー>という作品に めぐり合いました。一枚を通して 粒ぞろいの名曲揃いで 落ち着いた雰囲気の中 しなやかに歌い上げる極上の和みヴォイスは 1度ハマると何度でも繰り返し聞きたくなってしまう感じがします。思わず アモーレ!と 叫びたくなります(笑)。どこかの おしゃれなケーキ屋さんのBGMで かかっていそうな高貴でおしゃれな感じがしてくるのは ポルトガル語で歌われいる 英語とは 少し響きが 心地よく 耳に入ってくるかもしれません。



マリーザ・モンチ『アモール、アイ・ラヴ・ユー』


1. アモール,アイ・ラヴ・ユー
2. 行かないで
3. 私はどうでもいい
4. 簡単ではない
5. そしてもっと愛
6. 愛のテーマ
7. アボロロー
8. 娘たちを見る為に
9. 人生の5分間
10. 心遣い
11. 水だって海になる
12. ムーンライト
13. 美しき歌声


色々なタイプの13曲ですが 日本の歌謡曲のような親しみやすい曲調の曲から 本場ブラジルのボサノヴァ・テイストの曲まで 揃っているのが 聴き所の一つになっています。マリーザとの共同プロデュースで アート・リンゼイが 担当しています。





それと とんでもなく 美人です!えっ こんなに奇麗な人が 歌ってんねんや!と 思えば すごくhappyな気分になります。おっさん的な見方になってしまいますが。(笑) 




少し 脱線しますが そのアート・リンゼイといえば 昨年 待ちに待った13年ぶりのニューアルバム『ケアフル・マダム』を 発表しました。まさに <世界が 渇望したスリルと官能>を 十分感じさせてくれた 素晴らしいアルバムでした。私にとって 今までになかった まったく異次元の所から 攻めてくる アートっぽいとでも 申しましょうか 何かが とても 気持ちよく 感じさせてくれる 不思議な体験でした。





奇才アート・リンゼイは マリーザの 1991年の2ndアルバム、『マイス』から 4作品連続で プロデュースしていて この5作目の『アモール、アイ・ラヴ・ユー』は 最後の作品で 集大成的な内容ということです。マリーザという才能を 世界のトップレベルまで 引き上げた功績は 大変 大きいものだと CDのブックレットには 書かれてあります。






Marisa Monte - Memórias, Crônicas e Declarações de Amor (CD COMPLETO)


全ての曲が 試聴できますので 是非。↑↑



どの曲も 素晴らしいのですが 1、3、7、11、13曲目が特に 好きで 何回も聴いています。その中でも 13曲目は 作曲が ブラジルの心、カエターノ・ヴェローゾ。これがまた 渋い!!開いた口が ふさがりません(笑)


アモール、アイ・ラヴ・ユー
アモール、アイ・ラヴ・ユー
EMIミュージック・ジャパン
2000-10-12
ミュージック





がんばれ!ハリルジャパン

 

 
 サッカーの話題が続きます。6月のワールドカップ前のヨーロッパ遠征で 一次リーグでの対戦相手を想定した、マリ戦、ウクライナ戦の 日本代表メンバーが 15日 発表されました。サッカーを愛する1人にとって 思うところは 色々ありますので 今回は 素人目線で 好き勝手 言わせてもらおうかなあと思います。


 マリは 仮想セネガル、ウクライナは 仮想ポーランドというふうに決定されたということですが マリもウクライナも ロシア・ワールドカップに 出ないのに なぜ?そして なぜ この時期?と まず思います。出る出ないとでは テンションは 全く違うし そんな相手に もし負けたり ドローしか結果が出せなかったら まず 1勝もできないと覚悟しなければいけません。


 本番では いくら何が起こってもおかしくないといえども 日本は FIFAランキング55位の国、ポーランドは6位、コロンビアは14位 セネガルは32位。所詮レベルが 違うのです。まずは 委員会のミスマッチだと考えます。前回の12月のブラジル戦、ベルギー戦の時期的に 逆だったら 申し分なかったと思いますが。ワールドカップに 出ない相手に 勝利して 調子に乗らせようと 考えた結果かどうか わかりませんが ワールドカップは そんなに甘くはないということが 過去の対戦を見ても 分かると思います。
 でも ブラジルやベルギーが 本気で真剣に 戦ってくれなかったとしても 強国とできたのは 伝わってくる範囲で言えば セレッソの杉本健勇や柏の伊東純也は いい影響を受けて 意識的にも プレーに自信が 出てきたと 評価されています。その点は 良かったと思います。 


 今の時点では 世界で通用している選手、吉田真也香川真司清武弘嗣は 怪我で 出れないので またしても ベストなメンバーを 組めないつらさはあります。そして ハリルが 実際に テストしてみたいと 思っている選手が まだいるというのも 考えものです。それだけ 良いコンディションが キープできる選手が 少ないということかもしれません。本来なら メンバーはすでに固まっていて 戦術的にも 意識的にも 詰めの段階に 入っている時期と思うのです。こんなにも ころころメンバーを変えて 大丈夫なのかなあ?と  最近 点を入れてるというだけで判断すれば 組織力に不安が残ることになります。


 

 


 目玉といえば メキシコ・パチューカで調子がいい本田圭祐が 久々の復帰、ポルトガル・ポルティモネンセで 活躍の中島翔哉が 初選出されました。そして めでたくも 宇佐美貴史が 選ばれました。その反面 乾貴士、浅野琢磨、井手口陽介が 選外になりました。



 GKから 川島永嗣東口順昭も すごくいいキーパーがと思いますが 中村航輔のプレーを もっと見てみたいがします。先日のセレッソ戦でも ファインセーブで 苦しめられましたし。セットプレーで 絶対守って 入れさせないと思い 味方の選手に 渇を入れる時 気合いが入るキーパーなんではないかと思います。 


 センターバックは 吉田麻也の怪我で 頼りにできるのは 槙野智章昌子源のみ。植田直通もいいと思います。世界で 戦うときは 選手の高さが 重要なので やはり身長の高い選手を 選ぶべきだと思います。セレッソ大阪のマテイ・ヨニッチみたいな高さで 相手を 吹き飛ばすようなセンターバックなら 最高です。


 サイドバックは 右は 酒井宏樹、左は 長友佑都しかいないでしょう。負傷した時用に 両サイドいける酒井高徳は メンバーに入るべきでしたが 今回は入っていません。


 中盤は ボランチは 危機対応や予知能力が 優れている長谷部誠山口蛍しかいません。日本代表の心臓だと思います。トップ下のシャドウでは ベルギーのアンデルレヒトに移籍しても 活躍を続ける森岡亮太も 機能すれば 楽しみだし いいと思います。柴崎岳は スペインで 怪我をした後 いまいちですが 意外性に 期待したい好きな選手です。


 そして 一番楽しみは 攻撃陣です。4-2-3-1だと センターフォワードは 大迫勇也杉本健勇。どちらも 長身で前を向いてプレーができる選手で ゲームによって 使い分けるといいと思います。今の時点では 杉本健勇の方が 点をよく取っていますので 重きを 置いた方がいいと思います。ゲームによって 4-4-2に変え 杉本、大迫のツートップを 観たい気はします。



 
 ハリルの言っていることは よくわからないときがありますが 点を取っていないという理由で 選外になった点 取っている乾貴士と チーム状況も悪く 得点も少ない大迫と どこが違うねん?といいたいです。乾は スペイン・エイバルで レギュラーで スタメンを 続けていて 当然合格だし 本番では 呼ぶが 今回は 選外?と 私は 勝手に思っています。世界で 通用している選手は 数少ないのですから。


 トップ下は 本来なら 香川真司ですが 中島翔哉に 今回は やってほしいです。五輪代表の時から くさびになる最後のパスをだす技術は 最高のものがありました。ただ守備が少し 後手に回る点 身長が低いので 高さで勝負できない点があると思います。本番の選考では この二人に 4月に 復帰予定の清武弘嗣が 選出されれば 間違いないと思います。


 最後は 両ウイング。待望の宇佐美貴史、(いくら調子がいいといっても こんなに早く 帰ってきてくれるなんて ちょっとビックリでしたが ハリルの好きな選手なので 期待も 人一倍です。ファンとして 一番うれしいことです。)と原口元気は 主に左、本田圭佑久保裕也は 主に右、その時 調子のいい方を 選べばいいと思います。


ワントップでは 相手のマークが きついと予想されるので なかなかフリーに ボールを持たせては くれませんので 2列目の選手が DFの裏を取って ゴールするという一番の理想だと思います。



これ以外に 名前が出てこなかった選手も いい選手ばかりですが あくまでも 私の好きな選手ということで。



 レヴァンドフスキやハメス・ロドリゲスを 研究しまくって 失点を防いでほしいし 攻撃が 機能して 点を取ってほしいです。やはり 観ていて ワクワクするような試合に なって 最後には 日本に 奇跡が起こって 勝利するということを 夢みたいと思います。