ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

<ジョン・レノンを殺した男>を読んで!

 今回は 本の話題です!最近 ラジオをチェックしたり サッカーを見たり なれないスマホを いじくったりしていると 本を読む時間が短くなり ペースが ゆっくりです。それでも 上下巻を 最後まで 読み終えました。憎き殺人者の話です!
 
 2007年の発売当時 この本の存在を 知っていましたが 読む気になれず むしろ なんでこんな本が 世の中に 出さねなあかんねん!と 思っていました。残された遺族や友人、ファンにとっては あまりにも 悲しみが大きすぎます。このたった一人の狂人のせいで もうジョンの歌声が 聴けなくなってしまい 多くの人の夢が 絶たれてしまったのですから。

 以前にも 書かせてもらいましたが あの日以来 37年の月日が経ってしまいました。今でも ジョンレノンの曲を 聴くことがありますし メッセージも 十分 通用していると思っております。誰にでも ヒーローは いると思いますが 私にとっては レノンです。私が死ぬまで 多分 変わることはないと思います。

 でも もうそろそろ読んでも いいんじゃないかな と思ったのが つい最近で 本は 興味あるうちに、読むことができる間に 読んでおこうと ふと思いました。それで 真っ先に浮かんできたのが この本でした。読み始めてから ずいぶんと時間がかかってしまいましたが やっと最後まで 読むことができました。

 1980年12月に起こったジョン・レノン殺害事件の犯人であるマーク・デイヴィッド・チャップマンを題材にしたもので 暗殺に至るまでの「謎」を200時間以上に渡る獄中取材を中心に、妻や両親をはじめ 関わった人たちへの取材や 当時の精神科医らの見解も含め 心的状況も 公開情報を元に つづられています。

 当時 チャップマンは FBIのマインド・コントロールで操作され ビートルズの一員として世界的に人気があったジョンが 5年間の子育て期間を終え アメリカ政府に 悪影響を 与える危険分子と見なされているので 暗殺が 計画された という論がありました。なんせ ケネディ大統領暗殺の前例があるので アメリカという国を考えると 変に納得してしまいます。

 でも この本を 読んでいると 実は ジョンレノンのサインに 気に入らなかったから殺したとか 実は熱狂的なファンであった ではなく 音楽は トッド・ラングレンの大ファンで ジョンのことを 金持ちのいかさま野郎と 思っていたことが書かれていました。そして リトル・ピープルと呼んでいる 頭の中の 小人たちの国家の中で 自分が大統領で 決断を下すときは 会議を開くという 存在が 暗殺まで 導いてしまったことを 語っています。

 捕まった時にもっていた サリンジャーの<ライ麦畑でつかまえて>の主人公 ホールデン・コールフィールドと 自分と同化してしまっていることも 延々と描かれてありました。チャップマンにとっては 聖書だったのです。そして 自分の人生を ジョン・レノンが 滅茶苦茶にしてしまった とも 語っています。

 「禁固20年から終身」という無期懲役で ニューヨークのアッティカ監獄に 現在も服役中で 2016年8月30日に 9度目の仮釈放申請が却下されたそうです。
それには ジョンの未亡人ヨーコが 仮釈放に 猛反対しているとのことです。

 暴動での遺族を支援するために ジョンが書いた曲<アッティカ・コート>(1972年のSometime In New York Cityに収録)のアッティカ監獄に 服役しているのは シャレにならん皮肉かもしれません。

 チャップマンは ビートルズの最高傑作と言われている<サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド>のレコード・ジャケットに 写っているジョンを見て 最初に 殺意を 抱いたらしいですが 来月発売される そのレコードの製作段階から収録した デラックス版の広告を見ていて もうこんな悲しい事件は 二度と ごめんだ!と 節に思う 一音楽ファンの願いです!



 
  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。