ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

ぜったい 埋めちゃ ダメ!

 
 12月10日夕方 阪急豊中駅前広場にて 沖縄の辺野古への埋立てに対する 抗議ライブが 約一時間に わたって 行われました。
 アメリカの言いなりになっている政府の対応に対して 疑問を持ち 基地移設による 辺野古の美しい海への埋立てが どれほど 理にかなっていないものかを 豊中の市民レベルから 反対していこうと いう趣旨です。



 私の職場の先輩も 出演されるということで 気温8度という寒さの中 参加してきました。沖縄のスタンダード曲 <涙そうそう>、<花>、<イラヨイ月夜浜>、<サトウキビ畑>、<島人ぬ宝>、<海の声>等々が 披露され 大勢の通行人が 横切る中 大いに盛り上がり 終盤には 1970年代の幻のフォークグループ <五つの赤い風船>の長野たかしさんも加わり 勢いずいてきました。ついさっきまで 通行人に ビラを 熱心に 配っていた女性が 長野さんと ハモリ出したのには 少し驚かされました(笑)が この寒い中 熱いものが 湧き上がってきたのは 私だけではないと思います。




 ジョンのイマジンの替え歌を 歌った 現役の高校の先生には すごく 市民レベルの身近な感じが すごくよかったですし ブルースハープと三線で演奏された女性のミュージシャンも すごく 感動的な演奏され 楽しませてくれたと思います。



 私は 何かに対して 一生懸命に 訴えかけようと ライブ演奏を がんばっている人を見るのが 昔から 大好きです。ついつい 引き込まれていって 気が付けば 十分に 楽しんでいる自分がいて 勇気を 分けてもらっているような気がしてきます。
今回のギグも そんな感じがして 観終わった後 清々しい気分になりました。




 もう少し見たかったのですが 誰かが 警察に通報し うるさいから 辞めてくれ!と指導が入りました。普段の日の夕方は ヒップホップの高校生が リズムボックスで 大きな音を出し 歌って踊っているのに 今日のギグは なんで迷惑やねん?と 思ってしまいます(笑)




 特に 若い世代の人たちは 自分のことを考えるのが 精一杯で 人のことなんか かまっている暇なんか あれへん!と思いますが たまには どこか おかしい!と 疑問を持って 本当に 大切なことは 一体 何なんだろうか?などと 考えてみるのも いいと思います。そんなことを 感じさせてくれた時間でした。


 



  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。