ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

映画<パピヨン>を 観て!


 先日の<ディア・ハンター>に続き もう一度 観てみたくなった古い映画<パピヨン>を レンタルしました。(7泊8日で なんと 80円!ツタヤさん ありがとう!)私が中学生の時は 貸しレコード店なるものができたばかりで もちろん レンタルビデオもなく 映画を観るのは 映画館に行くか TVで見るしかありませんでした。
 TVでは スティーヴ・マックイーンの映画が よくやっていて  楽しみにしていました。<大脱走>、<栄光のルマン>、<砲艦サンパブロ>、<華麗なる賭け>、<荒野の七人>、<砲艦サンパブロ>、<ゲッタウェイ>、<タワーリング・インフェルノ><ハンター>など。この<パピヨン>もその中の一つで 共演者が ダスティ・ホフマンという2大俳優の1973年の共演作で 刑務所ものの中でも 特に好きな映画です。
 



 
 舞台は 南米 フランス領ギニアにあるサン・ローラン刑務所。パピヨン(スティーヴ・マックイーン)は 偽札作りの天才ドガ(ダスティン・ホフマン)と 何度も 脱走をしては 捕まり 独房に 入れらます。光のない暗闇の独房や 食事が半分といった ひどい仕打ちがあろうが ゴキブリやムカデを 食べてまでも なんとか 生き延びようとします。精神的にも ぼろぼろになり 幻覚が 現れた時 やっと別のところに 移されることになります。そこは 島の周りはサメと激流に取り囲まれているため、脱走不可能な断崖絶壁の島。それでも パピヨンは 絶対 脱出できると あきらめません・・・・・
 



 
 映画として すごく地味な映画で 刑務所の悲惨さや 人間の極限状態を描いて 重厚な感じがしますが 何が起ころうと 常に自由を求め 絶対最後まで あきらめることなく 生きていこうとするパピヨンの生き方に すごく憧れを感じます。
 
辞書で <自由> を調べてみると


自由《freedom》
哲学で、消極的には他から強制・拘束・妨害などを受けないことをいい、積極的には自主的、主体的に自己自身の本性に従うことをいう。


まさに 主人公が 求めているものが 自由だということが 伝わってきます。そして 必死にもがいて なんとか生き延びようとしている主人公の姿は 勇気を与えてくれます。 
 
中学生当時 母からの影響もありましたが 今になって 思えば スティーヴ・マックイーンの出ている映画には シチュエーションは違えど 常に 自由を求めて 闘っている姿が 私にとっては すごく印象に残っています。


私も スティーヴ・マックイーンのように 決して満足することなく 常に 自分の自由を求めていく人間で あり続けたいと 思いますが 果たして どうでしょうか?




 
  
 
 
 
 
 
 

 
 


 
 
 
 


 














×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。