ちょこっと感動日記


毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

キリンカップ2016 日本対ブルガリア

 2016年6月3日 豊田スタジアムで 5年ぶりに復活された キリンカップサッカー2016準決勝が3日に行われ、日本代表はブルガリア代表を相手に7-2で勝利しました。ホームのゲームで 調子がよくないといっても やはりヨーロッパのチームに 7点も取って 快勝出来たことは 先行きが 少しは 明るくなったのではないかと思います。  

 



  ブルガリアと聞いて 思い浮かぶ選手は 1994年のワールドカップ・アメリカ大会で ベスト4までいって 得点王に輝いたストイチコフ

当時 本当にかっこよかったなあ!と思って観ていました。その相手のブルガリアは 少し前のAマッチで ポルトガル代表に 勝ってきているチームで FIFAのランキングも69位と 日本とさほど変わりなく ヨーロッパ特有の組織的なサッカーをしてきて いい試合になるかも?という期待をしていました。ところが。。。

 

 


 日本の布陣は 大黒柱の 本田圭祐が 怪我で出れないために 清武が入り 香川真司との 旧セレッソコンビに イギリス・プレミアでの優勝で 気を良くしている岡崎慎二が どう反応してくるか?みたいな 楽しみがありました。他にも 1年ぶりに代表のチームに帰ってきた GK川島が 以前のように しっかり守ることができるのか?先発起用の柏木は 遠藤保仁のように 代表でのゲームを作ることができるのか?など いろいろな楽しみが ありました。

 

 

 蓋を開けてみれば 前半4分早々 柏木のクロスから岡崎が 頭で合わせて 一点が入りました。観ていて これオフサイドと違うの?と思ったのは 私だけでしょうか?この後 長友のクロスで あまりないという香川の頭で 加点し さらに 香川が 1点を DF吉田麻耶も 決めます。ブルガリアは もうこの時点で 調子とかではなく やる気がないのかなあ?などと思っていました。逆に 日本は 必ずと言っていいほど ルーズボールを 取っていましたし 相手のカウンターへの対応もできていたと思います。今日は 凄いなあ!本田がいないから ボール集中が 分散されて うまくいっているのかなどと 勝手に 思っていました。


 40分前後だったたと思いますが 香川が 負傷して交代し 待ちに待った宇佐美貴史が 入ります。最近は ガンバ大阪では トップ下で出ていて 得点を 入れていないので どうかなあ?と思っていました。前半は4-0


 後半になると ブルガリアも 少しは落ち着いた感じがしてきて DFのミスなどで 2点を 取られました。そして 宇佐美が 代表3点目を 叩き込みました。やはり 感動です!


そして 今 一番注目の選手 浅野拓磨が 入ります。五輪を 決めた韓国戦での 2ゴールが 忘れられない浅野は エリア内で ファールをもらいます。このプレーで PKを取るのは 少しかわいそうな気がします。ホームなので あり? 監督の指示は 宇佐美だったようですが 自ら蹴ると主張し 見事 成功し 代表初得点が生まれます。TVでは 両親が 客席から応援していて お母さんが プレーを見ずに 祈っている姿は 印象的でした。浅野は 何かここ一番で 150%ぐらい発揮できる力を 持っているように 思えます。強運の持ち主かもしれません!奇跡が 起きるなら 神様は 浅野を 走らせる ような 気がするような選手です!  


GKの川島も PKを セーブしたりと まだまだ 活躍していきます。そして 7-2の 大量点で 勝利することに 成功しました。ブルガリアで 恐れられていたポポフやマルセロは 途中で退き 何か キツネにつままれたような ショータイムの様な試合でした。ホームなので 勝って当たり前なので こういう戦いを 続けていき たとえ調子が 悪い時でも それなりに 結果を残すようになれば ワールドカップの上位進出も 夢じゃない ような気がしてきました。一瞬だけですが(笑)



サッカー日本代表VSブルガリア 7-2 ダイジェスト動画【キリンカップ】 2016 鷹の目チャンネル


 この次の戦いは 6月7日 私の実家の地元 新しい吹田市立スタジアムでの キリンカップ決勝戦で 日本代表は ハリルホジッチ監督の母国ボスニア・ヘルツェゴビナと対戦します。いい戦いになるよう期待しましょう!!

 






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。