ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

六甲山・魚屋道 山登り

 腰痛が 長引き、長時間 走るトレーニングが なかなかできない状態なので 気分転換も兼ねて 一人で 神戸・六甲山に ハイキングに 行ってきました。山に登りに行ったのは 高校時代に 部活でワンダーフォーゲル部 に入っていた時以来 実に33年ぶりです。


 今回 超久々ということもあり あまり無理をせず 比較的軽めのコースを選びました。阪神電車の新しくなった深江駅で降りた所にある大日霊女神社(おおひるめじんじゃ)の前に 道(ととやみち)の起点となる石碑があります。そこから スタート!

 

 





かつて深江の浜で獲れた魚を 有馬温泉まで運んだと 伝えられる魚屋道は 全長12kmあるそうで 今回の縦走は この半分で引き返す計画を立てました。市街地を越え 山道に 入った途端 いきなり 難関が 待っていました。前日の雨で 登りの山道は 所により ジュクジュクしていて 滑るし おまけに 草が道を覆い 消されているところがあり 背丈ほどの草をかき分けて 進まなければいけないところもありました。これが 本当に道なのだろうか?と 不安げになりながら 1時間。巨大な岩、蛙岩 にたどり着きました。

 



 

 

それから 歩くこと30分 比較的なめらかな登りが続き 眺めが素晴らしい風吹岩に 到着いたしました。ここで 少し休憩を取りました。

 

この岩の上からの 風景です。

 

 

 

 





 

 

 


 大阪方面です。夜景なら もっときれいやろうなあ!

 

 

 

山の中を 歩いていると 本当に静かで 鳥の鳴く音や 風の音 が よく聞こえてきます。空気もよく 爽やかで すごく気持ちいいです。都会の雑踏を 離れて 一人で 山に行くのも なかなか 気分がいいものです。

 


けれど 一人で 地図を片手に 山道を 歩くというのは 心細いし この道で 本当に合っているのか?という不安が 絶えず付きまといます。標識が わずらわしく 判断に苦しむ時や 増水や橋が崩れて 通行止めとなっていたりとか。今回も 標識の通りに行っていたら 突然 道がなくなって 引き返して 40分ぐらいロスしてしまいました。高校の時みたいに 複数でいれば 心強いのですが そうはいきません。 

 

迷っている時 突如 現れた 池。し~んとしていて どこか神秘的でした!

 

 

 


 

 


それでも なんとか 折り返し地点の 打越峠に到着しました。ここでやっと 初めて 人にすれ違います。こんにちは!と 高校時代 必ずやっていた 挨拶をして 後は 下りのみ。 黒五谷を 通り 阪急岡本駅に 無事到着いたしました。 ちょうど 4時間の縦走でした!

 



 

 

また今度 機会があれば 高校時代にも 何度か行った 六甲山最高峰(標高931mですが)を目指して 有馬温泉まで 魚を 運んで行った同じコースを 縦走したいですね!がんばります!

それまでに 腰痛を 治さなければ!(苦笑)

 


  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。