ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

村上龍<55歳からのハローライフ>を 読んで!

 

 

 村上龍さんの本を 読むのは 何年か前に読んだ<KYOKO>以来で 今回読んだ<55歳からのハローライフ>は 私にとって 身に浸みる短編が5話が 収録されています。一時期<13歳のハローワーク>を いう本が流行ったせいで どうせ 55歳から始める仕事ってどんなんが あるやろうか?程度の内容と 反射的に思いましたが よく見ると ハロー・ワークではなく ハロー・ライフで まさしく 55歳からの生き方が 描かれており 50歳の私の胸が高鳴り 他人事とは 決して思えませんでした。 

 

 世知辛い御時世 決して明るくなく 殺伐としていて 今でさえ 生きずらいのに これから先 一体どうなるのか?と。これからの人生に 不安を 持っているのは 私も 同じです。

 

 だんだんと衰えてくる身体や病気のこと 老後の生活、減らされる年金で 果たして 生活できるのであろうか?健康で 働き続けることができるのであろうか?夫婦の問題、子どもの将来のこと、まだ健在の両親のこと、そのほか 考え出したら 眠れなくなり きりがありません!


 そんな絶対ありうる主人公を たまらなく 応援したくなってしまう話です。また果たして 再生できるのが可能であるかどうか 考えさせられます。


 


<結婚相談所>

 54歳で離婚した主婦が 相談所が紹介する相手(色々なタイプが リアルに表現されていて 面白い!)に 会っていき どうしても 妥協できない状態が 続く中 偶然 一人の男性と出会います。映画<ひまわり>の 戦争に行ったきり帰ってこない恋人を探すにいく話をする所で 無理とわかっていても 行動せずにはいえあれない思いが 伝わってきて すごく感動的でした。


<空を飛ぶ夢をもう一度>

 ホームレスになった中学時代の同級生と偶然再会する話。54歳でリストラされた 再就職の不安、お金の不安、病気への不安。そして このままいけば ホームレスになってしまうのではないかという不安が ひしひしと伝わってきました。どんなに暗い状況になろうが 小さな光を見つけて 懸命に生きようとしているところは 涙ものです!


<キャンピングカー>

 早期退職したものの再就職に苦労するサラリーマンの話。会社での肩書や会社というブランドは 会社を辞めてしまえば 何の役にも立たないこと。家族に良かれと 考えていたことも 家族にとっては 迷惑なこと。を 描いています。


<ペットロス> 

 福山雅治が 結婚して 夢と希望を 失ってしまった女性が 数多いことを 「マシャロス」というようですが この話は 夫より大切なペットを失った女性の話。夫とのすれ違いの中 愛犬の死を通して そして夫の意外な一面であった優しさを知る。そのことによって 少しずつ再生していく物語!


<トラベルヘルパー>

 トラックの運ちゃんのはかない恋物語。古本屋で出会った 同じ松本清張好きの元小学校教師という 美しい女性と知り合い デートを重ねるが 突然 音沙汰がなくなり 連絡が 取れなくなる。その女性には 大変な事情があった!主人公の下総源一の人間性が リアルに 描かれているところが 大変 気に入りました。


 この5編の主人公は 男女や経済的格差(悠々自適層)(中間層)(貧困層)などの違いがあれど これからの自分に 当てはまってしまうことが 少なからずありそうで 読んでいて 常に 比較してしまっている自分がいて 不安な状態の中で 必死に もがいている自分がいました。そして なぜ こんなにしんどい目をして 生きていかなければいけないものかと 自問していました。主人公に 完全になりきって読んでいたんだと思います。


 5人の主人公とも 最後には ほんの少しの明るい希望を持って 話が 閉じられていきます。それによって 読者は どれだけ救われるか!と思いました。私たちは ため息をつきながら 生きています。ささやかだけれど もう一度やり直したい人々の背中に寄り添う「再出発」の物語でした。



55歳からのハローライフ (幻冬舎文庫)
55歳からのハローライフ (幻冬舎文庫)
幻冬舎
2014-04-10








 

 

 

 

  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。