ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

内田篤人『僕は自分が見たことしか信じない』を読む!

 



 前回のネイマールに続いて サッカー・プレーヤーの自伝を 読みました!今回は Jリーグの鹿島アントラーズから ドイツの常勝チーム シャルケ04に移籍して ヨーロッパ・カップ4位まで 勝利に導いた 内田篤人の本です。

 

 世界が世界だけに 普通じゃない世界で生きている中で いいことも そうでないことも 正直に 書いているなあ と感心させられながら 読みました。6年目の 今シーズン けがの状態がよろしくなく 復帰が 難しいと言われているので 応援する意味も込めて 内田篤人、ウッチーのことを書きたいと思います。 


 ウッチーは アントラーズよりも 日本代表でプレーしている時が 私には はやり印象があります。日本代表の右サイドバックは ウッチーしかいないでしょう!。DFなので 岡崎や本田のような攻撃の選手ではありませんので 派手に 目立つことは 少ないかもしれませんが 攻撃の時は ウッチーが サイドから上がってきて クロスを あげれば 得点が 生まれそうな そんな期待とワクワク感を 常に感じさせてくれます。

 

 話は 高校時代、アントラーズでのリーグ3連覇、シャルケへの移籍、代表での試合、ドイツでの暮らし、サッカー哲学、仲間、チームメイト、監督のことと 豊富な内容です。そして サッカー選手として 自分に何ができるのか を追い求めていく 前を向いている姿勢にも 共感が持てました。


 そのうちのひとつに 東北の被災地にむけたメッセージは 当時 印象深い記憶があります。ウッチーのユニフォームに書かれた メッセージを 初めて見た時には 涙が 出てきたのを 思い出します。のちに ACジャパンのCMになったりしましたが とても感動的でした。自分ができることを やっていこう!自分しかできないこともある!教えられた気持がしました!

 

その時の模様です!↑↑↓↓

 


内田篤人 被災地へ向けてのメッセージ


 この本で書かれていることには 本当に 周囲の人たちに 助けてもらって ここまで来ている 感動的な話が 沢山出てきます。その一人が アントラースのチームメイトだった 小笠原満男先輩のこと。背中で物を言う 優しい人と語っています。



ウッチーの世界のスーパースターの 攻撃の芽を摘む という仕事は ほんの一瞬の出来事が 得点に結びついてしまう時だってあります。責任重大のポジションであることは 間違いありません!

 

こんな画像集が ありました。前回のネイマールとのボールの奪い合いです。世界のネイマールにも 負けていません!↓↓

(白の⑥がウッチー、黄の⑩が ネイマールです)

内田篤人 vs ネイマール 1対1集 Uchida vs Neymar


 


読んでいると あまりにも 自然体で いいかっこせずに 本当のありのままのことを 語っている感じがしてきて 最後まで 読んでよかったと思いました。早く 代表復帰して ロシアへの険しい道を ともに戦ってくれることを 願っております。

 

 

 内田 篤人

1988年3月27日うまれ。静岡県函南町出身。サッカー日本代表・不動の右サイドバック。清水東高校から2006年・鹿島アントラーズに入団。一年目からレギュラーに定着し、リーグ3連覇を達成するなど、数々のタイトルを獲得。2010年にドイツの名門「シャルケ04」へ移籍し、チャンピオンズリーグベスト4、ドイツカップ優勝を達成した。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。