ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

キリンカップ決勝戦 日本VSボスニア・ヘルツェゴビナ

 2016年6月7日 大阪の吹田に サポーターや市民の募金で 作られた吹田市立サッカー・スタジアムでの初めての代表選戦で 決勝戦 日本vsボスニア・ヘルツェゴヴィナの試合を TVで 観ていました。結果は 逆転され 2-1。一瞬の隙を突いた攻撃で あっけなくやられてしまいました。


FIFA世界ランキング56位の日本と 20位のボスニアの力の差は ほとんどないように 見えましたが 結果的には やはり強豪国に 間違いはなく 力の差は あったと思います。

 


 本田と香川は 負傷のため メンバーから外れ 左には 宇佐美、右には 前試合で PKをもぎ取って決めた浅野が 先発に入りました!前半は 左側を中心に 攻めまくり 宇佐美が ドリブルで突破して 中に入れた所に 清武が合わせ 先制。宇佐美の鋭い動きが ゴールを 呼びこんだことは 大変 うれしく思います!


しかし その一分後 ボスニアは 195cmの長身の⑪ジュリッチに決められ 同点!日本は 点を先取したことに 気を取られていたとしか言いようがないような 失点をし 後半には チェンジして入った選手に突破され またしてもジュリッチに 決められてしまった。


前半は 左サイドの 長友、宇佐美のラインが うまく機能し ルーズボールを取ることが多く チャンスも 何回かあったが 最後に決めることができたのは 1点だけだったのは 残念です!


右サイドは 期待していた浅野は 俊足をいかして 突破はしたが 決められなかったのと 最後の方で シュート・チャンスに パスを出してしまったことが 悔やまれるところです。


試合が終わってから 浅野が 悔し涙を 流していたのが 印象的です。泣くほど悔しい思いであったのだから 次は 絶対決めてくほしい!と思いますが!


 相手チームも 主力の二人を欠けての布陣だったので 完全なチーム状態ではなかったと思いますが ボールの確実な処理や エリア内での鋭さには 負けていたと思いました。


ついに 9月から ワールドカップの最終予選が 始まります。試合を見ていた 本田圭祐は 前回大量点で 勝ったので 今回は 負けたのが 良かったのではないか?勝ったままでは 課題も見つけにくくなるし 危機感が出てこないので!と言っていたようです!


ロシアに行くために 予選を 突破してほしいです!

 

 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。