ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

Jリーグ第3節 ガンバ大阪 vs FC東京

 

  
 3月11日 今年初めて 吹田サッカースタジアムでの Jリーグ第3節のゲームを ガンバフリークの友人と 観に行ってきました。気温は 6度。見ているのには 少し寒すぎた感がありましたが ここまで 2勝している強敵FC東京(鹿島アントラーズにも 勝ちました!)と1勝1分けのガンバ大阪の対戦は 白熱した内容で むっちゃ熱かったです!


 今年から FC東京は 移籍してきた 2年連続Jリーグ得点王 ⑬大久保嘉人は 前の2戦では 不発で 新しいチームで 馴染んでいないかな などと 勝手に予想していました。他には 名古屋からきたスピードのある⑮永井謙佑、オランダ1部リーグ・フィテッセから帰ってきた⑥太田宏介、代表でお馴染みの③森重、リオ五輪世代の代表世代 ㉓中島翔哉、②室谷など うまくて タメがきくタレントがそろっているチームで 堅く守り そう簡単には ゴールできないだろうと 思っていました。システムは 4-2-3-1。


 それに対して ガンバ大阪は キャプテン⑦遠藤を中心としたゲーム作りと 激しい球際の攻め合いでボールを 奪いに行く姿勢は 健在。3試合前より 3バックに システム変更して 3-5-2に しました。両サイドバックが 動きまくらなけれが 失点に つながってしまうし サイドからの攻撃にも 大きく影響してしまうという感じです。初めて挑んだACLの杭州ユナイテッド戦では 機能せず 4-1と惨敗しましたが その後 修正し 前節の柏戦では 3-1と 勝利しました。3バックでの3試合目で、進化が試されるこのゲーム、センターバックに ファビオ、両サイドに ②三浦、⑥金正也が入り FC東京の永井、大久保を どう抑えるのか?見ものです。今年から 新加入の②三浦玄太は 永井封じで いい働きをしていましたし 身長も高く ゴール前のせめぎあいにも強く 代表にも呼ばれようかといわれるほどの 頼もしい選手です。



 ゲーム開始前 東北大震災で 亡くなられた 尊い命のための 黙とうがあり ガンバの選手一人ずつが 今年から導入されたプロジェクションマッピングといわれる グランドに 映し出されて 紹介されました。


 



 さて ゲーム開始です!前半から 激しい攻防があり FC東京に まわされる場面もあったが 大久保にパスが通らず イラついている場面も多かったです。左のセンターバック④藤春は 毎度ながら すごい運動量で 攻撃参加していましたが 右の㉟初瀬も いい上がりを見せていたのが うれしかったです!22分には ⑦遠藤のとったボールから チャンスが生まれ ⑨アデミウソンが 1対1になった相手DFをかわし 先制ゴール!1-0。そのまま 前半終了!







 後半になって ますます激しい攻防になり 17分 実際見た感じでは オウンゴールだと思ったのですが 判定は ⑩倉田秋のゴールとなり 2-0。32分 ペナルティエリア内で ⑮今野が 相手DFを 倒してしまい PKを 与えてしまいます。相手キッカーは ⑬大久保。緊張の一瞬だったですが なんと ①東口が ファインセーブで 阻止!。ここが 山場でした!ここで決められていたら 1点差となり わからない状態になるところでした。直後 大久保と交錯し 東口が 倒れこみ しばらく中断となりますが その後 見事に 復帰し 入っていてもおかしくないシュートを 防ぎまくり とうとう0封に 抑えきりました。さすがです!40分には 今度こそ 完璧なクリアミスで オウンゴールによる1点が 転がり込み 3-0で 試合終了!




 強豪のFC東京、特に 大久保に 仕事をさせなかった守備も すごかったですが 好セーブを 連発した GK①東口が 私が 選んだ Man Of The Matchに しときます。(笑)これで ガンバは 2勝1分けとなり 2位に浮上。1位は 3連勝しているヴィッセル神戸! 珍しく 関西のチームが 好調です!神戸は 夏前に 元ドイツ代表で 3大会ワールドカップに出た ポドルスキーの入団が 確定しているし ガンバも このゲームの後 発表された 鹿島アントラーズから レンタル移籍で FW赤崎を 獲得しました。そして ちょうど この日 セレッソ大阪vsコンサドーレ札幌のゲームもあって Jリーグに 久々復帰した 清武弘嗣が 出場しましたが 惜しくも1-1のドローに終わったようです。まずは 勝利して 上位を 狙いに行ってほしいです!ガンバ同様 応援しています!がんばれ!!


ガンバが 勝利した 気持ちいい~ ゲームでした。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。