ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

サッカー・ロシアワールドカップ、日本の対戦相手は?


 先日 来年6月に行われるワールドカップ・ロシア大会の出場国が 出そろいました。
日本は 6大会連続、韓国は 9大会連続出場が 決定しました。欧州では 強豪オランダが PO圏外で スウェーデンに破れ 敗退、過去3回の優勝を誇るイタリアが POの末 そのスウェーデンに負け 60年ぶりの予選敗退の波乱の中 アイスランドとパナマの初出場が決定しました。


 世界の地域の予選を勝ち抜いてきた国々は どこと対戦にてもきつく 勝てると確信できる国は ありません。対戦しても 絶対勝てない国とは 対戦を避けたいし 勝てる可能性が 残っている国、比較的勝ちやすい国と対戦する方が 決勝トーナメントに 進める可能性が ずっと上がってきます。


 
 出場国32チームのFIFAランクを元に ポット(P)分けが 決定されました。出場の上位7チームと開催国ロシアがシードされて第1P、続けてランク順に8チームずつ第2P、第3P、第4Pとなる。各P1チームずつをA~H組に振り分けられます。
1次リーグでは欧州は同組に最大2チーム、欧州以外は同じ大陸連盟チームは同組とはならないように されているということです。


 


 日本は 44位で 最も下位の第4Pに入りました。その日本が1次リーグを突破するためには 奇跡が 起ころうが 槍が降ろうが 100%勝ち目がない相手がひしめく「死の組」と もしかしたら 勝ち進み 1位突破も 夢ではない 「天国の組」が 想定できます。


 私なりに考えた「死の組」とは <ブラジル、スペイン、スウェーデン、日本>に なってしまったら 100%予選敗退確定です。大量失点して 世界中に 恥をさらしてしまう結果になりかねない 最悪の中の最悪のくじ運と言えると思います。


過去には 
2002年日韓大会のグループF:<アルゼンチン、イングランド、スウェーデン、ナイジェリア>や 2014年ブラジル大会のグループD:<イタリア、イングランド、ウルグアイ、コスタリカ>という組み合わせが 印象に残っています。その時のチーム状況にもよりますが 4チーム中 3チームが 歴代優勝国というのも かないません。でも この中で トーナメントに 進めたのは ウルグアイ、コスタリカで イタリア、イギリスは 敗退してしまいました。また それもサッカーの面白いところですね!


逆に 日本が3戦全勝で 決勝Tに進出する可能性が 最も高い「天国の組」は第1Pポーランド、ロシア(ランキングは 65位と 最も低い国だが 開催国のパワーがあるかも?)、第2Pスイス、第3Pはエジプト、チュニジア、アイスランドとなった組でしょう!その中でも 最高の組み合わせは<ロシア、スイス、エジプト、日本>と思いますが どうでしょうか?



↓(カッコ内はFIFAランキング)


■ポット1
ロシア(65位)※開催国
ドイツ(1位)
ブラジル(2位)
ポルトガル(3位)
アルゼンチン(4位)
ベルギー(5位)
ポーランド(6位)
フランス(7位)


■ポット2
スペイン(8位)
ペルー(10位)
スイス(11位)
イングランド(12位)
コロンビア(13位)
メキシコ(16位)
ウルグアイ(17位)
クロアチア(18位)


■ポット3
デンマーク(19位)
アイスランド(21位)
コスタリカ(22位)
スウェーデン(25位)
チュニジア(28位)
エジプト(30位)
セネガル(32位)
イラン(34位)


■ポット4
セルビア(38位)
ナイジェリア(41位)
オーストラリア(43位)
日本(44位)
モロッコ(48位)
パナマ(49位)
韓国(62位)
サウジアラビア(63位)


 


 実際 日本が 優勝できるとは 思いませんが 一試合でも多く 試合を 観てみたいと思います。そこで 何かをつかんで 次に 繋げられれば 例え敗戦してしまっても 意義が 残せるんじゃないかと思います。強豪国の中には 1次リーグでは あまり調子が出なくて 何とか決勝Tに 駒を進めてから だんだんと 調子を上げていって 優勝するという 前例も 数多くあることですし。日本のそういう戦いができるよう がんばって欲しいと思います。(イタリアは その典型的なチームでしたが 予選敗退して 大変 残念ですが。)



 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。