ちょこっと感動日記

毎日のちょっとした熱~い感動を綴るマイブーム日記。音楽、本、マラソン、映画、サッカーのこと あれこれ!

西野ジャパン 最後のテストマッチ(vsパラグアイ)


 ロシア・ワールドカップでの決戦が まじかに迫ってきています。6/9のスイス戦では 3バック・システムをあきらめ 4バックで チームA(仮想の)で臨み 後半の最後で2点を 入れられ敗戦で 2-0。スイスは FIFA6位で いくら仮想ポーランドと言っても レベルが 違う感があり 太刀打ちできなかったという感じの敗戦でした。何もできなかったということで どこか悲壮感が漂ってしまうゲームでした。




 そして 最期のテストマッチ、パラグアイとの一戦が 6/12 オーストリアでありました。西野監督は 思い切って スイス戦とは 酒井高徳以外全員を 代えてきました。(仮想チームB)には スペインで活躍している柴崎、乾 イングランドの岡崎、ドイツの武藤、酒井、香川、と Jリーグ 鹿島からCBの植田と昌子、そして セレッソ大阪の山口蛍が 初めて キャプテンを 任されました。


 このチームB(仮想)は 代表以外でのコンビネーションが 妙にマッチして パスがつながっていきます。鹿島でのCBのコンビは クラブ・ワールドカップのレアル・マドリッド戦でも見せた実力は 証明済みで 攻守のバランスは ボランチの柴崎とも よくわかっていると思います。
 そして このゲームのキーポイントとなったセレッソ大阪の卒業生コンビ、乾と香川だったと思います。セレッソ時代一緒にやっていたので 暗雲の呼吸があります。お互いのくさびのパスを 読んで 走りこむ。これが 今の代表に 足りなかったことかもしれません。   


 岡崎も レスターでやっている通りの 絶妙な裏をとる位置取りで 地味な活躍し DFを ひきつれて おとりになるような献身的なプレーも さすがでしたし 武藤の個人技も よかったと思いました。


 乾や柴崎は 世界一厳しいと言われているスペインのラ・リーガで 試合しているだけあって 正確なロングパスを どこで入れるか が分かっている感じで 見ていて なんかゴールの匂いが してきました。柴崎は 常に 冷静に判断して 蹴っているようで 一番 すごいなあと思ったのは ゴールできなかったのですが GKの位置をよく見て バウンドさせて シュートを 打つシーンがあり 非凡さを 感じました。


結果 前半は パラグアイ、オスカル・ロメスの とんでもない 前からボールがくれば どこでも打ちます といったとんでもないボールを シュートし それがまた 決まってしまい またもや 先制させてしまいましたが 後半 香川、乾が 連動し 乾が 2ゴール、そして オウンゴールで 3点、ミドルを 決められ 3-2になったのですが 最後 香川らしいゴールで 4-2で 西野ジャパンが 初めて 勝利しました。


パラグアイは 本戦は出ずに 勝ちにいこうとする意志が あまり見れずは シュートも少なく 迫力がなかった分 仕事を かろうじて させてもらえた という気がしてきます。仲間を信じて 走りこめば チャンスが 見えてきて ゴールの匂いが してきて ワクワクさせる そんなサッカーが できるメンバーを選んで ほしいですね!初戦はやっぱり 仮想Bチームが いいと思いますが どうでしょうか。


 明日から 始まるロシア・ワールドカップ。優勝候補 スペインは 試合前日に 代表監督を 解任という知らせが 流れてきて まだまだ上がいるという思いと 何が起こるか 分からないという ワクワク感もあります。4年前は ドイツvsネイマールの欠けたブラジルの決勝で なんと6-1でブラジルが 負けてしまうということもありました。そして この前の天皇杯では GK以外のベストメンバーだったガンバ大阪が 関西学院大学に 2-1で敗戦してしまったという 大どんでん返しもありました。(ちょっと たとえが悪いかもしれませんが 何とも 情けない話です) 


西野ジャパンも マイアミの軌跡を 再び 起してくれるかもしれません。期待したいですね!できるだけ多くのゲームを 観たいなあと思っています。
  



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。